K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

販売するものがどんどん無くなる保険屋さんたちの悲鳴

公開日: : 最終更新日:2017/04/05 my life, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「保険セールス」の方に向けて少しお話したいと思います。

(実は多くの保険業界の関係者にも見て頂いているようなので。。。良いか悪いかは別としてw)

 

何回かこのブログでもお話しているように、多くの保険会社の多くの保険商品で4月から保険料率改訂(訂料)が行われ、予定利率が下がり、保険料が値上げされるのはご周知の通り(既に訂料している商品もありますが)商品の中にはそのまま据置で訂料されないものもありますが、ごくわずかですね。

*メットライフの円建終身保険がヤバい

*2016年を振り返って

 

既に一時払商品や、個人年金保険、学資保険は多くの会社で販売停止になっていますが、現在でも販売されている、特に貯蓄性のある終身保険などでは、払込終了後の返戻率は恐ろしいほど悪くなり(下がり)、これまでですら史上最低の利率で『このような時代に貯蓄性のある商品に加入してはいけません』と再三に渡り、私は相談者(クライアント)にお伝えしてきましたが、

*週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス」を読んでみた

 

それ以上に更にヒドイことになりますから、さすがの保険セールスの皆さんも

「これ、売れないよなぁ。。。」

と思うようになってきました。もちろん、この予定利率によるところでありますが、更に多くの保険会社が販売手数料(コミッション)まで悪くするのですから

 

「もはや売るなと言ってるようなものだ」

と漏らす保険セールスも大勢います(ちなみにメットライフでは相当な手数料ボーナスがカットのようですね)

 

そして追い打ちをかけるように先日のニュース

*乗合代理店へ『全保険の手数料開示要求』@金融庁

 

2014年の業法改正から、保険セールスにとってどんどん売りにくい状況を作られています。

*「保険業法」とは?

*「2016年保険業界」大きな変更点【比較推奨販売】とは?

*5月29日スタート【保険比較推奨販売】で”何か変わった?変わってない?”

 

私は”保険で稼げる時代は終わりを告げようとしている”と思っています

これまでのように終身保険や個人年金保険、学資保険の貯蓄性がなくなった今、保険セールスがこれに変わってせっせと販売しているのは

*リタイアメント・インカム(プルデンシャル・ジブラルタ)

*ユニット・リンク(アクサ)

*こだわり個人年金(マニュライフ)

 

のような、変額もしくは外貨建の商品と、定番の収入保障保険や医療保険、最近各社でチカラを入れだしている就業不能時の保険(法人向け商品除く)

*7月19日販売開始〜アフラックの「給与サポート保険」

*9月1日販売開始〜チューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」とは?

 

これらの商品の多くは、クライアントのために提案というより、販売する商品が無くなったり、手数料が減った(下がった)から提案しているに過ぎないのが、実はホンネでしょう。

 

保険セールスもグローバル化の時代へ

国内に偏った視野しか持っていないから、そうなってしまうわけで、視野を広く世界に向ければクライアントにとって良い商品はたくさんあります。保険セールス個人の勝手な思い込みや偏見、間違った理解で「海外の商品」を選択肢のひとつに入れないのはクライアントのためにもなりません。そもそもその理解ですら怪しいもので、ほとんどの保険セールスの方は海外の

 

保険エージェント

銀行マン(プライベートバンカー含む)

ファンドマネージャー

 

と、話したこともなければ、会ったことすらない。もしかしたら海外に行ったことすらない。にもかかわらず、

海外の商品=NG

と判断している。その判断基準はいったいどこから来たものなのか、、、

*日本人の76%はパスポートを持っていない

 

保険業法などで、海外の保険をNGとしている答えは簡単で、これを「どうぞ、どうぞ」と認めてしまったら誰も日本の保険会社の商品に加入しなくなるからです。多くの人がそんな思惑にマンマと乗らされているんですね。現にこの国の歪んだ法律を見ればわかることです。

*何だか妙な日本の保険に関する法律

 

それもこれも含め、最終的に

商品を選択するのは「保険セールス」ではなく「クライアント」

 

そうです、『善し悪し』を判断するのは”あなた”ではなく”お客さん”です。保険セールスに携わっている方はぜひ、クライアントの商品選択のひとつに「海外商品」を組入れてみてはいかがでしょうか?

”気づいてみたらグローバル化”なんてことにならないためにも

 

パートナー検討の方はこちらからご相談下さい。

*K2ビジネスパートナー募集

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。


直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「お金ってどうやって殖やしたらいいの?」と、お子さんに聞かれたら何て答えますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。「お金ってどうやって殖やしたらいいの?」と、お子さん

記事を読む

保険金を他人が受取る契約@愛人契約

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『保険金を他人が受取る契約@愛人契約』についてお

記事を読む

『Uber』というサービス

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、保険とはあまり関係ないお話をしようかと(後半で

記事を読む

「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預貯金のみの人」の末路

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預

記事を読む

NHKからの取材依頼「海外の生命保険を活用した相続税対策」について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日NHKから頂いた取材依頼ついて少しお話しよ

記事を読む

過去最高 平均貯蓄額1,805万円「えっ、みんなこんなに持ってるの!?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「平均貯蓄1,805万円で過去最高」のニュースに

記事を読む

「法人で加入する保険」保険を使った節税とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は法人の保険を使った節税について少しお話したいと思

記事を読む

「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問への回答

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問

記事を読む

WindowsとMac

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日はちょっと脱線してPCのお話です。 &n

記事を読む

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑