オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

7月19日販売開始〜アフラックの「給与サポート保険」

公開日: : 最終更新日:2017/04/18 保険のニュース, 保険商品

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。
今日は2016年7月19日販売開始、アフラックの「給与サポート保険」についてお話したいと思います。
 
皆さんもCMでご覧なってますね?西島秀俊さんと渡辺直美さんが夫婦役という、なかなかシュールな設定のアフラックの新しい保険です。
アフラックは商品ごとにイメージとするカラーを設定していました。
EVERなどの医療系の保険では「緑」、死亡保障系は「青」、学資保険は「ピンク」
で、この保険は「赤」を基調にしてますね(保険の内容とはまったく関係ない話ですが)
 
さて、この「給与サポート保険」
かなり気合入っているようです。
それもそのはず、同社では学資保険代わりとしてもそこそこ売れていた低解約返戻金型終身保険「Ways」の販売をこのマイナス金利の影響で販売停止を決定し、他社と比較するとまったく商品的には色あせてしまっている「ちゃんと応える医療保険EVER」、お家芸の「がん保険」に関して言えば、乗合代理店ではチューリッヒ生命の「がん保険」ばかりが販売されていている始末。

*6月22日商品改定〜アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」

手数料も高いので売れてます!チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」とは?

 

もはや、まともに他社と張り合って販売する商品がない。。。

これ、売れないと西島秀俊さんと渡辺直美さんのギャラも払えなくなっちゃいますね(そんなことはないか)
 
では、商品内容に入っていきましょう。
まずこの商品は病気やケガで働けなくなった時の収入を補填する、いわゆる「所得補償保険」です。
一般的には「所得補償保険」とか「就業不能保険」などと呼んでいますが、何故かアフラックは「給与サポート保険」というネーミングにしています。
 
最初に保障のイメージを図でご覧下さい。
 

保障図イメージ

会社員の場合

給与サポート保険
 
 
自営業の場合
給与サポート保険
 
会社員と自営業者で違っていますね。これは健康保険制度の「傷病手当金制度」が関係しています。
傷病手当金制度とは、簡単に説明すると、仕事を原因とするケガや病気で働くことができない状態が4日以上続いた場合に、給与の約2/3が手当金として、最長で1年6カ月(18ヶ月)支払われる制度です。これは自営業の方等が加入する「国民健康保険」には存在しません。
 

特長

給与サポート保険
 
 
 
つまり、この保険を 簡単に説明すると「もし、あなたがアフラックの定める『働けない状態』になったら、お給料のように給付金を支払いますよ」ってことですね。
で、このアフラックの定める『働けない状態』というのが、なかなかのハードルです。
 

この保険の言う『働けなくなった時』とは?

 
給与サポート保険
 
文字だとわかりにくいかもしれませんが、かなりの状態です。
入院しているか、または、例えば、失明して一人で外出できないとか、脳梗塞で麻痺が残ってしまい自力で動くことができないといったレベルの状態です。
で、その状態であっても保険料の支払は免除されす、引き続き払わなければいけません(エグいなぁ…)
 

 保険期間・払込期間・契約年齢

給与サポート保険
 

保険料例

給与サポート保険
 
 

競合他社

特約としてではなく、個人が単体として加入できる所得補償保険はアフラック以外に

・ライフネット生命

・日立キャピタル損保

でも取扱っていて、各社少しずつ違いがあります。

アフラック「給与サポート保険」の一番の他社との違いは、短期、長期と給付金ををそれぞれ設定できる点です。ただし、これが良いか悪かは別、というかよくわかりません。個人的にはあまりメリットを感じません。

ライフネット生命では、契約年齢によりますが、保険期間を55歳、60歳、65歳、70歳から選択できます。また、免責期間は60日と180日に設定できます。

日立キャピタルの「リビングエール長期就業不能所得補償保険」は保険期間3年、または5年で3年または5年ごとに保険料が上がっていきますが、保険料払込免除があったり、給付金支払期間が3・5・10年、60歳/65歳、免責期間が60・90・120・180・365日とかなりバリエーションがあります。

 

Point

ん〜気合入れて投入してきた割には、正直「代わり映えしない」というのが私の感想です。

いずれにしても日本人の長期入院・在宅療養による就業不能者の多くは、精神疾患による患者で、1年半より長く入院する20歳~60歳の男性患者のうち約70%は精神疾患によるものです。また、医者・看護師などから訪問診療を受けている20歳~60歳の在宅療養患者のうち、37%は精神疾患

で、これは保険の給付対象外

つまりは、この保険も保険会社がボロ儲けするんでしょうね

ですから、この保険の恩恵を受けられるのがどれほどのケースかを考えれば、あまり加入する必要はないように思いますが、もし、どうしても加入するのであれば「ライフネットと日立キャピタルの保険料と比較してみてから」ってところでしょうか。

私の見解では保険料を毎月積立ておいた方がよっぽど良いのではと感じます。

アフラックの”鼻息の荒さ”を考えると、今後提案されるセールスの方が増えてきそうですから、その時はぜひ加入前にご相談下さい。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

2017年4月〜取扱開始『海外個人年金』(無料入門書もできました)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『海外個人年金』についてお話したいと思います。こ

記事を読む

8月からファンド規制・ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」の

記事を読む

4月1日販売開始〜ジブラルタ生命「米国ドル建介護保障付終身保険(低解約返戻金型)」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は4月1日から販売開始、ジブラルタ生命の米ドル貨建

記事を読む

【医療保険初・非喫煙者割引】1月2日販売開始〜マニュライフ生命の医療保険「こだわり医療保険 with PRIDE」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は1月2日販売開始、マニュライフ生命の医療保険「こ

記事を読む

”ご乱心”日本生命「ライフプラザパートナーズ(ほけんの窓口グループ)」をお買上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。このブログもお陰さまで多くの方に読んで頂けるようになり

記事を読む

【がんを経験された方専用】3月22日販売開始〜アフラックのがん保険「生きるためのがん保険 寄り添うDays」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は3月22日販売開始、アフラックのがん保険「生きる

記事を読む

事故でも保険料がUPしない自動車保険「朝日火災(ASAP/PAP)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は自動車保険、損保のお話をしようと思います。&nb

記事を読む

3月末迄ラストスパート「駆込み保険セールス」いよいよ大詰め@加入スルベカラズ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「駆込みセールス保険」についてお話したいと思いま

記事を読む

アクサ生命「ユニット・リンク」と、あんしん生命「マーケットリンク」を比較する

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」と2017年8月2

記事を読む

外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑