ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

メットライフの円建終身保険がヤバい

公開日: : 最終更新日:2017/02/03 保険のニュース

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はメットライフ生命の終身保険について少しお話しようと思います。

 

メットライフ生命の扱う円建の終身保険は3種類

・低解約返戻金型終身保険

・引受緩和型終身保険

・積立利率変動型終身保険

 

このうち

料率改訂 1.5%→0.6%(2月2日or3月1日以降)

現在の予定利率を新たな予定利率に変更することを「料率改訂」または「訂料」と言い、

・低解約返戻金型終身保険

・引受緩和型終身保険

 

の2商品は、2月2 日or3月1日以降の契約を現行の「1.5%」から「0.6%」に変わります。預貯金で言うところの”利率が下がった”のと同じイメージです。これにより、払込終了後の返戻率が恐ろしいほど悪くなります。

 

ex)低解約返戻金型終身保険 男性 保険金額500万円 60歳払込終了 月払 三大疾病保険料免除特約なし 

契約年齢20歳 保険料  6,520円 60歳時返戻率121,7% → 保険料11,030円 60歳時返戻率86.3%

契約年齢30歳 保険料  9,340円 60歳時返戻率113.3% → 保険料14,830円 60歳時返戻率85.6%

契約年齢40歳 保険料15,105円 60歳時返戻率105.0% → 保険料22,245円 60歳時返戻率85.6%

契約年齢50歳 保険料32,275円 60歳時返戻率  98.3% → 保険料43,990円 60歳時返戻率86.5%

 

スゴイですねw

保険料は1.5倍〜2倍に跳ね上がり、返戻率に至ってはもはや完全に貯蓄性を失っています。

 

販売停止(2月1日以降)

・積立利率変動型終身保険

およそ20年ほど前に、メットライフの前身であるアリコジャパンが業界初の利率変動型終身保険を販売して以来、各社からも同じような商品が追随し販売されてきましたが、ついに販売を終了することになりました。

*「積立利率変動型保険・市場金利連動型保険」とは?

 

販売手数料(コミッション)

・低解約返戻金型終身保険

・引受緩和型終身保険

 

の2商品に関しては訂料後も販売されるわけですが、契約者にとっても非常に条件が悪くなる上に、販売する保険セールスの側も恐ろしく低い販売手数料(コミッション)となります。

同商品の販売手数料は

・保険金額

・契約年齢

・払込期間

 

の3つによって手数料率が区分され、更に同社の医療保険などをセットで販売すると手数料率が上乗せれるような仕組みになっていますが、終身保険のみを販売した場合の販売手数料は、大型と呼ばれるような代理店でも(多く販売する代理店ほど、同じものを販売しても手数料率が高くなります)初年度手数料はANP*の1%〜20%程度となります。これ、もはや「売ってくれるな」というレベルです。

*ANP

年換算保険料(Annualized New business Premium)のことで、1回あたりの保険料に年間の支払回数(月払いなら12回)を乗じたもの。上記の月P3万円はANP36万円となるわけです。(年払36万円もANP36万円です)

*完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

 

Point

そもそも、現在の予定利率ですら史上最低の利率でしたので、このような時代に終身保険に加入すべきではないのですが、更なる引下げ(値上げ)となります。これはメットライフに限らず、各社で4月以降は料率改訂が行われますので、もはやよほどの理由がない限り円建終身保険に入る人はいないかと思います。保険が貯蓄の役割を合わせ持っていたのは少なくとも10年以上前の時代です。今は「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」で分けて考えたほうがお金を効率的に殖やすことができます。

わからないことはお気軽にご相談下さい。

*http://海外生命保険相談.com/domestic/

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

月々500円の先進医療保険!9月20日販売開始〜損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「Linkx coins(リンククロスコインズ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年9月20日販売開始〜損保ジャパン日本興

記事を読む

遂にキター!!大手5行が保険販売手数料開示へ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

「チャブ」って知ってますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「チャブ」について少しお話しようかと思います。&

記事を読む

1月から地震保険料値上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は生命保険ではなく損害保険のお話を。「地震保険料値

記事を読む

2017年4月〜取扱開始『海外個人年金』(無料入門書もできました)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『海外個人年金』についてお話したいと思います。こ

記事を読む

”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国立大学授業料値上げ」についてお話をしたいと

記事を読む

2016年を振り返って

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年最後のブログとなりますので、この一年を

記事を読む

9月1日販売開始〜チューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年9月1日販売開始、チューリッヒ生命の就

記事を読む

2017年10月販売再開〜ソニー生命 個人年金保険

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2017年10月から販売再開されているソニー生命

記事を読む

確定拠出年金法改正「主婦と公務員も個人型確定拠出年金(401K)に加入できます」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「個人型確定拠出年金(401K)」についてお話

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑