オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

こりゃヒドイ「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」

公開日: : 最終更新日:2016/11/03 保険商品, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」についてにお話をしたいと思います。

*7月1日発売・マニュライフ生命の外貨建「こだわり個人年金保険」

 

この保険の詳細は以前のブログを参考にして頂くとして、簡単に説明すると「こだわり個人年金」は外貨建の個人年金保険で、選べる通貨は「米ドル」か「豪ドル」の2種類です。保険料は毎月一定金額の円で支払い、最低保険料は1万円からで、外貨建ですが「生命保険料控除」の対象になっています(*だからと言って、この控除を使うために加入してはいけません、控除でしたら「確定拠出年金」にしましょう)

*”生命保険料控除があるから保険に加入”はNG〜「生命保険料控除」とは?

 

また、この年金保険の特長でもある積立利率は毎月見直され、市場金利の変動に対応しますが、米ドル/豪ドルともに1.5%の積立利率が最低保証され、それを下回ることはありません。「インフレにも対応します」というセールストークです。

一方、円建の個人年金保険は史上最低の利回り(正確には予定利率と言います)なので、20〜30年掛けて積立ても、年金受取返戻率(年金受取総額÷総支払保険料)は良くても120%程度です。わずか20%くらいしか殖えないわけです。で、この見栄えがあまりにも悪い、または各社で年金商品が販売停止になってきたりしているので、このような「外貨建」の商品をススメ出しています。

*「円建保険」の見栄えがあまりにも悪いので「外貨建」をススメる”FP(保険セールス)”

 

で、「外貨建」であることについては「円建」よりは利率も良いですし「通貨分散」の意味においてもとても良いわけですが、この商品。。。

ヒドイ商品です

 

まず、こちらの数字をご覧下さい。

1年目:37%

2年目:65%

3年目:75%

4年目:80%

17年目:100%

これ何だかわかりますか?実はこれ

 

『積立比率』

というものです。この積立比率は30代半ば男性のシミュレーションですが、毎月支払う保険料、すなわち

毎月の積立金額の何%が実際に積立にまわされているかの比率です。

仮に、毎月10,000円を積立たとすると、1年目は3,700円(37%)しか積立にまわっていません。2年目で6,500円(65%)、3年目が7,500円(75%)。

支払った10,000円が100%積立にまわるのは、なんと17年後。。。

 

こんだけ、差っ引いてるから、販売する側の手数料(コミッション)も高いわけですよ。

で、こんな商品を銀行が”ガンガン”売って、手数料”ガッポガッポ”なので金融庁もご立腹です。

*遂にキター!!大手5行が保険販売手数料開示へ

 

まぁ他にも、パンフレットをよくみると

基準積立利率はニュライフが−1.0%から+1.5%も増減させて良い

ことになっていたりして

『場合によっては−1.0%も良いってこと?』

などと、突っ込みたくなるところは他にもあるのですが、それより何よりこの積立比率は

ヒドイ、、、っていうか酷すぎる

これ、ちゃんと契約前に説明(ディスクローズ)しているのだろうか。。。

 

こうなるともう円建だろうがドル建だろうが、日本の保険会社の提供する商品で老後資金を作るのは考えないほうが良いでしょうね。

もし、「国内の商品」という方は迷わず「確定拠出年金(401K)」

ただし、殖やすことは期待せず「定期預金」で積立るぐらいで良いでしょう。殖えもしませんが、減りもしません。「税効果」だけで十分です。

*日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

*掛金全額所得控除「確定拠出年金(401K)」の税効果について

 

もし「殖やしたい」のであれば「海外積立年金」がオススメです。

「海外積立年金」では

・積立金額によって1〜5%のボーナス金利が必ずもらえる

・世界中にある優良な投資先が200以上ある

・積立期間 – 10年、15年、20年、25年から選択可能

・共同名義人が設定可能 

・積立開始2年以上経過後は一部引出や支払の一時停止が可能

・通貨の分散

 *それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

・日本以外の国での資産の保全

 *「預金封鎖」と「デノミネーション」

「殖やすこと」だけでなく多くのアドバンテージが「海外積立年金」にはあります。

 

Point

恐らく、この「こだわり個人年金保険」をちゃんと説明するFP(と言う名の保険セールス)はいないでしょうね。「確定拠出年金(401K)」も、あまりススメるFPもいないでしょう。

何故か?

「保険屋だから」

保険のセールスこそが生業だからです。

提案されている保険や、加入している保険に「ん??」って思ったらぜひご相談下さい。もちろん無料ですからお気軽にどうぞ。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

10月2日販売開始〜ジブラルタ生命「米国ドル建終身保険(低解約返戻金型 )」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はジブラルタ生命から本日、10月2日に販売開始され

記事を読む

10月1日販売開始〜フコク生命 一時払終身保険(告知不要型)「スマートAge」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月1日から販売開始、フコク生命 告知不要型

記事を読む

「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「死ぬ確率」「老後を迎える確率」「入院する確率

記事を読む

日本生命の「個人年金保険」〜30歳女性ランキング2位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2016年2月現在で、30歳女性が最も返戻率(年金受取

記事を読む

損保でも貯蓄性商品は販売停止へ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は損害保険関連のお話です。 以前、ブログ

記事を読む

オリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief W(リリーフ・ダブル)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はオリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief

記事を読む

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

最近「保険の見直し」をしたばかりだから、しばらくは見直さなくても良い?【答え NO】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険の見直し」に関するお話、最近保険の見直しを

記事を読む

かんぽ生命の養老保険「新フリープラン」とは?(* 入っちゃ・・・ですね)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はかんぽ生命の養老保険「新フリープラン」について

記事を読む

10月2日リニューアル〜オリックス生命 医療保険「新CURE」〜30歳女性ランキング3位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月2日リニューアル「オリックス生命 医療保険

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑