オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

”生命保険料控除があるから保険に加入”はNG〜「生命保険料控除」とは?

公開日: : 最終更新日:2016/07/26 保険用語・基礎, ライフプランニング, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は、「生命保険料控除」についてお話をしたいと思います。

ご相談でも「生命保険料控除の枠を使ってないので保険に加入しようか。。。」という内容をよく見掛けますが

”生命保険料控除があるから保険に加入”はNGですよ

 

税金の負担が軽くなる「生命保険料控除」とは?

「生命保険料控除」とは、その年に払い込んだ生命保険料のうち一定の金額が、契約者(保険料負担者)の所得から差し引かれるため、その分、所得が低くなり所得税や住民税の負担が軽減されるものです。

( 所得 - 各種所得控除 - 生命保険料控除 ) × 所得税率 - 控除額 = 所得税額

  • 収入(給与の収入金額、年収)-経費(給与所得控除)=所得(給与所得)
  • 所得(給与所得)-各種所得控除=課税所得
  • 課税所得×税率ー税額控除=所得税額(納税額)

《給与所得控除》

給与所得控除

《所得税率》

所得税率

 

平成24年「生命保険料控除制度」が改正されました。

改正前の制度(以下、旧制度)はそのまま継続され、平成24年1月1日以後に契約した生命保険等は新しい制度(以下、新制度)の対象となります。
なお、旧制度の対象になっていた生命保険契約でも、平成24年以後に更新、転換、特約の中途付加等をした場合は、以後の保険料(契約全体の保険料)が新制度の対象になります。

生命保険料控除

大きな違いは、医療保険の扱いです。旧制度では一般生命保険料控除の対象でしたが、新制度では「介護医療保険料控除」が新設され、介護医療保険料控除の対象となります。旧制度では一般生命保険と個人年金それぞれで所得税は5万円・合計10万円、住民税は 3.5万円・合計7万円だったものが、

《旧制度》

生命保険料控除

 

《新制度》

生命保険料控除

 

◆一般生命保険料

一般的な生命保険契約のことを指します。民間の生命保険会社との生命保険契約、農業協同組合などの生命共済、などがそれにあたります。
 
◆介護医療保険料
新制度によって加わったものです。医療費に対して保険金が支払われる契約、疫病や身体の障害などに対して保険金が支払われる簡易保険契約が対象となります。ただし、傷害保険や5年未満の契約、貯蓄系の契約は控除の対象となりません。

◆個人年金保険料
個人年金保険が対象となります。年金の受取人が、保険料を払い込む人もしくは配偶者となっている必要があります。その他にもいくつか条件があります。(詳しくは国税庁HP)

この3つの控除区分で、所得税は最大4万円・合計12万円、住民税は2.8万円・合計7万円が控除対象となり、所得税の最高控除額が2万円増加となりました。

 

《控除限度額》

生命保険料控除

 

さて、ここからです。

この「生命保険料控除」の税制面でのメリットを活用すること自体は悪いものではありませんが、特に個人年金保険などの貯蓄を目的とするような保険では「いかに殖やすか」ということが本来の加入目的ですね?生命保険の税制優遇を上手に利用することはとても大切なことですが、本来の「殖やすこと」が出来なければ元も子もないことになりかねません。そのためには「どれだけ殖やしていけるのか?」の方が、より重要です。

 

そもそも。。。

◯例えば月払2万円の個人年金保険にだけ加入した場合

年間の保険料は24万円になりますから、新制度での控除額は、限度額である所得税40,000円、住民税28,000円の控除となります。

年収(税率)にもよりますが、一般的なサラリーマンの収入の方であれば、その効果はわずか6,800円です(40,000✕10%+28,000✕10%)

◯例えば生命保険、医療保険、個人年金保険すべて、それぞれ年間保険料が8万円を超えていた場合

所得税は合計12万円、住民税は合計7万円が控除対象となり、一般的なサラリーマンの収入の方であれば、その効果は19,000円です(120,000✕10%+70,000✕10%)

この程度の税制メリットにばかりこだわり過ぎて、本来の「お金を殖やす」という目的から外れてしまうのは本末転倒です。

 

もし、このような税制メリットを受けたい場合は「個人型確定拠出年金(401K)」が最もオススメです。「生命保険料控除」とは違い、「個人型確定拠出年金(401K)」では支払った保険料の全額が所得控除の対象となります。

*日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

*確定拠出年金法改正「主婦と公務員も個人型確定拠出年金(401K)に加入できます」

 

Point

大事なのは「どの商品だと最も殖やしていけるのか?」ですから、超低金利の日本の商品ではなく海外にまで選択肢を広げて検討してみましょう。

保険料の控除や税制面でのメリットも大事ですが、皆さんの目的は「お金を殖やすこと」だということをお忘れなく。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

生前贈与〜その1「必要性と非課税枠」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日から数回に渡り『生前贈与』についてお話したいと思い

記事を読む

クイズ「ドルコスト平均法」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ドルコスト平均法」に関するお話。海外積立年金

記事を読む

積立るなら1日でも早いほうが良い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「積立るなら1日でも早いほうが良い」その理由に

記事を読む

「乗合代理店」「専属代理店」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「乗合代理店」「専属代理店」についてお話

記事を読む

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

社会人1年目の初任給の使いみち『貯蓄 56.2%』年間平均額43万円

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、ソニー生命の行っている『社会人1年目と2年目の

記事を読む

シリーズ資産形成 【第3回】投資について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」3回目の今日は「投資について」です

記事を読む

「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預貯金のみの人」の末路

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「預金金利しか受取っていない人」「信じれるのは預

記事を読む

「がん保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「がん保険」についてお話したいと思います

記事を読む

「保険料払込免除・P免」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「保険料払込免除・P免」について簡単に

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑