オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

遂にキター!!大手5行が保険販売手数料開示へ

公開日: : 最終更新日:2017/05/17 保険のニュース

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話しようかと思います。

 

実は、これに関しては数ヶ月前から各方面での動きがありました。

事の発端は、マイナス金利導入により銀行は貸出金利が著しく低下、利ザヤ収入の確保が難しくなっているため、投信や保険商品の販売による手数料収入の獲得に躍起になっていました。簡単に言うと「銀行で保険をガンガン売ってた」わけです。

 

で2016年5月、保険商品を販売する銀行に対して保険会社が支払う手数料の開示問題が、国会審議に波及。

銀行が保険会社から得ている”割高な手数料”を問題視

する声があがり、麻生金融大臣は銀行へ手数料開示に向けた働きかけを続ける考えを示しました。特に問題視されたのが変額年金や外貨建の「特定保険契約」と呼ばれる商品の販売手数料。これらの商品は元本割れリスクのある保険で、”窓販”と呼ばれる窓口で保険販売してくれる銀行や証券会社に支払う保険会社からの手数料は、保険会社や各契約条件にもよりますが、概ね

円建:1~6%

外貨建:4~9%

これら手数料は契約者が支払う保険金が原資になっているので

「1,000万円の保険を買ったと思ったら、翌日には950万円分しかないのと同じ」

なわけです。

金融庁はさらに、銀行窓口で販売される保険商品の8割が特定保険契約ということも明らかにし、「銀行側は手数料が稼げるから販売していると思わざるを得ない」と、銀行界に手数料開示を求めていました。

 

銀行で、このような保険をススメられた方もいらっしゃるかと思いますが、それはあなたの資産運用を本気で考えてススメてくれたのではなく、単に

「手数料がガッポリ入るから」

です、残念ながら。

しかしまぁ今に始まったことではないですけど、銀行はこの件以外にも節操なさ過ぎですからね

*自分達の都合で外貨預金をススメる日本の銀行の”えげつなさ”

 

そして昨日、遂にこんなニュースが入ってきました。以下そのまま添付します。

 

個人の資産運用の手段として銀行窓口などで販売される貯蓄性の高い保険について、大手5銀行が10月に、保険会社から受け取る販売手数料を開示することがわかった。

一部の銀行は週明けにも開示方針を明らかにする見通しだ。販売手数料は一般的に非公表で、金融庁が不透明で割高だとして開示を促していた。

開示するのは三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、三井住友信託銀行の5行。

金融庁によると、外貨建て保険や運用の結果次第で受け取れる保険金の額が変わる変額保険などは、販売手数料が開示されている投資信託に比べ、手数料が割高だ。保険会社が運用に回すお金が減り、契約者に不利になりかねない。

日本銀行のマイナス金利政策で、銀行は貸し出しを増やして利ざやを稼ぐビジネスが難しくなっている。

 

今後は上記銀行で、1,000万円のこれら保険商品に預けると

『保険料1,000万円、当行は70万円の手数料を頂きま〜す、ありがとうございま〜〜す』

 

銀行だけではなく保険セールスも顧客への手数料開示が義務となる日は近いでしょう。

*保険ショップ規制案発表「手数料の報告義務化」

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

保険にも関係あり!?「9/16 格付会社S&Pが日本国債を”A+”へ格下げ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「日本国債格下げ」についてお話したいと思います。

記事を読む

10月2日リニューアル〜オリックス生命 低解約返戻金型終身保険「RISE」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月2日リニューアル「オリックス生命 低解約返

記事を読む

3月22日販売開始〜アフラックの緩和型医療保険「ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は3月22日販売開始、アフラックの緩和型医療保険「

記事を読む

「年金受給資格」 25年から10年に短縮 改正法成立

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「年金受給資格短縮」のニュースについてお話しよう

記事を読む

”ご乱心”日本生命「ライフプラザパートナーズ(ほけんの窓口グループ)」をお買上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。このブログもお陰さまで多くの方に読んで頂けるようになり

記事を読む

「引受緩和型医療保険」の最新情報(2015年2月)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は引受緩和型医療保険の情報を提供させて頂きます。&

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障支払事由改定」4月2日〜@イイね

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「特定疾病

記事を読む

3月末迄ラストスパート「駆込み保険セールス」いよいよ大詰め@加入スルベカラズ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「駆込みセールス保険」についてお話したいと思いま

記事を読む

2017年12月2日販売開始〜NN生命「エマージェンシー プラス(無解約返戻金型災害・重度疾病定期保険)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2017年12月2日から販売開始、NN生命「エマ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑