ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

9月1日販売開始〜チューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」とは?

公開日: : 最終更新日:2018/01/30 保険のニュース, 保険商品(就業不能)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。
今日は2016年9月1日販売開始、チューリッヒ生命の就業不能保険「くらすプラス」についてお話したいと思います。
 

「チューリッヒ生命」と聞くとあまりご存知な方も、もしかしたらいらっしゃるかもしれませんが、生命保険分野の商品をいくつか持っています。

死亡保障

・定期保険プレミアム

*チューリッヒ生命の無解約返戻金型定期保険「定期保険プレミアム」〜30歳男性ランキング2位

・収入保障保険プレミアム

*チューリッヒ生命の「収入保障保険プレミアム」〜30歳男性ランキング1位

 

医療系の保障

・終身医療保険プレミアムDX

*チューリッヒ生命の終身医療保険「終身医療保険プレミアムDX」とは?

・終身ガン治療保険プレミアム

・3大疾病保険プレミアム

*手数料も高いので売れてます!チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」とは?

・ガン保険PLUS(10年更新タイプ)

・引受緩和型保険

 

商品的には他の保険会社と比べると、たったのこれだけしかありません。これしかないのですが、商品的には保険料と保障のバランスなどをみると、すべての商品がなかなか良い内容になっています。そして、何より代理店が一生懸命売ってます。その理由は

チューリッヒ生命の商品は代理店手数料がメチャメチャ高い

商品の内容は良くなくて、単に代理店の手数料が高いから販売されているのであれば、それは契約者にとっては「非常によろしくない」話ですが、チューリッヒ生命の商品は商品内容も伴っているので、”売る側”にとっても”買う側”にとっても”おいしい”商品です。最近ではこのようなケースは珍しいですね。

 

そして今日は同社から販売される就業不能保険「くらすプラス」についてです。

この保険は病気やケガで働けなくなった時の収入を補填する、いわゆる「所得補償保険」です。保険会社によって「所得補償保険」とか「就業不能保険」などと呼んでいて、最近各社で非常にチカラを入れています。

なぜか?

死亡保障や医療保障などの保険に比べるとまだ商品数も少なく、必然的に競争力も少なく、加入者数も少ないマーケットだからです。

最近では7月にアフラックから「給与サポート保険」が新発売されています。 

*7月19日販売開始〜アフラックの「給与サポート保険」

 
では、商品内容に入っていきましょう。
最初に、この商品の就業不能年金が支払われる場合についてです。
 

就業不能年金支払事由

1)  ガン(悪性新生物)、急性心筋梗塞、脳卒中、肝硬変、慢性腎不全により、つぎのいずれかの状態にあり、その状態が60日を超えて継続したとき。
 a.   治療を目的とした入院をしているとき。
 b.   医師の指示を受けて自宅等で療養をしており、職種を問わず、全ての業務に従事できない状態であるとき。

2) 病気やケガにより所定の高度障害状態になったとき。

3) ケガにより所定の身体障害状態になったとき。

4)  所定のストレス性疾病により入院をし、その入院が60日を超えたとき。くらすプラス

くらすプラス

支払事由該当後は保険料の支払は免除されす、主契約の保険料を引き続き払わなければいけません。

 

就業不能年金金額

月額10万円(*10万円と決まっていて、それ以上多くも少なくも選択できません)

 

就業不能年金支払期間

2年(45歳以上のみ)/3年/5年/10年

年金金額は月額10万円ですから、年金受取総額は240万円/360万円/600万円/1,200万円になるわけです。

 

就業不能年金受取方法

就業不能年金は、毎月年金で受取る方法と、最初に一括受取る方法、また一部を一括で受取る方法が選択可能です。また、万が一、被保険者が亡くなった場合には、法定相続人が年金の未支払分の現価相当額を一時金で受取ます。

 

長期入院保障に対応

60日を超える長期入院について、入院61日目から180日目まで保障します(1入院120日限度、通算1,095日限度)。入院保障は一生涯続きます。

この入院保障を外して契約することは出来ません。

くらすプラス 

 

契約概要

くらすプラス
 

保険料例

くらすプラス
 
 

競合他社

特約としてではなく、個人が単体として加入できる所得補償保険は

・アフラック「給与サポート保険」

・ライフネット生命

・日立キャピタル損保

で取扱っていて、各社少しずつ違いがあります。

アフラック「給与サポート保険」の他社との大きな違いは、短期、長期と給付金ををそれぞれ設定できる点。

ライフネット生命では、契約年齢によりますが、保険期間を55歳、60歳、65歳、70歳から選択できます。また、免責期間は60日と180日に設定できます。

日立キャピタルの「リビングエール長期就業不能所得補償保険」は保険期間3年、または5年で3年または5年ごとに保険料が上がっていきますが、保険料払込免除があったり、給付金支払期間が3・5・10年、60歳/65歳、免責期間が60・90・120・180・365日とかなりバリエーションがあります。

 

実はこの保険。。。

入院保障を外すことが出来ないので、パンフレットをよ〜く見ると主契約は「無解約返戻金型終身医療保険」となっています。
実は、就業不能保険とは名ばかりで、同社の「終身医療保険プレミアムDX」をベースに、元々設定されていた「ストレス性疾病保障付就業不能特約」を付けて設計したまでの保険です。設計内容はこうです。
 
主契約:終身医療保険プレミアムDX
・1入院支払限度日数:120日型
・入院給付日額:5,000円
・保険料払込期間:55歳/60歳/65歳/70歳
 
特約:ストレス性疾病保障付就業不能特約
・月額:10万円
・年金支払期間:2年(45歳以上のみ)/3年/5年/10年
・保険料払込期間:55歳/60歳/65歳/70歳(主契約と同じ)
・入院給付金免責日数60日
 
の、設計をしたものを就業不能保険「くらすプラス」と呼んでいるに過ぎなかったんです。
ただし、唯一アレンジが効かされたのは「手術特約」が外されていることです。

 

Point

日本人の長期入院・在宅療養による就業不能者の多くは、精神疾患による患者で、1年半より長く入院する20歳~60歳の男性患者のうち約70%は精神疾患によるものです。この保険はこれが給付対象となっていますから、他の3社にはないチューリッヒ生命のみの強みです。

でもなんだろう。。。
別に騙されたわけではないんのですが、この

”騙された感”(笑)

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

東京海上日動あんしん生命の収入保障保険「家計保障定期保険(就業不能保証プラン)」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は東京海上日動あんしん生命の収入保障保険「家計保

記事を読む

存続の岐路に立つ「インターネット生保」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インターネット生保の現状」をお話したいと思い

記事を読む

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「特定疾病保障支払事由改定」4月2日〜@イイね

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、損保ジャパン日本興亜ひまわり生命の「特定疾病

記事を読む

損保でも貯蓄性商品は販売停止へ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は損害保険関連のお話です。 以前、ブログ

記事を読む

アフラックの終身保険「WAYS(ウェイズ)」の契約は激減する。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアフラックの終身保険「WAYS(ウェイズ)」につ

記事を読む

マニュライフ生命の「医療保険」と「ガン保険」が来年1月から新しくなります

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はマニュライフ生命の「医療保険」と「ガン保険」に関

記事を読む

「下流老人」の次は「40代下流」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「40代下流」について少しお話したいと思います。

記事を読む

どうなる?AIG富士生命「AIG 生命保険事業日本撤退」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「AIG 生命保険事業日本撤退」のニュースについ

記事を読む

ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」1月から値上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はソニー生命「バリアブルライフ」値上げのお話した

記事を読む

”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国立大学授業料値上げ」についてお話をしたいと

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑