ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「2016年保険業界」大きな変更点【比較推奨販売】とは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/08 保険のニュース

皆さん明けましておめでとうございます。
 
「保険アドバイザー和田」です。今年もよろしくお願いします。

さて、2016年最初の話題は…今年から施行される「比較推奨販売」について少しお話したいと思います。

これから保険を検討される皆さんには大きく関係してきますよ。

 

話は2014年5月に遡ります。

金融庁は「保険業法等の一部を改正する法律」により、2016年5月末に改正保険業法を実施するとの販売規制案を発表しました。主なポイントは2つ

1)保険募集の際の情報提供義務・意向把握義務などの保険募集に係る基本的ルールの創設
2)代理店などの保険募集人に対する体制整備義務の導入

これによりまず最初に、複数の保険商品を扱う保険ショップ(乗合代理店)に対し、「雇用の適正化」が求められ、乗合代理店で保険を販売する”委託託型募集人”と呼ばれる保険セールス”保険険業法に違反する存在”と位置づけ、委託型募集人と呼ばれる保険セールスは2015年年3月30日までに

代理店に「雇用(派遣・出向を含む)」される

自身で代理店として独立する

保険業界から身を引く

この3つの選択肢に迫られ、乗合代理店は大きなターニングポイントを迎えました。昨日もお話しましたが、これにより相当数の保険セールスや代理店が淘汰されることになりました。

*”ご乱心”日本生命「ライフプラザパートナーズ(ほけんの窓口グループ)」をお買上げ

 

そして、今年の5月29日からは複数の保険会社を取扱う乗合代理店では、比較可能な商品を明示した上で、推奨理由を説明することが義務化されます。

例えば「年金保険に加入したい」というクライアントに対し、提供可能な保険商品が複数ある場合であれば、恐らく最低でも3社程度の商品を提示し

 当該保険商品の概要や内容、比較説明

それらの中からなぜ、その商品を提示・推奨したのか?特性や保険料等の客観的な数字や理由等の説明

しなければいけません。とは言っても、クライアントは言ってみれば”素人”なわけですから、”形式的”には推奨を装いながら”実質的”には代理店の手数料が高い商品に誘導する悪い輩もいるんだろうなぁ、と当然のことながらナナメから見ちゃいますよね?

で、そんなことは金融庁も一応お見通しで、インチキしていればどこかの保険会社にばかり偏った手数料だったりするので、それをチェックするために「手数料の報告を義務化」していたり、定期的に且つ必要に応じて実施状況を確認・検証するようで、そのための体制整備も代理店ではしなければなりません。

*保険ショップ規制案発表「手数料の報告義務化」

 

今年の5月からはこのような法改正のもと、皆さんは保険ショップや代理店から複数の保険会社を比較し検討する場合は”ある一定の”提案を受けることになります。

もちろん、日本の生命保険会社の商品にも良い商品がたくさんありますが、いずれにしても日本の保険会社の似たりよったりの”どんぐりの背比べ”であることに違いはないですね。

特に、終身保険や個人年金保険、学資保険といった貯蓄性の商品は現在の史上最低の固定利率(正確には予定利率と言います)で、長期で加入することは避けるべきです。15年~30年近くの期間を超低金利の利率で縛られた上に、途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れです。ましてや日本は現在、円安&インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしようとしています。仮にインフレ率を2%だとすると、20年後には最低でも30%くらい増えていなければ実質、元本割れです。

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

 

賢い読者の皆さんはぜひ海外の商品も含めた比較検討をするようにして下さい。

もし、わからないことがあればいつでもお気軽にご相談下さい。

今年も引き続きよろしくお願いします。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

アクサ生命「ユニット・リンク」事業費引下げから見える”ホンネ”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」の事業費引下げにつ

記事を読む

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

5月2日販売開始〜オリックス生命の三大疾病保険「特定疾病保障保険With(ウィズ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は5月2日販売開始、オリックス生命の「特定疾病保障

記事を読む

タンス預金78兆円、、、だそうです

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は19日のニュースで目に留まった「タンス預金78兆

記事を読む

10月2日販売開始〜ジブラルタ生命「米国ドル建終身保険(低解約返戻金型 )」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はジブラルタ生命から本日、10月2日に販売開始され

記事を読む

個人年金保険ランキング1位〜ソニー生命の「個人年金保険」5月2日販売停止

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はソニー生命の「5年ごと利差配当付個人年金保険」販

記事を読む

2017年4月〜取扱開始『海外個人年金』(無料入門書もできました)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『海外個人年金』についてお話したいと思います。こ

記事を読む

保険にも関係あり!?「9/16 格付会社S&Pが日本国債を”A+”へ格下げ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「日本国債格下げ」についてお話したいと思います。

記事を読む

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしている。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「某外資系保険会社、日本撤退か?」の話題です。 

記事を読む

外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑