ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

日本人の76%はパスポートを持っていない

公開日: : 最終更新日:2017/03/10 my life, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日は日本人のパスポート保有率ついてお話をしたいと思います。

 

比較をしたらキリがありませんが、日本いう国は世界の国々と比べこんなにも平和で安全で、昨今はいろいろと問題がるとは言え平均的にみてもそこそこ豊かな暮らしができている国民ではないでしょうか。特に安全面においては2015年に英誌エコノミストがまとめた「世界50都市の安全度ランキング」で、東京が世界一安全な都市に選ばれており、大阪は3位となりました。

それ故の答えなのかもしれませんが、実は日本人は海外に出向きません。外務省の調べでは日本人のパスポート保有率は概ね24%程度だそうです。

しかし、それにしてもです。

たったの24%

皆さんもお聞きになったことがあるかもしれませんが、日本のパスポートは最強のパスポートと言われています。170の国々へビザなしで入国でき、これは世界第4位とのこと。しかし、その最強のパスポートを日本人の約8割近い人が持っていないんですね。これは驚きです。

日本ではそろそろゴールデンウィークとなり、毎年のことながらTVなどニュースで”海外旅行”に行く人達、返ってくる人達の映像を目にすることになりますが、あの人達は日本人のたった24%の中の人々で、実際にパスポートを利用し出国しているのは更に少なく、日本人の15%前後。

なぜ、多くの日本人が海外に行かないのかについてはいろいろと理由はあるようですが、ここではそれはさておき、パスポートの保有率がこれだけ低いということは必然的に海外に行ったことがない、または行かない人がほとんどなわけですね、当たり前ですけど。

つまり、

鎖国に近い日本人の常識が世界の非常識であることに気付きようがありません。

 

そこで、皆さん気付いて下さい

これだけ外からの情報を手にしていない、いわば”井の中の蛙”状態の日本人というのは非常に「情報コントロール」がしやすい、されやすい状況にあります。そして皆さんがもし、そんな海外に行ったことのない人に”海外の保険”のことや、銀行のこと、最近パナマ文書で騒がせているオフショアのことを聞いたり、相談したところで”的を得た答え”など返ってくるわけがなく、たいていの場合”否定的”なことを言われるのがオチです。多くの情報コントロールされた海外に縁のない8割近い人の答えだからです。

【K2 Investment眞原郁哉の海外投資ブログ】「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは? 

 

そろそろ気付きましょう

決して日本が全部ダメで、海外がすべて正しくて良い、という陳腐なレベルの話ではなく、先日のブログでも書いたように日本には日本人として誇れる点ももちろんたくさんありますが、それも含め、これからは正しく中立な目で物を判断する必要があると思いませんか?

*ハーバード大学で20年以上教えられているトヨタの授業『成功より先に失敗を報告せよ』

 

もし、「海外の保険」という壁が皆さんの中にあるのであれば、「いったいいつの時代の話をしてるんですか?」今時そんな壁は”ぶっ飛ばして”しまいましょう。この数年のインターネットの普及やLCCの台頭により、数年前と比べても非常に安い金額で手軽に海外に行くことが出来ます。私も度々利用するLCC香港エクスプレスでは、もちろんシーズンなどにもよりますが、往復で約20,000円です。

*話題のLCC「香港エクスプレス」乗ってみました

 

まだまだ日本は裕福な国のひとつです。一生がんばって働いても海外に行けない国の人々もたくさんいます。そんな貧しい国々の人からすれば、ほんの少し何かをガマンさえすれば私達日本人は「旅費」くらいは何とかできる国民です。

そして何より私達日本人は「最強のパスポート」が手に入れられるんです。

passport_japan_

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしている。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「某外資系保険会社、日本撤退か?」の話題です。 

記事を読む

『今は働いてるから払えるけど、これから何十年も払えるかどうかわからないよね〜』老後資金について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後資金の準備のタイミング」についてお話したい

記事を読む

保険セールという生き物の「ホンネ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険セールのホンネ」についてお話したいと思いま

記事を読む

「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問への回答

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問

記事を読む

あなたが「変額商品」を嫌いなのはなぜ?あなたの周りに”儲かった人”がいないから?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「変額商品」について少しお話したいと思います。&

記事を読む

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?①【月払2万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。先日、「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい

記事を読む

ライフネット生命は「安いのか?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。最近は何でもインターネットの時代。確かにこのブログもイ

記事を読む

スイス・プライベートバンクへ「実録・海外送金」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「実録・海外送金」ということで、スイス・プライベ

記事を読む

「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険(メディカルキットR)」どっちが得か?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険

記事を読む

ハーバード大学で20年以上教えられているトヨタの授業『成功より先に失敗を報告せよ』

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はちょっと横道、保険とは関係ありません。ハーバー

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑