K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:今年結婚しました。生命保険に入るのが普通でしょうか?(20代夫婦)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】
私は今まで生命保険に入ってませんでした。

しかし、今年結婚しました。
それで生命保険について考え始めました。

現在 私27歳 嫁25歳なのですが、やっぱり結婚をしてる事だし、生命保険に入るのが普通でしょうか?

独身の時の年収が460万で、生命保険は会社と提携してる保険会社の団体割引で月6800円くらいですが、これを払っていくのは正直痛い出費です。
この生命保険は以前説明を聞いた限りではガンや死亡保障、入院など内容は手厚いものでした。

ただ、これからローン、子供の出産、学費などを考えていくと金銭的な不安はついてきます。
生命保険をどのタイミングで入るのが良いか分からないので、知識のある方教えていただけたら幸いです。

 

【回答】

生命保険に加入するタイミング?
これは、ご相談者さんが亡くなったら金銭的に困る人がいるかどうかですね。
例えば、独身で扶養者がいらっしゃらないような時であれば、ほぼ必要ないと言ってでしょう。
今年ご結婚され、もしご相談者さんが亡くなった時に、奥様が金銭的に困るのであれば検討する必要はあると思います。
ただし、すべてを生命保険で賄う必要はありません。
ご主人がお亡くなりになれば、もちろん健康状態などにもよりますが、奥様も少なからず働かれるでしょうし、遺族年金や老齢年金などの社会保障制度や、会社員であれば弔慰金規定などもありますから、それらを確認し奥様ともお話された上で検討されてはいかがかと思います。

むしろ、団体割引で現在まで入っていた保険が気になります。
日本の保険会社の販売する「定期特約付終身保険」とか「アカウント型」と呼ばれるような保険ではありませんか?
これであればオススメできません。
また、その場合はくれぐれも「下取り」「転換」などはせず払済や解約などの方法で見直しされることを加えてオススメします。

*定期特約終身保険についてはこちら

その上で、死亡保障が必要であれば収入保障保険でカバーされるのが保険料も割安で良いと思います。

*収入保障保険についてはこちら 

また、がんも含め、病気に関しても同様で、ご相談者さんが病気をして金銭的に困るかどうか?
日本の医療制度では高額療養費制度という国の社会保障制度により、保険適用の範囲内の診療であれば上限が設けられていて、思ったほどお金がかからなかったり、会社によっては福利厚生制度など充実している場合がありますので、それらも考えた上で加入するかどうか判断されることをオススメします。

*高額療養費制度についてはこちら

確率論ではありませんが、ほとんどの契約者の方は払うよりも、受取る金額のほうが少ないのが医療保険で、保険会社にとって非常に利益率の高い商品です。
ちなみに支払った保険料がムダにならないよう、払込終了後に支払った保険料が戻ってくるようなメットライフ生命の「リターンズ」東京海上日動あんしん生命の「メディカルキットR」という医療保険もありますので参考まで。

いずれにしても、生命保険加入の際に検討すべきは、死亡にしても入院などにしても何かあった時に「金銭的に困るかどうか?」ですね。
社会保障制度なども含めて検討されてはいかがかと思います。
その上で、ムダな保険に加入せず、今後お子さんができた場合にも学資資金のお金が必要になりますし、老後資金も必要になるでしょうから、それらに備えながら少しづつでも積立てられると良いでしょう。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金」に加入したが疑問を感じwebで調べていたところ御社記事を拝見しました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:プルデンシャル生命の養老保険に加入しようと思っています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:わずかばかりの利息のために固定利率の学資保険を掛けるってリスクが高くないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

no image

相談事例:貴社のメルマガやブログを拝見し「海外積立年金」に興味が沸き、前向きに検討していきたいと思いました(31歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「確定拠出年金」よりもお得で投資などわからない方におすすめと言われ「こだわり個人年金」に加入

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:都合の良い話ですが、老後の年金用の元本保証の良い積立はないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:三井生命の個人年金「ドリームフライト(豪ドル建)」加入を検討中。デメリットを把握したいです。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「私はMDRT会員・COT会員で、2時間2万円の相談料のFPです」と言うFPさんに提案されています(女性 35歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金(米ドル建て)」月3万円と、アクサ「ユニットリンク」月5万円(死亡保障2820万円)を勧められました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:知れば知るほどユニットリンクは解約する方向で考えています(43歳 シングルマザー)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑