K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ご注意ください!!保険の下取り「転換」とは?

公開日: : 最終更新日:2015/06/21 保険用語・基礎, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「転換」に関するお話です。

 

「生命保険を見直しましょう」

「更新時期がやって来るから…」

「新商品ができたから前の保険を…」

と、保険会社のセールスがある日あなたの元へやってきます。

これをに言われたら十中八九「転換」です。

 

転換とは

すでに契約している保険をやめて、違う保険に入り直す際に利用される方法です。

ー今の保険を「下取り」し、その下取り価格を新しい保険の「頭金」に充てましょうー

と、耳に馴染みの良い「下取り」という言葉を使ったりしますが、皆さんのイメージされる下取りとはちょっと違うと思います。

 

少し詳しく解説していきます。

終身保険定期付き終身保険などは、加入から何年かすると「解約返戻金」が発生します。転換とは、今の保険をいったん解約し、その解約返戻金相当額(正確には積立金)を新しく入る保険の一時払い保険料に充当するというものです。この解約返戻金をどの部分に充当するかで保険料は変わってきます。以下が代表的な定期特約付終身保険への3つの転換方法です。ちなみに、この積立てられていた金額を「転換価格」と言います。

転換1

転換2

転換3

 

 

転換が得だとイメージさせるのは、まったく新規で保険に加入するよりは頭金を払う分だけ保険料が安くなったり、実際に解約して返戻金を受け取るより少し多い金額が頭金に充てられたりするからです。

 

しかし、気をつけてください。転換は一般的にデメリットの方がとても大きいです。

おかげ様で多くのお客さんの保険見直しのお手伝いをさせて頂きましたが、その私の経験で、転換した契約でお客さんが前の契約より有利になった転換契約は1件も見たことがありません、1件もです。すべて、お客さん側が”損”をする契約に変わっていました。つまり、保険会社とセールステディーが得をする契約です。

 

転換する時は転換時の年齢で保険料が再計算されるため、最初に加入した時より年齢が高くなっていますから、同じ保障額を払う保険料は高くなっています。せっかく若いうちに入った安い保険料の権利を捨ててしまうことになるのです。

ー「保険は若いうちに加入したほうが有利だから」

と、言ってセールスしておきながら辞めさせられてるんです。

 

更に…

高い予定利率の保険に加入していた場合、転換することで予定利率が下がります。

保険料は予定利率が高いほど安くなり、予定利率が低くなるほど保険料は高くなります。「お宝保険」という文字を雑誌などでよく見かけますよね?これは、予定利率の高い保険のことです。

予定利率の推移を見て下さい。

 

予定利率

予定利率の高い保険から予定利率の低い保険に転換するということは、高金利の定期預金を解約して低金利の定期預金に入ることと同じです。皆さんは5%の定期預金を1%の定期預金に預け替えますか?


過去に破綻した保険会社が数社あるのはご存知かと思いますが、「逆ザヤ」がひとつの大きな理由でした。この逆ザヤを少しでも解消するには保険会社からすると、予定利率の高い保険はできるだけ多くなくなって欲しいわけです。それが皆さんの元に「転換」のセールが来る理由のひとつです。最初はだいたい2、3年だったようです。では何故2、3年か?

会社にもよると思いますが、以前聞いたことのある話ですと、契約から2〜3年すると新担当者となり「要転換契約候補リスト」がセールスの元に回ってくるようです。この年数を超えて転換し、契約になるとセールスは”新規契約”としての成績となり”コミッション”が発生するからです。

 

ー転換の仕組みを知ったら、家族や知人にススメられないんじゃないか?

そう思った方いらっしゃいませんか?

常識的にはそうですよね、でもこれがまた上手いこと出来ています。

保険のセールスも非常に厳しい世界で、ほとんどがフルコミッションか、またはそれに近い給与体系になています。最近は大きく制度が変わりましたが、依然としてほぼフルコミッションであることに変わりありません。そのため、この業界の”平均寿命”は3年前後言われています。つまり、新人で入社し、多くの人が「知人・友人・親・兄弟」の元へセールスに行き、契約してもらったものの、3年くらいすると業界を去っていく人がほとんどです。で、”担当変更”

新担当者にしてみれば引継いだお客さんは”アカの他人”

そもそも保険会社は新人教育で”転換”についてネガティブな情報を与えたりしないでしょうから、新担当者も”転換リスト”片手にピュアな気持ちで

ー「新しくこんな良い商品が発売されたんですよ」

なんて言えちゃうんでしょうね。

 

次はあなたの元に現れるかもしれません。

 

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「生命保険募集人・募集人資格」「トータル・ライフ・コンサルタントTLC」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「生命保険募集人・募集人資格」「トータル

記事を読む

二次相続対策に有効な「連生保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「連生保険」についてお話したいと思います。&nb

記事を読む

日本では8社の生命保険会社が破綻しています 「責任準備金」と「生命保険契約者保護機構」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「責任準備金」と「生命保険契約者保護機構

記事を読む

「掛け捨て」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「掛け捨て」について簡単にご説明したいと思い

記事を読む

「保険業法」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「保険業法」についてお話したいと思います

記事を読む

定期保険の活用法(コンバージョン)〜その1「変換」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「定期保険の活用法(コンバージョン)」についてお

記事を読む

「払込」に関する用語【保険料払込期間・一時払・有期払・終身払・全期払・短払・月払・半年払・年払・前納・全期前納・平準払込方式】

  皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「払込」に関する用語についてご説明し

記事を読む

「払込猶予期間」「自動振替貸付」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「払込猶予期間」「自動振替貸付」についてお話した

記事を読む

生命保険の種類は大きく3つ「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「死亡保険」「生存保険」「生死混合保険」

記事を読む

保険会社の健全性の目安のひとつ「ソルベンシーマージン比率」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「ソルベンシーマージン比率」についてお話

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑