K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

銀行でも保険を販売しています「銀行窓口販売」とは?

公開日: : 最終更新日:2015/07/06 保険用語・基礎, 保険用語集

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「銀行窓口販売についてお話したいと思います。

 

銀行窓口販売とは、銀行が窓口で保険を販売することです。業界的には「銀行窓販」とか「窓販」と呼んでいます。

以前、インターネット保険のアクサダイレクト生命保険が熊本銀行、福岡銀行、北國銀行などの地銀と提携し窓販を開始したことをお話しました。

銀行等については、過去においては保険募集をその業務とすることは認められていませんでしたが、 規制緩和の流れの中で、銀行等にも保険募集を業務とすることが、徐々に認められてきた。これがいわゆる保険の窓販の解禁といわれるものです。

まず、

2001年4月1日、住宅ローン関連信用生命保険、長期火災保険、債務返済支援保険、海外旅行障害保険

2002年10月1日、個人年金保険、財形保険、年金払積立傷害保険、財形傷害保険

2005年12月22日、一時払終身保険、一時払養老保険、保険期間10年以下の平準払養老保険(法人契約を除く)、貯蓄性の生存保険、積立傷害保険、個人向賠償保険等、積立火災保険等

2007年12月22日、定期保険平準払終身保険、長期平準払養老保険、医療保険・介護保険、自動車保険、団体火災保険等、事業関連保険、団体傷害保険等

 

これらの保険に関して窓販が解禁となり、外回りの行員も販売できます。

アフラックのがん保険をゆうちょ銀行で販売するなど、契約件数も順調に伸ばしているようです。

やはり、日本人のポートフォリを見てもわかるように、どの世代においても資産の50%以上が預貯金であることを考えると、

”どのくらい持っているか”

を知っている銀行が、保険販売するわけですから、そりゃ売れるよね。

 

スクリーンショット 2015-07-06 14.15.03

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「支払事由」「免責事由」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「支払事由」「免責事由」についてお話した

記事を読む

「第一分野」「第二分野」「第三分野」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

年収1,000万円以上の保険セールス「MDRT」「COT」「TOT」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「MDRT・COT・TOT」についてお話したい

記事を読む

自分たちで保険会社を作る「キャプティブ」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「キャプティブ」についてお話したいと思います。

記事を読む

「無解約返戻金型保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「無解約返戻金型保険」について簡単に

記事を読む

「逓減定期保険」「団体信用生命保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「逓減定期保険」「団体信用生命保険」につ

記事を読む

「掛金」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

保険の基礎

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は少し保険の内容に入っていきたいと思い

記事を読む

苦情はここへ”Go”〜「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、「金融ADR(Alternative

記事を読む

保険会社の介護保険に加入する前に@公的介護保険と高額介護サービス費

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は医療保険の必要性にも関係してくる「公的介護保険と

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑