オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

3月末迄ラストスパート「駆込み保険セールス」いよいよ大詰め@加入スルベカラズ

公開日: : 最終更新日:2017/03/27 保険のニュース, 体験記

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「駆込みセールス保険」についてお話したいと思います。

 

皆さんも既にご承知かと思いますが、4月から標準利率が現在の1%から0.25%に引下げられることにより、「終身保険」や「個人年金」「学資保険」といった貯蓄性のある商品が値上がりします。これにより、満期金や解約金の返戻率が条件にもよりますが5〜20%程度悪くなります。多くの商品で、払込終了時の返戻率が「元本割れ」を起こすようになります。既に値上げ済みの商品や、販売停止になっている商品などもありますが、まだのものもあり、この商品の駆込み契約に保険セールスは躍起になっています。

 

『利率が悪くなる前のこの時期に』『値上がりするその前に』

こんな言葉で、FPと言う名の保険セールスから”追い込み”かけられていませんか?

これ、保険セールスの「常套句」ですからね。

 

既に史上最低の利率が、更に悪くるだけの話

もう既に現在の日本の保険会社で販売されている終身保険や学資保険、個人年金保険など貯蓄性のある保険は史上最低の利回り(正確には予定利率と言います)の保険なんです。それが更に悪くなるだけの話です。そもそも現在でも加入すべきではないんです。

 

理由1:ほとんどの時期で元本割れ

保険契約の多くが長期に渡るものです。数十年という長い期間を超低金利の利率で縛られた上に、途中で見直そうと思っても支払中のほとんどの期間で元本割れです。がんじがらめなわけですね。

 

理由2:インフレ起きたらアウト

日本は今後、インフレ(物価が上がってお金の価値が下がること)方向へシフトしようとしています。仮にインフレ率を2%だとすると、20年後には最低でも30%、30年後には45%以上くらい増えていなければ実質、元本割れです。学費の値上がりを見て下さい。

*”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

 

「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」

終身保険などの商品が貯蓄を兼ねていたのは20~30年、少なくとも15年くらい前の頃の話で、今のこのような時代に終身保険に加入すべきではありません。死亡保障を用意するのであれば「収入保障保険」や「定期保険」などで準備し「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」で分け、「必要な保障額」を「必要な期間」加入するのが最も良い方法であると、私は考えています。

 

Point

・お誕生日で保険料が上がる前に

・更新で保険料が上がる前に

・保険料が値上げになる前に

これ、すべて「保険セールスの常套句」ですからね。

 

巷には険料値上げ」により、インターネットや各種メディアでも、保険加入を煽る記事が出ていますが、そんな情報に振り回されることなくご自身で判断してみて下さい。

*FPと名乗る「ポジショントーク」に振り回されではダメ!~「ポジショントーク」とは?

*保険セールスから「保険に入らないほうが良い」という選択肢を提案されていますか?

 

わからないことはお気軽にご相談下さい。

*『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:無料相談の会社のプランナーさんに医療保険「メディカルキットNEO」、年金保険「こだわり個人年金」を勧められています(女性 46歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」1月から値上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はソニー生命「バリアブルライフ」値上げのお話した

記事を読む

10月2日販売開始〜損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「低解約返戻金型長期定期保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は10月2日販売開始「損保ジャパン日本興亜

記事を読む

私が20代のサラリーマン時代に入っていた保険

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「私の加入していた保険」について少しお話しようか

記事を読む

2016年7月から「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳

記事を読む

3月22日販売開始〜アフラックの緩和型医療保険「ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は3月22日販売開始、アフラックの緩和型医療保険「

記事を読む

「ユニット・リンク」の苦情が増えているらしい件(もっと増えるなぁ、きっと)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、「ユニット・リンク」の苦情が増えてい

記事を読む

存続の岐路に立つ「インターネット生保」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インターネット生保の現状」をお話したいと思い

記事を読む

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

「ユニット・リンク」のパクリ商品!?東京海上日動あんしん生命「マーケットリンク」8月2日販売開始

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2017年8月2日から販売開始となる東京海上日動

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑