K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「MDRT」もいろいろ〜保険会社の手数料基準で違う「MDRT」のなりやすさ

公開日: : my life, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日は、「MDRT」のなりやすさについてお話したいと思います。保険会社の手数料基準で違ってきます。

 

「MDRT」の詳細については過去のブログを参考にして頂くとして、簡単におさらいすると「MDRT」は「Million Dollar Round Table」の略で、日本語では「百万ドル円卓会議」と、訳されています。

*年収1,000万円以上の保険セールス「MDRT」「COT」「TOT」とは?

 

この「MDRT」の会員には誰でもなれるわけではなく、ある一定の条件をクリアしなければいけません。一番わかり易いのが、「初年度手数料」による基準。「初年度手数料」とは皆さんが契約した保険によって保険会社から保険セールスに支払われる最初の1年間の手数料のことで、2年目以降に支払われる手数料を「次年度手数料」と言います。この初年度の「手数料」が日本円で約12,000万円以上あれば、その年の「MDRT」会員になれます。同様にCOT(Court of the Table)の入会基準はMDRTの3倍の約3,600万円、TOT(Top of the Table)の入会基準はMDRTの6倍の7,200万円。この基準は毎年違いますが、だいたいいつも同じようなものです。

 

実はこの

「初年度手数料」

 

保険会社によって、また保険商品によってかなり違います。

例えば、医療保険などの医療系の商品(第三分野と言います)は、終身保険などの貯蓄性のある商品に比べて保険会社の利益率が高いため、ほとんどの保険会社で手数料が高い傾向にあります。ですから、会社によっては「終身保険」だけ販売するよりも「医療保険」などの第三分野商品をセット販売すると、手数料を1.5倍にするなどの方法で、保険セールスを”煽って”いたりします。本当かどうかはわかりませんが、当時私が聞いた内部情報では「医療保険」の利益率は「終身保険」の約6倍と聞いたことがあります。

 

また、私が一社専属の保険会社に所属していた時、フルコミッションの某社では「初年度手数料」を少し低めに抑える傾向があり、その分を「ボーナス」や「退職金」により反映される計算方法でした。ですから「初年度手数料」は他社に比べても、相対的に低めです。この「ボーナス」や「退職金」が”クセモノ”で、毎月の一定の査定や継続率(自分の顧客の、契約の継続を数値化したもの)による、”減点計算方法”でしたから、ある月にとてつもなく高額の契約をもらったとしても、その他の月の成績次第で、”後回し”の「ボーナス」は減額されてしまうため、当時私も「どの月にどのくらいの契約」と、頭をフル回転させていたのを覚えています。

*完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

 

保険手数料の受取り方も「L字型」と呼ばれる、初年度の手数料が多く、2年目以降少なくなる型や、「フラット型」と言う、1年目もそれ以降も同じ手数料が受取れる型など様々で、「L字型」に関しては更に「5年L字型」や「10年L字型」といった、計5年に渡って受取る型と10年に渡って受取る型などがあり、通常「初年度手数料」は「5年L字型」の方が「10年L字型」よりも多くなり、受取総手数料は「10年L字型」の方が多くなります。

 

そんなわけで、仮に同じような商品を、同じくらい販売したとしても、保険会社によって「初年度手数料」の金額はけっこう違います。ですから、ひとことに「MDRT」と言っても所属する保険会社によっては比較ができません。現に、当時私が所属していた某社では「MDRT」に入るための”数字”は他社よりも少し厳しかったと思います。まぁ、それを突き抜けるだけの「COT」「TOT」くらいの手数料であれば、恐らくどの保険会社であったとしても「MDRT」くらいの基準はクリアしてしまうのでしょうけど。。。

 

いずれにしても「MDRT」は保険セールスとして”稼いでいる人”であって、あなたにとって「良いアドバイスをしてくれる人」「良い提案をしてくれる人」であるかは別の話。特に、自ら

「私はMDRTの会員で。。。。。。」

 

と、聞いてもいない自己紹介から始まるようなセールスはあまり信用できない人が多いですね。

*相談事例:「私はMDRT会員・COT会員で、2時間2万円の相談料のFPです」と言うFPさんに提案されています(女性 35歳)

 
ワンストップで様々な提案や助言を中立な立場でセールスしている「MDRT」も、中にはいると思いますが「MDRT」にもいろいろですから、世の中で言われているように、”肩書”に惑わされず、ご自身で判断する目を持つことが大切です。

あなたの保険担当者は”説明員”ですか?”アドバイザー”ですか?

 *私なら「MDRTから保険に加入したくない」

*日本人のお客を”◯◯”にする!?18年連続「MDRT」会員数第1位「プルデンシャル生命」

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「お〜い、みんなぁ大丈夫ですかぁ〜?」金融資産なし世帯30.9%(2016年 家計の金融行動に関する世論調査)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「家計の金融行動に関する世論調査 2016年結果

記事を読む

ハーバード大学で20年以上教えられているトヨタの授業『成功より先に失敗を報告せよ』

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はちょっと横道、保険とは関係ありません。ハーバー

記事を読む

私が20代のサラリーマン時代に入っていた保険

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「私の加入していた保険」について少しお話しようか

記事を読む

7月から「ペーパレス化」メットライフ生命@イイね

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「メットライフ生命のペーパレス化」についてお話し

記事を読む

海外で感じる「目には見えないもの」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、私が海外で感じる「目には見えないもの」について

記事を読む

『Uber』というサービス

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、保険とはあまり関係ないお話をしようかと(後半で

記事を読む

明治安田生命「じぶんの積立」のギミックな販売方法

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は明治安田生命の「じぶんの積立」についてお話しよう

記事を読む

保険セールスの担当者次第であなたの”運命”も変わる

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回のテーマは「保険セールスの担当者次第であな

記事を読む

すべての支払を『クレジットカード』にして、年に1回ハワイ無料航空券

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『すべての支払をクレジットカード』についてお話し

記事を読む

「地酒祭り 春の陣2015」に行ってきました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 日曜日いかがお過ごしですか?今日はちょっと寄り

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑