K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

完全実力主義!?「保険営業のコミッション」について

公開日: : 最終更新日:2016/06/24 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「保険営業のコミッション」につて少しお話したいと思います。

ちょっと裏話です。

 

保険業界は大きくは2つ、「日本の保険会社」「外資系の保険会社」に大別されます。

業界では日本の保険会社を”日本社”と呼びます。一方外資系の保険会社を雑誌などでは”カタカナ生保”などと言っていますが、業界の人間はそんな言い方はあまりしません。普通に”外資系”くらいでしょうか…

そして、この”日本社”と”外資系”でコミッションの計算基準がまったく違います。

 Insurance

業界ではS(えす)とかP(ぴー)という言葉がよく出てきますが、Sとは「保険金額」のことで、死亡した時の金額のことです。「死亡したら1億円」というのは業界では「S1億円」と言います。

一方、Pとは「保険料のこと」を言います。「月々3万円支払う保険料の契約」のことを業界では「月P3万円の契約」と言います。

ちなみに業界で「ANP(えーえぬぴー)」という言葉もよくでてきますが、これは年換算保険料(Annualized New business Premium)のことで、1回あたりの保険料に年間の支払回数(月払いなら12回)を乗じたもの。上記の月P3万円はANP36万円となるわけです。(年払36万円もANP36万円です)

 

そして、保険営業の受取るコミッションは日本社の営業はSが基準で、これを「S建て(えすだて)」と言い、外資系はPを基準にし、これを「P建て(ぴーだて)」と言います。

外資系のコミッションの場合「ANP✕◯◯%」とする場合がほとんどです。1年目のコミッションを「初年度コミッション」と言い、通常この初年度の%が多く、2年目以降の%は少なくなり、だいたいが一桁の%です。このコミッションの受け取りをグラフにするとL(える)の形になることから「L字コミッション」と呼ばれています。2年目以降から何年間かに渡ってもらうコミッションを「継続コミッション」と言い、保険会社・保険種類によって細分化され、その年数が違います。契約が継続する限りもらえるコミッションを「永年コミッション」と言いますが、最近は永年コミッションの商品はほとんどないようです。

 

このコミッションの計算基準の大きな違いが保険のセールスにも大きく影響しています。

日本社の基準は”S”ですので、営業の多くはなるべく保険金額の大きい契約】を、一方外資系は”P”が基準ですから、外資系の営業は【できるだけ保険料の高くなる契約】を取りたがります。そのため、日本社は保険料が安くて保険金額が大きくなる「定期付終身保険」のような”掛け捨て”の定期保険部分が大きい商品の販売が主となり、外資系の場合は、なるべく保険料が多くなるような”終身保険”系を厚くして「もし、亡くならなかった場合でも解約返戻金が払ったよりも多く戻りますよ」という営業トークになります。

皆さん、保険の営業所(事務所)の壁に営業成績の”棒グラフ”を見かけたことありませんか?あの営業成績の棒グラフも日本社では”S”の累計の棒グラフで、外資系は”P”の累計の棒グラフです。私も最初に務めていた外資系の保険会社で、毎月壁に貼っていたのを思い出します。

 

結局のところ

「顧客の立場になってと言いながら自分たちの懐次第じゃないか!」

と、言いたくなる方もいらっしゃると思います。確かにその通りかもしれません。

でも、ちょっとだけ保険営業の肩を持たせてもらうとすれば、どの業界のどの商品であれ、ボランティアではない限り、儲けなければいけませんね。皆さんの販売されている商品やサービスも”利益”上げますよね?

 

保険営業という職業は、3年も”もたない”と言われる厳しい世界です。さらに、この4月から保険営業のルールが厳しくなりました。

どの業界、どの仕事でもそうだと思いますが、特に保険という専門性のあるような商品であれば、それに携わる営業(セールスパーソン)が高い倫理観を持って中立公平なコンサルティングを提供しなければいけないのはもちろんですが、一方で「保険」に無頓着な契約者の方が多くいらっしゃるのも事実です。保険の契約、加入をする際は少し興味を持って頂き、このブログを見て頂いている方々にはちょっとでも参考になって頂けたら嬉しい限りです。

 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

これが事実なら「このFPは懲戒解雇」あるご相談者からのメール

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際にご相談を頂いている方との事例で、”とても

記事を読む

FPと名乗る「ポジショントーク」に振り回されてはダメ!〜「ポジショントーク」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はFP(ファイナンシャル・プランナー)の「ポジシ

記事を読む

保険セールスから「保険に入らないほうが良い」という選択肢を提案されていますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは「そもそも保険加入の必要性がない」という

記事を読む

証券分析(法人)した最悪なケースの一例「理解不能な契約に切り替える生保レディ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中で「悪口」と取られられてしまいそう

記事を読む

そんな商品があるなんて知らなかった@ある保険代理店のFPの方

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『そんな商品があるなんて知らなかった@ある保険代

記事を読む

「遺伝子検査」の結果を見て、保険加入するという方法はどうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「遺伝子検査」について少しお話しようかと思います

記事を読む

あなたの申込んだ「保険無料相談」の情報は◯◯万円で買われている〜だから保険を売りつけられる

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「あなたの申込んだ保険相無料談の情報は◯◯万円で

記事を読む

皆さん、銀行の利率に不満ですか?「YES」/では、保険の予定利率に不満ですか?「!?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「利率(利息)」に関するお話。 さて

記事を読む

まだどこにもない情報〜アクサ生命「ユニット・リンク」パンフレット内容変更の意味するもの

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」のパンフレット内容

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑