オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:月々1万程で大学入学金としてお金を貯蓄できるようにしたいです(33歳 主婦)

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

相談者の方は、弊社メルマガを見てお問合せを頂きました(ありがたいことです)

やはり同じようなケースの事例を見るとイメージが湧きやすいですね。

 

【質問】

まず学資保険について相談させてください。

現在

子供が1歳6ヶ月

主人42歳私33歳です。

 

まだ学資保険に該当するものに入っておらず、悩んでいます。

月々1万程で18歳の大学入学金としてお金を貯蓄できるようにしたいです。第69回にあった主婦の方の相談とほぼ同じかと思うのですが、商品について教えてください。

そしてメールだけで可能との事ですが顔あわせ無くていいのは法律?の違いでしょうか?

 

2点目は

生命保険です。現在全く入っておりません。主人にかけたいのですが、できれば月々5000円以内で良い商品はありますでしょうか。

国内のではメットライフ生命さんを検討してました。

 

3点目は夫婦でアフラックの医療保険に加入しています。そもそも必要ありますでしょうか。

経費を削れるならけずろうかと考えております。

よろしくお願いします。

 

【回答】

月々1万程で18歳の大学入学金としてお金を貯蓄できるようにしたいです。第69回にあった主婦の方の相談とほぼ同じかと思うのですが、商品について教えてください。

第69回の主婦の方が始められたのは、毎月15,000円くらいで積立を希望されていたので、2種類ある海外積立年金のうちの「変額年金プラン」でした。◯◯さんのご希望も月々1万円程度の積立のようですので、最低100USD/月から始められる「変額年金プラン」をオススメします。

*契約事例:児童手当を使った「学資資金」の15年積立

 

「変額年金プラン」

ボーナス金利を積立額に応じて1~5%/年必ずもらいながら、世界にある200本ほどあるファンドからポートフォリオを組んで積立投資するものです。ご自身でポートフォリオを組み、運用することもできますが、弊社の推奨するポートフォリオで運用することも可能です。

仮に月々300USD(約36,000円)を積立られる場合、海外積立年金では2%のアロケーションボーナス(固定金利)が積立額に上乗せされ、経過期間ごとにロイヤルティボーナス(お祝金)がもらえます。弊社でご紹介しているご参考ポートフォリオで積立をする場合には過去7.88%/年の運用ができていますが、仮に「ユニット・リンク」と同じ7%のパフォーマンスで殖やしていった場合、積立最長期間の25年満期時には複利運用やボーナス金利によって以下のようなパフォーマンスシミュレーションとなります。(*1USD=120円)

同じ運用利率でも「変額年金プラン」は積立金額に対して満期金は約2.5倍、アクサ生命「ユニット・リンク」では約2倍となり、日本円で約500万円も違ってきます。

・25年積立総額:300USD✕12✕25=90,000USD(約10,800,000円)

・25年後満期想定額(8%運用):265,593.32USD(約31,870,000円)

・上記返戻率:295.1%

 

<国内の商品例:ユニット・リンク(AXA)>

(契約年齢35歳・男性・保険金額約1,318万円)

・25年積立総額:36,000✕12✕25=10,800,000円

・25年後満期想定額(7%運用):2,205,000円

・上記返戻率:204.2%

 

メールだけで可能との事ですが顔あわせ無くていいのは法律?の違いでしょうか?

日本の生命保険でも、面談(対面募集と言います)して申込まなければいけないものと、非面談(非対面)で申込めるものがあり、例えばインターネットや、大手スーパーなどに置いてあるような申込書類に記入、郵送し、面談せずに加入できる商品があります。「海外積立年金」では面談の必要はなく、また海外に渡航する必要もありません。パスポートなどのいくつかの必要書類をご準備出来れば申込むことが出来ます。

 

生命保険です。現在全く入っておりません。主人にかけたいのですが、できれば月々5000円以内で良い商品はありますでしょうか。国内のではメットライフ生命さんを検討してました。

まず、生命保険加入にあたっての一般的な考え方ですが、生命保険の死亡保障というのは、万が一があった場合「誰が、金銭的にどれくらいリスクがあるか?」平たく言えば「誰がどれだけ金銭的に困るのか?」で、加入するべきものです。◯◯さんに万が一があった場合に「どなたが」「どれくらい」金銭的にお困りになるか?ということですね、生命保険は加入していないから加入するのではなく「必要な保障」に「必要な保障金額」「必要な期間」で加入するのが、一番”ムダ”を少なくする方法です。必要保障額の考え方はについてはブログで書いていますの参考にしてザックリで構いませんので計算してみて下さい。

*生命保険が不必要な人

*「万が一の必要保障額」ってどれくらい?

 

その上で、死亡保障の生命保険に加入されるのであれば、一般的には「収入保障保険」で準備されるのが良いと思います。くれぐれも現在のような超低金利下で終身保険のような貯蓄性を持たせた商品には加入しないようにして下さい。

*週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス」を読んでみた

 

3点目は夫婦でアフラックの医療保険に加入しています。そもそも必要ありますでしょうか。

医療保険やがん保険などの医療系の保険についての考え方についてですが、本当に加入が必要かどうか?日本は高額療養費制度という社会保障制度があり、お勤めの方でしたら会社の福利厚生が充実している場合がありますので、まずはそちらを確認してみて下さい。保険は損得だけのことではありませんので、医療保険やがん保険に加入していたことで“本当に良かった”という方もいらっしゃいますが、ただでさえ、国の制度によって強制的に毎月保険料を支払っているわけですから、これに加えて民間の保険会社の医療保険に加入するのであれば、それらも踏まえて検討して下さい。医療保険やがん保険は保険会社の非常に儲かる商品で、確率論ではありませんが、殆どの方が支払うよりも受取る金額の方が少なくなっています。

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは?

*「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

 

Point

残念ながら現在、多くの保険会社で学資保険の販売停止にしていたり、販売していたとしてもその用をなしていない内容だと私は考えています。まったく殖えませんからね。

*”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

 

世界を含めた広い視野で商品の選択をすれば、皆さんにとっても非常に有利な学資資金の形成ができます。

※K2 Assuranceへのお問合わせはこちら

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

少子高齢化、インフレ、財政赤字、年金破綻、老後破綻。更に日本の年金保険は低金利で増えないので、海外で、外貨で自分年金を準備しましょう。

  • 積立額に応じてもらえるボーナス金利(最大5%)
  • 15年で140%、20年で160%保証
  • 最低年3.5%の金利保証

更に現状8.73%(2017年8月現在)で運用が続けば、将来充実した年金を準備することができます。

関連記事

相談事例:今年結婚しました。生命保険に入るのが普通でしょうか?(20代夫婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:住友生命「楽しみ一番」10年確定年金、前納するかどうかで迷っております(53歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:生まれてくる子供のために学資保険を考えています。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:保険アドバイザーに勧められ、アクサ「ユニット・リンク」に個人年金のつもりで加入しましたが非常に困ってます。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:アリコの円建保険金額保証特約付新終身保険(ドル建)に入っているのですが、最後まで払い続けた方が有益でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼頂いた方の事例を紹介したいと思い

記事を読む

相談事例:相続と増資目的で、1,000万円ほど 海外終身保険を検討しています(58歳 男性 会社員 )

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ニッセイ保険外交員が「みらいのカタチ」と言う保険の見積りを持って来ました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:6つの保険に加入されている方からのご相談です(女性 43歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:海外年金などは、一度海外に行って契約となるんですか?1万くらいから可能なんですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:年金を払っていないので資産を増やさねければならないが、どのように資産運用していいかわかりません(49歳 男性 講師)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑