ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

あなたの申込んだ「保険無料相談」の情報は◯◯万円で買われている〜だから保険を売りつけられる

公開日: : 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「あなたの申込んだ保険相無料談の情報は◯◯万円で買われている」をテーマにお話したいと思います。

 

私が保険業界に身を置き始めた約20年ほど前とは保険業界もずいぶん様変わりしました。

国内の大手生命保険会が行っていた1社専属のセールスレディが当たり前だった当時、外資系と呼ばれる男性保険セールスがPC片手に一気に活躍の場を広げ、ことごとく日本の生命保険会社が販売していた主力商品「定期保険特約付終身保険」や「アカウント型保険」を撃墜し、契約数を伸ばしました。かく言う私もそうす。加入されている方には申し訳ありませんが、日本の生命保険会社が販売していた主力商品「定期保険特約付終身保険」や「アカウント型保険」はそれはもう”ヒドイ”商品でしたから、お話さえちゃんと聞いて頂ければ簡単に「解約」〜「契約」となりました。

*はじめまして「保険アドバイザー和田信泰」です

*「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

 

その後、複数の保険会社の商品を取扱う「乗合代理店」と呼ばれる保険セールス、保険ショップなどが普及し、クライアントはいくつもの保険会社からわざわざ各社から、それぞれ資料を取寄せたりせずに、ワンストップで比較できるようになり、今では複数の保険会社からベストな商品を選ぶのが当たり前の時代となりました。まぁこれはこれで、都合の良いストーリーで誘導されていたりもしますが…

*「乗合代理店」「専属代理店」とは?

*FPと名乗る「ポジショントーク」に振り回されではダメ!~「ポジショントーク」とは?

 

また、ここ数年は「インターネット」の普及によりクライアントは様々な情報を、この「インターネット」により簡単に得ることが出来るようになり、この「インターネット」に関するものの中には、Web上からの「保険無料相談」も多く見かけるようになりました。もちろんこのブログなどもそうですね。私もいくつかのサイトは見たことがありますが、HPでは広範囲にわたって保険のことをわかりやくす解説しているものも多くあります。

 

さて、この「保険無料相談」ですが、実際にはウラでどのようなプロセスをたどっているか皆さんご存知でしょうか?

まず、皆さんが「無料相談」に申込むと、そのサイトに登録している「FP」と面談することになります。自身でWeb上のプロフィールなどを見て「指名」出来たりもするようですが、特に指定がなければ皆さんの希望する地域や日時に行くことが可能な「FP」が来ます。もともと無料相談なわけですから『ただ単に質問だけして終わり』でも良いのですが、今加入している保険や保障に疑問があったり、結婚や出産などのタイミングでの相談でなので、なかなかそうでもない。

それもそのはず、実はこの登録している「FP」は面会希望されている皆さんのリスト「自腹で購入」しています。金額はそれぞれのサイトで違いますが、一例として

FPとして登録:20〜30万円

自分のプロフィールサイトの作成:5万

紹介1件につき:3〜4万

 

ね、これだけ費用が掛かっているんです。皆さんもお仕事されていればおわかりだと思いますが、どんなビジネスでも「費用対効果」ってのを考えるわけです。これだけの費用を掛けて皆さんに会って『ただ単に質問だけ聞いて終わり』。。。な、わけないんです。

そうです、「FP」という名の”保険セールスマン”が送り込まれているんです。それも、メチャメチャ「費用対効果」の意識の強い「FP」が皆さんの元にやって来るんです。

そして、多く方は保険や金融に関する知識に乏しい、云わば素人ですから、保険のセールスは自分たちの都合の良いセールストークを作り、会って話を聞けば”良い商品”と思わせるようなストーリーに仕上げて面談をしています。

*日本人の「金融リテラシー」 

*大切なのは”信頼できるアドバイザー”を見つけること

 

Point

すべての保険セールス(FP)がそうだとは言いませんが、これまでご相談頂いた方々からの経験では、基本的には売りたい商品(手数料の高い商品)を案内するものだと思っていた方が良いかもしれません。皆さん自身で正しく見分け、判断するのは難しいことだと思いますので、具体的に提案された商品に関してアドバイスをご希望であれば、ご相談下さい。もちろん無料です(笑)

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

アクサ生命「ユニット・リンク」を否定しているわけではない

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命の『ユニット・リンク』についてお話した

記事を読む

米国生命保険研修「インフレヘッジをしないファイナンシャルプランニングはNG」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日参加してきた米国生命保険の半日研修について

記事を読む

7月から「ペーパレス化」メットライフ生命@イイね

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「メットライフ生命のペーパレス化」についてお話し

記事を読む

日本人のお客を”◯◯”にする!?18年連続「MDRT」会員数第1位「プルデンシャル生命」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「プルデンシャル生命」について少しお話したいと思

記事を読む

NHKからの取材依頼「海外の生命保険を活用した相続税対策」について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日NHKから頂いた取材依頼ついて少しお話しよ

記事を読む

自動車保険更新時は「朝日火災(ASAP/PAP)」の見積も取ると良いですよ〜”安い”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は生命保険から少し横道にそれて・・・「自動車保険

記事を読む

アフラックの終身保険「WAYS(ウェイズ)」の契約は激減する。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアフラックの終身保険「WAYS(ウェイズ)」につ

記事を読む

明治安田生命「じぶんの積立」のギミックな販売方法

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は明治安田生命の「じぶんの積立」についてお話しよう

記事を読む

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしているかも。。。「メットライフ生命」です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは「某外資系保険会社は日本から撤退しょうと

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑