オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?②【保障額1,000万円で比較してみる】

公開日: : ライフプランニング, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

さて、今日は昨日に引き続き”保障額(保険金)1,000万円”だったら「米ドル建」と「円建」の終身保険、どちらが得か?というお話。

*「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?①【月払2万円で比較してみる】

*「外貨建て生命保険」とは?

 

前提

30歳 男性 

保険期間:終身

払込期間:60歳

1ドル=120円で計算

 

ではまず円建の終身保険

この条件下で最も良いのがアフラック「WAYS」

・アフラック「WAYS(低解約返戻金型終身保険)」

*アフラックの終身保険「WAYS」〜30歳男性ランキング2位

 

死亡保険金:1,000万円

月払保険料:17,800円

JPY_S1000

 

次に米ドル建て終身保険

今回の条件下ではジブラルタ生命の米ドル建終身保険(低解約返戻金型)よりもソニー生命の米ドル建て終身保険の方が保険料も安く返戻率も高くなります。

*ジブラルタ生命の「米ドル建終身保険(低解約返戻金型)」〜30歳男性ランキング1位

 

・ソニー生命「米ドル建終身保険」

*ソニー生命の「米ドル建終身保険」〜30歳男性ランキング2位

 

死亡保険金:83,300米ドル(約1,000万円)

月払保険料:117.54米ドル(約14,105円)

USD_S1000

 

と、いうことで1ドル120円の場合で比較すれば同じ保障額(保険金)約1,000万円の保険料は

保険料

「円建:17,800円」

「米ドル建:14,105円」

これだけの開きがあります。

米ドル建の方が同額の保障額(保険金)で20%安い保険料です。

 

月払の米ドル建終身保険の場合、円安になれば月々の支払う保険料は円換算すれば高くなっていくのですが、この例の「117.54米ドル」の月払保険料が円換算で「17,800円」になるのは「1米ドル=151円」になった時です。

もちろんそうなれば保障額「83,300米ドル」は円換算で「約1,260万円」になります。

なにより、それだけ円安になったということは”円のチカラ”が弱くなっているわけですので、ますますドルという通貨を持っておく意味がでてくるわけです。

*保険にも関係あり!?「9/16 格付会社S&Pが日本国債を”A+”へ格下げ」

 

何度もお話しているように「円高・円安」で「儲かった・損をした」ということではなく、一部を外貨で持ち、資産・通貨を分散しておくことがリスク回避として重要です。まとまった資金がない方であれば、毎月少しづつ外貨に替えていきましょう。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

それには「海外積立年金」という方法は非常に良い方法のひとつです。

年齢など条件によってはこの「海外積立年金」で死亡保障をカバーできてしまうケースが有ります。

この事例では日本と海外の金利差がわかる意味でも非常に面白い例ですから、ぜひ参考にして下さい。

*保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用意できちゃう?

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

生前贈与〜その1「必要性と非課税枠」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日から数回に渡り『生前贈与』についてお話したいと思い

記事を読む

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用意できちゃう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用

記事を読む

「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険(メディカルキットR)」どっちが得か?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険

記事を読む

シリーズ資産形成 【第4回】分散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」4回目の最後は「分散について」です

記事を読む

「年金不安」で焼身自殺!? 皆さんも年金は不安ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「年金不安」のお話しです。 先日、新幹

記事を読む

最近「保険の見直し」をしたばかりだから、しばらくは見直さなくても良い?【答え NO】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険の見直し」に関するお話、最近保険の見直しを

記事を読む

アフラックの「新しい医療保険」間もなく発表か!?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は新年最初の情報配信ということで、アフラックの医療

記事を読む

違い知ってますか?「単利」「複利」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「単利」と「複利」についてお話したいと思います。

記事を読む

生前贈与〜その4「生命保険活用」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑