オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

保険にも関係あり!?「9/16 格付会社S&Pが日本国債を”A+”へ格下げ」

公開日: : 最終更新日:2015/09/23 保険のニュース

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「日本国債格下げ」についてお話したいと思います。

 

9月16日の夕方に、米国格付会社S&P社「日本国債を”AA-”からA+”へ格下げ」を発表し、同日夜の日経新聞にも、その記事がUPされました。

米国格付会社S&P社「日本国債を”AA-”からA+”へ格下げ」

*出典:日経新聞電子版

 

な~んとなく素通りしてしまいそうな方もいらっしゃるかもしれませんが、もし皆さんが銀行にお金を預けていたり、保険に加入してるのであれば少なからず関係があります。そうです、ほとんどの方は関係があるんですね。

日本国債が格下げになったということは、「国債の信用が下がった」わけです。つまり、世界において日本のお金の信用が下がったわけで、「円の価値が下がった」ということでもあります。

 

ー  国債なんて買ってないし関係ないや  ー

と、多くの方は思いますよね? 普通はそう考えます。確かに形式上はそうです。

多くの皆さんは直接国債を買っていない、持っていないにしても実は間接的に持っていることになります。

以前、ブログにも書きましたが、日本の国債を大量に持っているのは銀行と保険会社や年金機構だからです。

*「分散投資」と「ポートフォリオ」

 

皆さんが銀行に預けたお金は皆さんの意思に関係なく勝手に運用され、大量に日本国債を買っています

生命保険会も同様です。日本の生命保険会社のポートフォリオの半分くらいが日本の「国債」です。皆さんの払った保険料で、利回りも小さい、日本の国債を大量に買っているんです。

生命保険各社の運用先

 

このように、銀行や生命保険会社のような金融機関や、皆さんが支払っている年金のお金で年金機構(GPIF)が運用先として買っていて、皆さん自身が直接買っているわけではないので気が付かないだけなんです。

 

そして今回、その「日本国債の信用」が下がったわけです。

S&Pによる日本国債の格下げは2011年1月以来、4年8カ月ぶり。米ムーディーズ・インベスターズ・サービスは昨年12月、欧州系フィッチ・レーティングスは今年4月にそれぞれ日本国債を格下げした。私の知る限り、S&P社の日本国債の格付けではこれまでで最も低い格付けに下がったと思います。

今回の格下げで日本国債はアイルランドやイスラエルなどと同じ格付けとなり、景気の減速感が強まっている中国(AAー)よりも下になりました。

俗っぽい言い方ですが「中国経済ってヤバイよね」なんて言葉を聞かれたことがあるかと思いますが、日本はその中国より「もっとヤバい」んです。

S&Pによると、11年度から14年度の間に、国民の平均所得が減少したと。日本経済がデフレから脱却できずにいることや、巨額の財政赤字を抱えていることを考慮したと説明しています。先進国で最悪の水準にある財政状況に加え、消費税率を8%に引き上げたものの、高齢化で年金や医療などの社会保障費が膨らむため、さらに財政が悪化すると懸念しています。

 

そう簡単に日本が財政破綻するとは思いませんが、国債に大きく依存している生命保険会社も銀行も年金も、もし財政破綻すれば、自動的に破綻することになるわけです。皆さんがずっと支払い続けてきた生命保険も年金も預金も無くなってしまうわけです。

ですから、万が一、財政が破綻したら生命保険会社のほとんどが

ー「保険金はお支払いできません。納めていただいた保険料もお返しできません」

と言わざるを得なくなる。銀行預金も年金も、タンス預金も…日本円は紙くずになり、すべてのお金が消え失せるでしょう。日本人はリスクを取る投資が嫌いですが、生命保険、年金、日本円の預金は実はすべて同じ皿(日本政府)に盛ってある卵です。

 

格付け会社そのものの信用がどうかと言うご意見もあるのですが、いずれにしても世界の3大格付け会社と呼ばれる会社すべてが、この1年以内に日本国債を格下げしているという事実がここにあります。それも3社とも日本の国債として史上最低ランクの格付けです。

それでも尚、日本円しか信じない!ー

という方はもちろんそのまま日本円だけ、超低金利で、固定金利の預金や学資保険に預けておけば良いと思います。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】②

 

もし、少しでも”不安な面がある”ことを感じたのであれば…

そのためには何が必要か?どんな準備が必要か?

それが、何度もお話している分散投資です。海を越え、通貨を分け、運用先を分けることです。

「すべての資産を外貨にしましょう」「すべての資産を海外に移しましょう」ということではありません、分散することです。

それが可能なのが「海外積立年金」や「海外生命保険」、「海外個人年金」です。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

関連記事

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしている。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「某外資系保険会社、日本撤退か?」の話題です。 

記事を読む

マニュライフ生命の「医療保険」と「ガン保険」が来年1月から新しくなります

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はマニュライフ生命の「医療保険」と「ガン保険」に関

記事を読む

自動車保険更新時は「朝日火災(ASAP/PAP)」の見積も取ると良いですよ〜”安い”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は生命保険から少し横道にそれて・・・「自動車保険

記事を読む

アフラックが「医療保険」の保険料を近々”かなり安く”するらしい。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアフラックの医療保険「ちゃんと応える医療保険 E

記事を読む

アフラックの「新しい医療保険」間もなく発表か!?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は新年最初の情報配信ということで、アフラックの医療

記事を読む

8月からファンド規制・ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」の

記事を読む

10月2日販売開始〜損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「低解約返戻金型長期定期保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は10月2日販売開始「損保ジャパン日本興亜

記事を読む

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

5月2日販売開始〜オリックス生命の三大疾病保険「特定疾病保障保険With(ウィズ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は5月2日販売開始、オリックス生命の「特定疾病保障

記事を読む

ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」1月から値上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はソニー生命「バリアブルライフ」値上げのお話した

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑