オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

ソニー生命の「米ドル建終身保険」〜30歳男性ランキング2位

公開日: : 最終更新日:2016/10/26 保険商品

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

2015年11月現在で、30歳男性が最も返戻率(年金総額÷総支払保険料)の高くなる米ドル建終身保険ランキング2位ソニー生命の「米ドル建終身保険」について今日はお話したいと思います(2016年10月現在ランキング3位)

米ドル建の終身保険はソニー生命の他にメットライフ生命、ジブラルタ生命、マスミューチュアル生命、プルデンシャル生命などで取扱が有ります。

 

30歳男性で、保険金額250,000ドル(3,000万円)、保険料払込期間60歳とした場合、月払保険料342.75ドル(41,130円)で60歳時の返戻率(解約返戻金額÷総支払保険料)112.1%となり、同条件では返戻率が2番目に高くなります。保険金額が小さい場合などによっては1番条件が良くなることがありますので、加入の際は比較が必要です。(*1ドル120円換算)

 

では、商品内容です。

米ドル建て終身保険

保険の仕組み自体は円建ての終身保険と同じで、基本的にはこれが単純に米ドル建てになっているだけです。運用は米ドル建の債券を中心にしていますから日本の円建終身保険よりも米ドル建終身保険の方が予定利率は高くなっています。ソニー生命のこの米ドル建終身保険の予定利率は3.0%で円建ての終身保険が各社1.0〜1.5%程度ですからけっこう高いですね。

ただし、円建ての終身保険でよくみられるような保険料払込免除(P免)は残念ながら付けることができません。

*「保険料払込免除・P免」とは?

 

保険期間は終身で、契約可能年齢と保険料の払込は下図の通りです。

スクリーンショット 2015-05-01 16.01.49

保険料は米ドルの保険料をその時の為替レートで円に換算して支払います。ですから、月払いであれば毎月の保険料は為替レートで違ってきます。円高になれば保険料は安くなりますし、円安になれば保険料は高くなります。

通常はこの毎月の保険料が”高くなる”、”安くなる”ことを、契約の際はあれやこれやといろいろ考えるのですが、円安になって支払う保険料が高くなったということは死亡保険金も解約返戻金も円換算すれば高くなっています。逆に円高で支払保険料が安くなれば、死亡保険金と解約返戻金も少なくなっているわけですから、毎月の支払保険料のことだけではなくトータルで考えて下さい。

また、死亡保険金や解約返戻金については米ドル、円のどちらでも受取ることが可能です。

いずれにしても、現在日本で販売されている利率の良い米ドル建終身保険ですら、30年かけてわずか19%しかプラスになりません。円建ての終身保険でも同程度の返戻率ですから、利回りだけ考えるのでであれば、もはや米ドル建である必要はありません。

では、米ドル建の保険の必要性とは何か?

 

それは通貨の分散です。そして、このようなドル建ての商品に必ずついてまわるのは「為替リスク」ですね。

これまで、何回かこのブログでも円だけで資産を持っていることのリスクについてはお話しましたので、

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

皆さんにはご理解頂けているかと思いますが、私の保険マンとしての経験で言うと

円が1ドル=70円の頃は

ーもっと円高になるかもしれないから、ちょっと…

円が1ドル=100円の頃は

ーこんなに円安になってしまうと、ちょっと…

こんな方が多かったです。

ーじゃ、いつなら良いの?

と、ツッコミたくなりました(しないですけどね)

 

結局いつまでたっても資産はすべて「円建て」

円が高くなるのか?安くなるのか?そんなことは誰にもわかりません。わかっていたら大金持ちですね。しかし、日本の財政状況”台所事情”が良いか悪いかは皆さんご存知のはず。すなわち、円資産だけであることがこれからはリスクになります。ですから、通貨の分散が必要なわけですね。

*「分散投資」と「ポートフォリオ」

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 

「円高で損をした」「円安で儲かった」ということではなく、一部を外貨で持ち、資産・通貨を分散しておくことが重要だということです。まとまった資金がない方であれば、毎月少しづつ外貨に替えていけば良いのです。

米ドルで資産の一部を保有することの重要性はわかったけれど、とはいっても運用利回りはより良い方がいいに決まっています。それには「海外生命保険」や「海外積立年金」「海外個人年金」です。同じ米ドル建でありながら、仕組みの多様性やパフォーマンスがまったく違います。ぜひ入門書を参考にして下さい。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 15年後に140%(元本+40%)が保証
  • 毎年5%の固定金利
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

関連記事

手数料も高いので売れてます!チューリッヒ生命「終身ガン治療保険プレミアム」「3大疾病保険プレミアム」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はチューリッヒ生命のがん保険「終身ガン治療保険プ

記事を読む

住友生命の個人年金保険「たのしみワンダフル」〜30歳女性ランキング1位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2016年10月現在で、30歳女性が最も返戻率(年金受

記事を読む

6月22日商品改定〜アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は6月22日に商品改定のアフラック「ちゃんと応える

記事を読む

日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「個人型確定拠出年金(401K)」についてお話

記事を読む

シリーズ資産形成【最終回】アクサ生命の変額保険「ユニット・リンク」は投資商品?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は4回に渡るシリーズでお話した「資産形成」の総括・

記事を読む

火災保険料を「タダ」にする!?朝日火災の「スーパージャンプ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は生命保険ではなく損害保険のお話をちょっとだけ。「

記事を読む

9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命から2015年9月1日に販売開始された

記事を読む

「引受緩和型医療保険」の最新情報(2015年2月)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は引受緩和型医療保険の情報を提供させて頂きます。&

記事を読む

究極の相続対策「米国生命保険・設計書」公開

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は米国某保険会社の「無解約返戻金一時払終身保険」に

記事を読む

メットライフ生命の終身医療保険「Flexi(フレキシィ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、メットライフ生命の終身医療保険「Flexi(フ

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑