オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

メットライフ生命の「米ドル建IS終身保険」〜30歳男性ランキング3位

公開日: : 最終更新日:2016/10/26 保険商品

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

2015年11月現在で、30歳男性が返戻率(年金総額÷総支払保険料)の高くなる米ドル建終身保険ランキング3位・メットライフ生命の「米ドル建IS終身保険」について今日はお話したいと思います(2016年10月現在ランキング外)

IS終身保険(Interest Sensitive)とは、固定利率とは異なり積立利率が変動するタイプ終身保険です。

 

米ドル建の終身保険はメットライフ生命の他にソニー生命、ジブラルタ生命、マスミューチュアル生命、プルデンシャル生命で取扱が有ります。

30歳男性で、保険金額250,000ドル(3,000万円)保険料払込期間60歳とした場合、月払保険料362.25ドル(43,470円)60歳時の返戻率(解約返戻金額÷総支払保険料)109.9%となり、第1位ジブラルタ生命第2位のソニー生命に次ぐ返戻率ですが、40代、50代の方でしたらソニー生命の米ドル建終身保険よりもメットライフ生命の返戻率の方が高くなります。*1ドル120円換算

 

保険の仕組み自体は円建ての終身保険と同じで、基本的にはこれが単純に米ドル建てになっているだけです。運用は米ドル建の公債券を中心にしてます。日本の円建終身保険の予定利率が各社1.0〜1.5%程度ですから、それに比べると米ドル建終身保険の方が予定利率は高くなっています。

メットライフ生命のこの米ドル建IS終身保険の特徴は予定利率3.0%を最低保証し、運用成果によってはこの積立利率を上回ります。この利率は毎月見直されていて、契約から10年間は加入時の利率が最低保証され、10年後に利率の見直しが行われます。固定利率の商品に比べるとインフレに対応した商品設計になっています。

 

イメージがこちらです。

ISWL_USD

 

保険期間は終身で、契約可能年齢と保険料の払込は下図の通りです。

スクリーンショット 2015-06-23 12.29.43

 

保険料は米ドル建ですが、円で支払うことも可能で、その場合は米ドルの保険料をその時の為替レートで円に換算して支払います。

ですから、月払いであれば毎月の保険料は為替レートで違ってきます。円高になれば保険料は安くなりますし、円安になれば保険料は高くなります。

通常はこの毎月の保険料が”高くなる”、”安くなる”ことを、契約の際はあれやこれやといろいろ考えるのですが、円安になって支払う保険料が高くなったということは死亡保険金も解約返戻金も円換算すれば高くなっています。逆に円高で支払保険料が安くなれば、死亡保険金と解約返戻金も少なくなっているわけですから、毎月の支払保険料のことだけではなくトータルで考えて下さい。

また、死亡保険金や解約返戻金については米ドル、円のどちらでも受取ることが可能です。

いずれにしても、現在日本で販売されている最も利率の良い米ドル建終身保険で、30年かけてわずか19%しかプラスになりません。円建ての終身保険でも同程度の返戻率ですから、利回りだけ考えるのでであれば、もはや米ドル建である必要はありません。

では、米ドル建の保険の必要性とは何か?

それは通貨の分散です。そして、このようなドル建ての商品に必ずついてまわるのは「為替リスク」ですね。

これまで、何回かこのブログでも円だけで資産を持っていることのリスクについてはお話しましたので、

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

皆さんにはご理解頂けているかと思いますが、私の保険マンとしての経験で言うと

円が1ドル=70円の頃は

ーもっと円高になるかもしれないから、ちょっと…

円が1ドル=100円の頃は

ーこんなに円安になってしまうと、ちょっと…

こんな方が多かったです。

ーじゃ、いつなら良いの?

と、ツッコミたくなりました(しないですけどね)

結局いつまでたっても資産はすべて「円建て」

円が高くなるのか?安くなるのか?そんなことは誰にもわかりません。わかっていたら大金持ちですね。しかし、日本の財政状況”台所事情”が良いか悪いかは皆さんご存知のはず。要は分散です、通貨の分散。

*「分散投資」と「ポートフォリオ」

米ドルで資産の一部を保有することの重要性はわかったけれど、とはいっても運用利回りが良いに決まっています。それには米国生命保険です。同じ米ドル建でありながら、仕組みの多様性やパフォーマンスがまったく違います。ぜひ入門書を参考にして下さい。

海外生命保険入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の金利が低く、手数料が高く(保険マンや接待費に支払っている)、利便性も低い保険に入っている方のために、米国生命保険をわかりやすくまとめました。

  • 解約返戻金が高い
  • 死亡保険金も高い
  • 手数料が低い
  • 利便性が高い(保険料が支払えない時はスキップできる)

生命保険に入りたい方はぜひご覧ください

ちなみに私(現35歳)が保険に100万円加入すると、私が死亡した時に1.1億円出てきます。明日にでも。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

↓↓↓↓↓

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

にほんブログ村

関連記事

10月2日販売開始〜損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「低解約返戻金型長期定期保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は10月2日販売開始「損保ジャパン日本興亜

記事を読む

10月1日販売開始〜フコク生命 一時払終身保険(告知不要型)「スマートAge」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月1日から販売開始、フコク生命 告知不要型

記事を読む

11月2日販売開始 東京海上日動あんしん生命の収入保障保険「家計保障定期保険NEO(就業不能保証プラン)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は11月2日販売開始、東京海上日動あんしん生命の

記事を読む

シリーズ資産形成【最終回】アクサ生命の変額保険「ユニット・リンク」は投資商品?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は4回に渡るシリーズでお話した「資産形成」の総括・

記事を読む

2017年4月〜取扱開始『海外個人年金』(無料入門書もできました)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『海外個人年金』についてお話したいと思います。こ

記事を読む

持病があってもOK!アクサ生命の限定告知型定期保険「OKライフ」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、アクサ生命の限定告知型定期保険「OKライフ」に

記事を読む

東京海上日動あんしん生命の収入保障保険「家計保障定期保険(就業不能保証プラン)」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は東京海上日動あんしん生命の収入保障保険「家計保

記事を読む

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、なぜ「ユニット・リンク」に加入してはいけない

記事を読む

医療保険を「タダ」にする!?メットライフ生命の「リターンズ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、私が当時わりと好きだった医療保険「リターンズ」

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑