K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「72の法則」とは?

公開日: : 最終更新日:2016/06/27 ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「72の法則」について少しお話します。

知ってる人は知ってますし、知らない人はまったく知らないですね。当たり前か(笑)

 

これは元本が2倍になるために必要な年数を割り出すための複利の法則です。

 

assets72

この法則にしたがって計算すると、金利7%の時代であれば元本は約10年で倍になります。

実は高度成長期後の1970年〜1980年代に日本でもこのような高金利の時代がありました。

ですから、特にお金の勉強などしなくても

 

一生懸命働き

ひとつの企業に務め上げ

年金保険料を納め

それなりの退職金を手にする

 

多くの人がこんなライフスタイルで、老後生活は約束されたような時代です。

これが良いとか悪いとかの話ではなく、誰しもがそうゆう時代でした。

そのせいもあってか、日本では”お金”のことを話題にするのをあまり美徳とはしない文化ですので、私達日本人は”お金の勉強”などしてこなかったため、先日のブログにも書いたように「金融リテラシー」が極めて残念な結果となっているわけです。

 

お金の勉強する”暇”があるくらいなら一生懸命働け

そんな時代ですね。

615 women men work shutterstock nmedia

しかし、現在の日本の状況はどうでしょう?

終身雇用?

ーかなり減ってますね

退職金?

ーアテになりません

そして、8割以上の人が老後に不安を感じながらも、

「何をどうしたら良いのかわからない」

よくわからないから、ただ漠然と自分の資産のほとんどをこれだけの低金利の日本の銀行に預入れています。

 

現在のような定期預金金利0.2%くらいのの金利であれば、元金が倍になるのに360年という年月がかかります。1655年江戸時代初期に預けたお金が2015年の今、元金が倍になって満期を迎えるわけです。

いかがですか?これが日本の金利です。

 

為替がリスク(危険)

外貨がリスク(危険)

この”恐ろしいほど”の「低金利」と「預金封鎖」や「デノミネーション」の不安が少なからずある「日本という国」の、「日本の銀行」に、「日本円」で預けていること、どっちがリスク(危険)か?

分散投資をお早めに

ちなみに「114の法則」は”元金が3倍”の計算式です。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「生活設計に関するデータ」〜介護編【各種データ・費用】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は最

記事を読む

それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。このブログでも何度となく「資産の一部は外貨で持ちましょ

記事を読む

掛金全額所得控除「確定拠出年金(401K)」の税効果について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)の税効果」についてお

記事を読む

「オススメの保険は何ですか?」と質問される方にする「私からの質問」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「オススメの保険」について少しお話したいと思いま

記事を読む

『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「インフレ」についてお話していきたいと思います。

記事を読む

シリーズ資産形成【最終回】アクサ生命の変額保険「ユニット・リンク」は投資商品?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は4回に渡るシリーズでお話した「資産形成」の総括・

記事を読む

シリーズ資産形成 【第1回】将来について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日から数回にわけ、ちょっと”紙芝居”的な感じ

記事を読む

保険屋さんの屁理屈@あるある

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『保険屋さんの屁理屈@あるある』についてお話した

記事を読む

電話無料相談・面談相談サービスも行っています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、弊社K2に新たに保険アドバイザーがスタッフの一

記事を読む

それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】②

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も前回に引き続き、根拠となるデータを元に【外貨を持

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑