オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

全額損金の保険はまだまだあります(経営者向け)

公開日: : 最終更新日:2017/11/10 保険商品

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『全額損金(全損)の保険についてお話したいと思います。

 

全額損金の保険

「損金の保険」とはつまり、経費として認められる保険です。サラリーマンの方でしたら接待費とかを「経費で落とす」って言いますよね?それと同じです。

個人の保険契約では「損金」という概念がないので、わからない方もいらっしゃると思いますが、会社を持っている方でしたらご存知の通り、保険には「損金」が認めらる商品とそうでないものがあります。

*「法人で加入する保険」保険を使った節税とは?

 

この「損金」の保険には

 

・全額損金(支払った保険料が全額経費で認められるもの)

・1/2損金(支払った保険料の半分が経費で認められるもの)

・1/3損金(支払った保険料の1/3が経費で認められるもの)

・1/4損金(支払った保険料の1/4が経費で認められるもの)

 

が、あります。

この仕組を全額損金の商品を例にわかりやすくザックリと説明すると

 

◯毎年の利益が1,000万円有る企業が保険に加入していなかった場合

1年目利益:1,000万円・・・法人税350万円・・・会社に残るお金は(1,000ー350=650万円)

2年目利益:1,000万円・・・法人税350万円・・・会社に残るお金は(1,000ー350=650万円)

3年目利益:1,000万円・・・法人税350万円・・・会社に残るお金は(1,000ー350=650万円)

*会社にある現金:650万円✕3=1,950万円

 

◯毎年の利益が1,000万円有る企業が年払1,000万円の全額損金の保険に加入していた場合

1年目利益:1,000万円・・・1年目保険料:1,000万円(全損)・・・法人税なし・・・会社に残るお金は(1,000ー1,000=0)

2年目利益:1,000万円・・・2年目保険料:1,000万円(全損)・・・法人税なし・・・会社に残るお金は(1,000ー1,000=0)

3年目保険料:100万円・・・2年目保険料:1,000万円(全損)・・・法人税なし・・・会社に残るお金は(1,000ー1,000=0)

*支払保険料総額:3,000万円:会社にある現金:0

 

ってことで、手元にはこの状態ではゼロですが、この保険を解約すると解約金が戻ってきます。

*解約返戻金:2,400万円

 

どうですか?

3年間、何も対策していなければ1,950万円の現金だったのが、この保険に加入していたことで、3年後に2,400万円になりました。

*2,400÷1,950=123.1%

の効果があったわけですね。これを

実質返戻率

と、言います。

 

この損金の保険、特に全損商品には長い歴史がり、過去には「がん保険」を従業員全員が加入するなどの一定要件を満たすことで全損が認められていたのが、払込期間中の解約返戻金があまりにも大きい商品が乱発され、その節税効果の高さから多くの企業がこの契約をしたこともあり、当局から”これはけしからん”ってことで、2012年4月27日以降の新契約からは「がん保険」は1/2損金として経理処理することに改正されました。もちろんそれまでの契約には遡及されず、あくまでも新契約に関してです。

 

それ以外の商品でも、この数十年の間には同様に

・ある保険商品が販売される

・節税スキームでいけそうな点を(時にトリッキーに)保険屋さん達が探し出す

保険屋さんが節税効果をウリにたくさん売る(契約する)

・当局から目を付けられ、やがて全損を否認されて1/2損金とかになる(または損金にできなくなる)

 

といった「イタチごこっこ」のようなことがいくつかありましたが、現在の損金のルールは保険種類によって以下の通りです。

 

◯定期保険

・全額損金:保険期間満了時が70歳以下、または(保険加入年齢+保険期間×2)≦105

・1/2損金:保険期間満了時が70歳を超え、かつ(保険加入年齢+保険期間×2)>105

 

◯逓増定期保険

・全額損金:保険期間満了の年齢が45歳以下

・1/2損金:保険期間満了の年齢が45歳超え(1/3、1/4に非該当)

・1/3損金:保険期間満了が70歳超え、かつ加入時年齢+(保険期間×2倍)>95歳

・1/4損金:保険期間満了が80歳超え、かつ加入時年齢+(保険期間×2倍)>120歳

 

その中で、特に返戻率の高い全損商品であれば

◯定期保険

・NN生命:生活障害定期

・マニュライフ生命:Prosperity(プロスペリティ)定期保険

・日本生命:傷害保障重点期間設定型長期定期保険(プラチナフェニックス)

・AIG富士生命:生活障がい定期保険

*法人向け全額損金の商品ならこれ〜AIG富士生命「生活障がい定期保険」2016年3月発売

・東京海上日動あんしん生命 :災害保障期間付定期保険

*2017年10月17日販売開始〜東京海上日動あんしん生命 「災害保障期間付定期保険」

 

◯逓増定期保険

・東京海上日動あんしん生命:低解約返戻金型逓増定期保険(E型)

 

などが代表的なところです。

いずれも、契約年齢や各条件にもよりますが

単純返戻率:80%以上

実質返戻率:120%程度

のパフォーマンスになっています。

 

全損の保険はもうなくなった

どうせい”イタチごこっこ”だ

 

と、思っているようでしたら、その情報は少し古いか、間違っていますから最新の情報をアップデートしておいて下さい。

 

特に、税理士さんの中には

保険はキライだから

という理由で、保険のことはまったくアップデートすることも、そもそもする気もなく、もちろんクライアントさんに説明も提案もしない方がいます。

もし、皆さんの中で顧問税理士の方がこのようなタイプの方でしたら、変えられた方が良いと思います。

なぜならそれは

担当の税理士さんが「保険がキライ」なだけで、情報も判断するチャンスすらも与えられていないから

 

もちろんこのようなスキームも、メリット・デメリットがあるわけですが、選択肢のひとつとして

 

『今期上がった利益を節税するためにこんな方法(保険)もあります

メリットは。。。。ですが、デメリットは。。。。』

 

その説明の上で判断するのは経営者自身であるべきです。担当顧問税理士さんの個人的な判断で話すら聞くチャンスが与えられていないというのは、少し違うのではないかと思います。ましてや、経営者は税理士さんにお金を支払っているわけですからね、その情報すら提供していないというのは顧問税理士としていかがなものかと私は思っています。説明してから言えば良いんです「私は保険というスキームを使った節税はキライですけどね」と。

経営者の皆さんいかがですか?

見分ける方法としては、利益が出ている時に節税の対策方法や、その方法のひとつに「保険」といスキームもあるという話を一度も聞いたことがないようでしたら要注意です。

 

Point

法人個人問わず、皆さんにとってのアドバイザーが、どのような情報やアドバイスを提供してくれるか、くれないかによって、その後のご自身の資産に大きく影響します。

いつでもお気軽にご相談下さい(無料です)
 

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

三井住友海上あいおい生命の収入保障保険「&LIFE 総合収入保障保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は三井住友海上あいおい生命の収入保障保険「&LI

記事を読む

メットライフ生命の終身医療保険「Flexi(フレキシィ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、メットライフ生命の終身医療保険「Flexi(フ

記事を読む

チューリッヒ生命の終身医療保険「終身医療保険プレミアムDX」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はチューリッヒ生命の終身医療保険「終身医療保険プ

記事を読む

最近CMで見る『iDeco(イデコ)』でもあなたの元にセールスに来る人はいない(多分)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「iDeco(イデコ)」のお話をしたいと思いま

記事を読む

3月22日販売開始〜アフラックの緩和型医療保険「ちゃんと応える医療保険 やさしいEVER」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は3月22日販売開始、アフラックの緩和型医療保険「

記事を読む

2月20日商品改定〜アフラックの収入保障保険「GIFT」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2月20日商品改定のアフラックの収入保障保険「G

記事を読む

米国の生命保険「すごい!」

    皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 突然ですが…私が皆さんに

記事を読む

確定拠出年金法改正「主婦と公務員も個人型確定拠出年金(401K)に加入できます」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「個人型確定拠出年金(401K)」についてお話

記事を読む

7月1日発売・マニュライフ生命の外貨建「こだわり個人年金保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、7月1日に販売開始となったマニュライフ生命の外

記事を読む

オリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief W(リリーフ・ダブル)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はオリックス生命の死亡保障付医療保険「Relief

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑