ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「法人で加入する保険」保険を使った節税とは?

公開日: : 最終更新日:2015/12/22 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は法人の保険を使った節税について少しお話したいと思います。

*「個人保険」「法人保険」とは?

 

保険に携わる人達はもちろんのこと、会社を経営されていたり、会社の経理・税務の担当の方、または税理士の方々は知っている仕組みですが、一般の方々には法人の保険を使った節税と言われてもいまいちピンと来ないですよね?

いきなりマニアックな説明をしてもわかりにくいと思いますので、今回はなるべく簡単に説明していきます。

「あぁ〜、だから会社でこんなに高額な保険契約をするんだぁ」と、理解して頂ければと思います。

 

会社には様々な経費が損金として認められています。

一番、わかりやすく簡単なのは交通費ですね。

仕事でお客さんのところへ移動した際の電車賃や、出張であれば飛行機代やホテル代です。よく”経費で落ちる”って言いますね。

そして、その経費の一つとして「ある一定の要件を満たした保険」も損金にすることが認められています(全額が損金だったり、保険料の1/2や1/3が損金など、いろいろあります)

ある一定の要件についてはここでは省略しますが、その要件を満たした保険には節税効果があり、企業はこれを上手に利用しています。

 

例えば、平成21年〜平成25年の5年間、年払1,000万円の保険に加入していた場合としていなかった場合で比較してみます。

ここでは法人税(簡単に言うと会社の利益に対する税金です)率を35%として計算します。

保険未加入のケース

平成21年の会社の利益1,000万円に対して35%の法人税がかかると、手元に残る会社のお金は

1,000ー(1,000✕35%)=650万円

同様のことをあと4年続いたとします。平成、22年、23年、24年、25年、トータルで5年間累積されると

650✕5=3,250万円になります(この間の資産運用等による金利はなかったとして)

会社は法人税を5年間で350万円✕5=1,750万円支払い、手元に3,250万円があるわけです。

 

年払1,000万円の「経費で認められる保険」に加入していたケース

平成21年の会社の利益1,000万円を、経費(損金)で落とせる保険に保険料1,000万円を支払います。これで会社の利益はゼロ

利益がゼロですから法人税もゼロ、ただし保険料1,000万円を保険会社に支払いましたから会社の手元に残るお金もゼロです。

同様に、22年、23年、24年、25年、この5年間で法人税もゼロですが、手元にもお金はありませんね。

しかし、会社はこの保険を解約します。

すると、保険会社から4,000万円の解約返戻金が入ってきます。

 

おわかりになりますね?

利益をそのままにしていたら5年後に3,250万円だったのが保険に加入したことで、5年後に4,000万円になったわけです(その間はキャッシュはありませんでしたが)

通常の個人で加入する保険では5,000万円支払った保険料が解約して4,000万円であれば【4,000÷5,000=80%】の返戻と言いますが、正確にはこれは「単純返戻率」と言い、法人の場合この【4,000万円÷3,250万円=123.1%】を「実質返戻率」と言っています。

個人で加入した場合の保険では元本割れですが、法人は何も対策しなければ税金で取られていたことを考慮すれば123.1%の効果があったということになります。

ただ、実際にはこの解約返戻金4,000万円をそのまま受取っただけではこの4,000万円に対し法人税35%が掛かってしまい、それでは単なる税の繰延にしかならないので、企業はそうならないよう次の手を打ちます。一番よくあるパターンはこの4,000万円を社長や役員の退職金として支給しましょうというものです。

また、利益が出ていない会社はそもそも法人税を納めることはないですから、この節税プランはあくまでも黒字企業を前提としています。

*法人の役員退職金プランでよく使われる「長期平準定期保険」とは?

 

さて、いかがでしたか?何となくご理解頂けましたか?

日本は所得税率もそうですが、法人税率も他の国に比べると高いと言われ、会社はその高い税金をできれば少なくしたいと考えています。そのため、このような保険の仕組みを利用し節税をしているわけです。

ただ、日本も今後この法人税率を最終的には20%台まで引き下げる方向となっていますから、もしかすると今後はこの節税効果の魅力は少なくなるのかもしれません。

いずれにしても、これらの保険を使った節税プランは業界の方々はもちろん、経営者の方も今後の税制と合わせ注視していく必要がありそうです。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

損保でも貯蓄性商品は販売停止へ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は損害保険関連のお話です。 以前、ブログ

記事を読む

アクサ生命「ユニット・リンク」と、あんしん生命「マーケットリンク」を比較する

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」と2017年8月2

記事を読む

「預金封鎖」と「デノミネーション」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はこのブログでも度々出てくる「預金封鎖」という言葉

記事を読む

保険業界は「紙」だらけ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険業界は紙だらけ」についてお話したいと思いま

記事を読む

今後、成績優秀者の「海外表彰・研修」は減る(というより無くなる)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「成績優秀者の海外表彰(研修)」ついてお話しよう

記事を読む

実は「海外積立年金」をやっている保険屋さんも多い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「海外積立年金」をやっている保険屋さんが多いこ

記事を読む

保険会社の退職金@週刊ダイヤモンド(2016.10.22号)から

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険会社の退職金」について少しお話したいと思い

記事を読む

すべての支払を『クレジットカード』にして、年に1回ハワイ無料航空券

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『すべての支払をクレジットカード』についてお話し

記事を読む

こりゃヒドイ「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」につい

記事を読む

そもそも「生命保険」って?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。これから生命保険を語っていく上で、そもそも保険という商

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑