K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

相談事例:明治安田「NewグランドスラムEタイプ」保険見直し中でいろいろと見ています(45歳 男性 会社員)

公開日: : 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

加入中の「明治安田生命」の保険の見直しを相談頂きました。

「明治安田」。。。やはりあの”悪名高い商品”に加入されていましたので、早急に見直したほうが良いですね。

せめて”転換”をされていないことを願うばかりです。

 

【質問】

45歳 会社員

□家族構成(ご家族、それぞれの年齢)

妻:48歳

子:16歳

 

□現在加入中の保険

明治安田  NewグランドスラムEタイプ

明治安田  個人年金

 

□その他

保険見直し中でいろいろと見ています。現在の保険で無駄をやめて新たに医療(掛け捨て)と終身(ドル建て)を加入したいおもってます。

 

【回答】

現在加入中の保険 明治安田(NewグランドスラムEタイプ) 明治安田(個人年金)

現在加入されている明治安田生命「NewグランドスラムEタイプ」は当時、日本の大手生命保険各社から販売され一世を風靡した「定期特約付終身保険」と呼ばれる”悪名高き”保険ですので、これについてはお早めに見直すと良いですね。

個人年金保険は、加入した年によっては「お宝保険」と呼ばれるようなものかもしれませんので、その場合はそのまま継続する方が良いものもあります。

*「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

*ご注意ください!!保険の下取り「転換」とは?

 

提案されている保険を含め、現在加入中の保険をより詳しく分析、アドバイスをご希望の場合は『証券分析』をオススメします。保険の契約数にかかわらず、まとめて3,000円で承ります。 

※証券分析お申込みはこちら(3,000円/回)

*過去の証券分析事例一覧

 

保険見直し中でいろいろと見ています。現在の保険で無駄をやめて新たに医療(掛け捨て)と終身(ドル建て)を加入したいおもってます

まず、医療保険やがん保険などの医療系の保険については、本当に加入が必要かどうか?日本は高額療養費制度という社会保障制度があり、◯◯さんのお勤めされている会社の福利厚生が充実している場合がありますので、まずはそちらを確認してみて下さい。保険は損得だけのことではありませんので、医療保険やがん保険に加入していたことで“本当に良かった”という方もいらっしゃいますが、ただでさえ、国の制度によって強制的に毎月保険料を支払っているわけですから、これに加えて民間の保険会社の医療保険に加入するのであれば、それらも踏まえて検討して下さい。医療保険やがん保険は保険会社の非常に儲かる商品で、確率論ではありませんが、殆どの方が支払うよりも受取る金額の方が少なくなっています。 

*医療保険って必要?「高額療養費制度」とは?

 

◯◯さんに「どのような保険」が「どのくらいの期間」「どれくらいの保障額」が、必要なのか?状況をもう少し詳しく伺いませんと判断は難しいのですが、生命保険は「必要な保障」に「必要な保障金額」「必要な期間」で加入するのが、一番”ムダ”を少なくする方法です。保険加入の前段階として、ご自身で下記のリスクに対して、どのような保険への加入優先順が高いのか検討してみて下さい。

 

・死亡保障

・医療保障

・老後資金

・学資資金

・3大疾病(がん・心筋梗塞・脳卒中)

・介護

・就業不能

・相続対策(相続税納税対策)

 

更に、毎月の支払に充てられる上限金額を計算してみて下さい。

これらがわかれば、”どれを優先すべきか”が見えてきます。

今回「ドル建終身保険」もご検討のようですが、終身保険は保障にプラスして「お金を殖やす」という機能が一部ありますが、これはあくまでも死亡保障の付いた「保険」で、保険以外の何ものでもありません。「保険」という機能に一部、「運用」という機能が付いているものですから、毎月の保険料から死亡保障としてのコストとしてが差引かれ、残りが貯蓄(運用)に回ります。もし、死亡保障が必要な場合は「収入保障保険」や「定期保険」で準備し、この「ドル建終身保険」加入にあたり、老後資金など「お金を殖やしたい」という目的も兼ねていらっしゃるのであれば「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」で分けて考えたほうが、よりお金を殖やすことが出来ます。

私はブログなどでもよく書いていますが「貯蓄」はすべての万能薬となると考えています。しかし、現在の超低金利下の日本では残念ながらお金を殖やすことが出来ませんから、お金を殖やす目的では「海外積立年金」をオススメします。

*「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

*「貯蓄」は全ての”万能薬”

 

Point

現在加入している保険に”ムダ”を感じ、見直そうと検討してる商品が、またまた”ムダ”の多い選択になってしまってますね、残念ながら。。。
それもそのはずで、保険を売りたい人に相談をすれば、こんな提案になってしまうものです。
どの答えが正しく、何が間違えというものはありませんから、どの提案を善しとするかはもちろん皆さんの自由です!
 
 
わからにことはお気軽にご相談下さい。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:プルデンシャルジブラルタ生命のドル建終身保険に入っています(30代 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:メットライフのプランナーに「サニーガーデンEX豪ドル建」「ドルスマート」を勧められました(42歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:3月の改正前にオリックス「ライズ」に一括で入ろうかと思っていますが利回りの悪さに躊躇しています(37歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在加入している保険の見直しを考えています(45歳 サラリーマン 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に診断依頼を受けたお客様の事例を紹介したいと

記事を読む

相談事例:マニュライフ生命「こだわり個人年金」に加入したが疑問を感じwebで調べていたところ御社記事を拝見しました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:法人契約の海外生命保険で全額損金、元本保証の商品があれば教えてください。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回は相談依頼頂いた方の事例を紹介したいと思い

記事を読む

相談事例:3000万円を低リスクで殖やしたい。検討している保険はどうでしょうか?(34歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:本当?保険設計する上で既契約を知らずに設計すると法律違反になると言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:今後の日本の状況を勘案し、外貨をもつことを検討しております(40代 女性 会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:『ほけんの窓口』で見直したがこれでいいのか?不安です(33歳 女性 会社員)

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思いま

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑