K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「貯蓄」は全ての”万能薬”

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「貯蓄はすべての万能薬」についてお話したいと思います。

 

「保険」は”万が一”の時のもの

一般的に保険というのは「万が一」の時のためのものです。

「万が一、亡くなった時」

「万が一、病気になってしまった時」

「万が一、働けなくなってしまった時」

などなど、こんな時のためのものが「保険」です。そして、その意義目的に関して言えば、相互扶助の観点からも広く社会性の高い商品であり、必要不可欠なものであることは言うまでもありませんし、それを否定する気もありません。しかし、これらの「万が一」の時のことは確率論だけでの話ではありませんが、やはり確率も考慮して優先順位を決める必要があると考えています。

*「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

 

「貯蓄」は全ての”万能薬”

特に若い方は死亡や入院のための保障が「不要」というわけではありませんが、それよりも「貯蓄」、お金を殖やすことの方が、特に今の時代は優先順位として高いと私は考えています。ある程度の蓄えが出来ていれば、

入院などの場合は医療費や所得の補填

結婚する時は結婚費用

お子さんができた時は学資費用

家を購入する時はマイホーム頭金

収入が途絶えた時は所得の補填

老後は老後資金

亡くなった時の葬式代

などなど、挙げていけばキリがないほど、いかなる理由としても充てることが出来る”万能薬”です。保険にばかり優先順位を上げるのではなく、できる金額からシフトしていきましょう。

 

金融資産なし世帯30.9%の現実

しかしながら、「家計の金融行動に関する世論調査 2016年結果」では

(二人以上世帯)

金融資産保有していない:30.9%(銀行等の預貯金口座、または証券会社等の口座に残高がない 13.0%)

(単身世帯)

金融資産保有していない:48.1%(銀行等の預貯金口座、または証券会社等の口座に残 高がない 14.4%)

という実態となっています。

*「お〜い、みんなぁ大丈夫ですかぁ〜?」金融資産なし世帯30.9%(2016年 家計の金融行動に関する世論調査)

 

時代の変化には意識の変化も必要

「万が一」の時の方がリスクが特に大きかったのは一昔前の話。老後のお金のことなどはあまり考えず、終身雇用で定年まで一生懸命働き、コツコツと定期預金でもしていれば「老後」が保証されていた時代のことです。しかしどうですか?皆さんもご存知のように今はまったく違いますね?ですから、その時、その時代に合わせて私達の思考も見直す必要があるのです。

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「生活設計に関するデータ」〜万一編【死因・必要生活資金・葬儀】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は万

記事を読む

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?②【保障額1,000万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、今日は昨日に引き続き”保障額(保険金)1,00

記事を読む

「医療保険」や「がん保険」は”終身払”が良い。アフラックの「がん保険」のあゆみ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「医療保険やがん保険は終身払が良い」その理由に

記事を読む

一生涯の医療保険を”タダ同然”で手に入れる方法@法人プラン

[contact-field label="名前" type="name" required="t

記事を読む

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

米国生命保険研修「インフレヘッジをしないファイナンシャルプランニングはNG」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日参加してきた米国生命保険の半日研修について

記事を読む

『児童手当』を使って学資準備

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『児童手当』についてお話したいと思います。&nb

記事を読む

自分達の都合で外貨預金をススメる日本の銀行の”えげつなさ”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「外貨預金をススメる日本の銀行」についてお話し

記事を読む

景気の良い実感がなくてもやっぱり身の回りは『インフレ』なんだよなぁ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はまた「インフレ」についてお話していきたいと思いま

記事を読む

定期保険の活用法(コンバージョン)〜その1「変換」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「定期保険の活用法(コンバージョン)」についてお

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑