K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

景気の良い実感がなくてもやっぱり身の回りは『インフレ』なんだよなぁ

公開日: : ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はまた「インフレ」についてお話していきたいと思います。

インフレとは簡単に言うと、物価が上がってお金の価値が下がることを言います。

 

 

これまで「インフレ」び関するお話は幾度となくこのブログでも紹介してきました。

*『インフレ率は0%』と設定している皆さんへ

*インフレ対応していなければ、あなたの保険は吹き飛びます

*”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

 

でも、ほとんどの方は”実感”なかったりしてますよね?

そりゃそうです、「賃上げ」なんてのは大企業のもので、多くの中小企業ではまだまだ行き届いてないでしょうし、あったとしてもごくわずかのことではないですか?どうでしょうか?中小企業にお勤めの皆さん?

新聞や報道ではさもや景気が回復傾向のような数字を並び立ていますが、これもどこまで本当何だか。どうせ、都合のよいフィルターをかけデータ抽出。。。いや、むしろ”ヤラセ”じゃないかと勘ぐっています。なんせ、いろいろ確信犯的に情報コントロルしてすからね。その最たる悪事が東日本大震災のよう気がします。

一方で、いろいろ値上げされている実感だけはありませんか?

公的なもので言えば社会保険料もそうですし、今年の6月からは郵便料金も値上がりします。身近なところでは食べ物に関しても総じて値段は上がっています。そして私が時々、例に挙げる『ディズニー』

東京ディズニーリゾート(TDR)を運営するオリエンタルランドは、4年ぶりに今年度の値上げは見送ったようですが、2014年4月以降、毎年4月に入園料を値上げしてきた。入園者数の頭打ちや節約志向で値上げは難しいと判断したようですが、やはり新聞やニュースで報じている世の中と実際は違うといことの現れのように思います。

「ディズニーランド 1Day Passport (1デーパスポート)」

・13年:6,200円

・14年:6,400円

・15年:6,900円

・16年:7,400円

 

しかし、最近「ハリー・ポッター」の効果もあって勢いのあるユニバーサル・スタジオでは2月から1日券「スタジオ・パス」を7,400円から7,600円に値上げ。これは8年連続で、東京ディズニーランドを再び上回ることになります。

 

というわけで、もちろん世の中には「値下がり」しているものもありますが、一般的には様々なものが「値上がり」をしていますし、今後もそうなっていくでしょう。

そんな中で、未だに多くの皆さんが好むのは「元本保証」「固定利率」の商品。資産の一部をこのような商品で持っておくこと自体は悪いわけではありませんが、「ほとんど全資産」を、たぶん多くの方が全部「元本保証」「固定利率」の商品で持っています。これはよろしくないですね。

 

 

すべての商品をインフレ対応するような「変額商品」にと言っているのでもありませんが、特に中長期にわたる資産形成においてはインフレ対応できる商品を組入るべきです。仮にインフレ率を2%だとすると、10年後に約18%、20年後には33%、30年後には45以上増えていなければ「実質元本割れ」になります。

 

そのためにも資産の一部は必ずインフレにも対応するようなものを組入れ、数十年後に

こんなはずじゃなかった

なんてことにならないようにしましょう。

そのためには。。。

やはり海外の商品が良いと私は思います。

*『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります



直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?①【月払2万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。先日、「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい

記事を読む

それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】②

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も前回に引き続き、根拠となるデータを元に【外貨を持

記事を読む

「保険証券分析サービス」のご案内

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険証券分析サービス」のご案内をしたいと思いま

記事を読む

2016年7月から「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳

記事を読む

「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険(メディカルキットR)」どっちが得か?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険

記事を読む

積立るなら1日でも早いほうが良い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「積立るなら1日でも早いほうが良い」その理由に

記事を読む

それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 このブログでも何度となく「資産の一部は外貨で持

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編②【教育・結婚・マイホーム】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は生

記事を読む

お金を銀行に預けておいただけで相続税がタダになる!?「プレミアムファイナンス」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、海外生命保険を活用した相続対策「プレ

記事を読む

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後破綻(破産)」に関するお話をしたいと思い

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑