オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「平均」で考えれば医療保険は本当に必要か?

公開日: : ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『医療保険』についてお話したいと思います。

 

医療保険

もはや説明する必要もないほど、皆さんにお馴染みの保険。入院や手術が主な保障対象で、特約で三大疾病の一時金や、通院、先進医療などがあります。

*「医療保険」「医療特約」「先進医療特約」とは?

 

で、この医療保険に加入希望する人が極めて多く、その理由はいくつかあると思っていて

1)毎日のように流れるCM

2)益々長寿化することでの将来の健康不安

3)入院などによる医療費用の不安(差額ベッド代、先進医療、などなど)

 

これらのことから、皆さんは

「もし、入院するようなことがあった時のために医療保険に入っておこうかなぁ」

と思うわけですね。

で、保険屋さんから話を聞くわけです。

そして多くの場合、こんなトークを聞かされるはずです。

「入院の平均日数はおよそ30日程度で、およそ50%くらいは10日以内です。また、自己負担の平均は1日約15,000〜20,000円ほどになっています」

*「生活設計に関するデータ」〜医療編①【入院実態・入院費用】

 

で、最近だとやっと「高額療養費制度」についても説明する保険屋さんも多くなってきているようで、

「一般的な収入の方(正確には標準報酬月額28万~50万円)であれば、月額約90,000円を超えた医療費は戻ってくるんですよ」

と説明してくれたりします。ちなみに、この説明をしないような保険屋さんとは今後お付き合いしないことをオススメします。

*本当に医療保険が必要?@「高額療養費制度」とは

 

おわかりのように、ここまで何かと言えば平均を例に、皆さんの不安を煽るわけですが、だったら

生涯平均入院日数にも説明するべきだ

と、思うんですよね。

 

確かに、平均では入院は30日程度で、平均自己負担額は15,000〜20,000円なんでしょう。でも、

一生涯で入院する平均日数は50日前後

(これ、意外と数字が公表されていないので、多少のバッファはあるかもしれませんが)

 

って、ことは

一生涯の平均入院日数50日✕1日平均自己負担額20,000円=100万円

 

 

実際には入院に手術が伴えば更なる負担増になるわけですが、いずれにしても平均で言うなら一生涯でのコストはこんな感じです。

そう考えるとやはり、医療保険は不要と言いませんが、過剰に不安視して加入するよりも「貯蓄」してお金を殖やしておいた方が良いのではというのが私の考え方です。

「貯蓄」は死亡、病気、就業不能、介護、すべての”万能薬”となると考えています。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その3です

記事を読む

週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス」を読んでみた

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は週刊ダイヤモンド「保険 見直すなら最後のチャンス

記事を読む

保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用意できちゃう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用

記事を読む

「住宅ローン」「保険」・・・固定のものが良いか?変動のものが良いか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日「確定・固定のもの」「不確定・変動なもの」につい

記事を読む

クイズ:「差額ベッド代」がかかるのはどのケースでしょう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「差額ベッド代」に関するお話です。 ま

記事を読む

2016年7月から「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳未満から50歳未満に拡大」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国民年金保険料納付猶予制度の対象年齢が30歳

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?①【月払2万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。先日、「外貨建の保険を案内するセールスは20%くらい

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜万一編【死因・必要生活資金・葬儀】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は万

記事を読む

過去の見直し事例:アカウント型保険加入(24歳会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は私が乗合代理店にいた時に保険の見直しのご相談を頂

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑