ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「生活設計に関するデータ」〜医療編①【入院実態・入院費用】

公開日: : 最終更新日:2016/09/16 ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

シリーズ「生活設計に関するデータ」

今日は医療編①です。

 

医療保険に関しては皆さんの関心も高く、何度となく「そもそも加入の必要があるか?ないか?」についてお話していますね。

それは契約者の多くが、支払う保険料より、受取る給付金のほうが少ないのが医療保険であり、保険会社にとっては非常に利益率の高い商品だからです。

ただでさえ、強制的に健康保険料を支払っている(払わされている)わけですし、最近ではそれすらも支払った保険料の方が多いのではないかとも言われています。

日本では高額療養費制度という社会保障ももありますし、ある程度の現金が預貯金で用意できていれば、医療保険は不要だと思います。保険は決して確率論だけではありませんが、その根拠=元になっているいろいろな医療に関するデータをご覧ください。

 

年齢別にみた入院の実態

・年齢階級別・入院受療率(対人口10万)

スクリーンショット 2015-08-14 16.06.55

*出典:厚生労働省「平成23年 患者調査」

*出典:総務省統計局「平成23年 10月1日現在推計人口(総人口)」をもとにセールス手帖社保険FPS研究所試算

このデータは例えば、25〜34歳の場合、10万人中280人が調査日当日に入院中であることを意味しています。

で、この数字を割り算してみます・・・

25〜34歳 0.28%

35〜44歳 0.33%

45〜54歳 0.54%

55〜64歳 1.01%

65〜74歳 1.71%

75〜84歳 3.51%

85歳以上 7.44%

 

・年齢別にみた推計退院患者の在院期間の構成割合

スクリーンショット 2015-08-14 16.07.07

*出典:厚生労働省「平成23年 患者調査」

 

皆さんがもし経営者だったとします。

赤字となる長期不良在庫があったらどうしますか?

長期入院患者は病院の経営上”赤字”になります

 

主要傷病別にみた入院の実態

・主要傷病別にみた入院受療率

スクリーンショット 2015-08-14 16.07.38

*出典:厚生労働省「平成23年 患者調査」

 

・傷病別にみた退院患者平均在院日数

スクリーンショット 2015-08-14 16.07.49

*出典:厚生労働省「平成23年 患者調査」

 

入院した際に発生する費用の実態

・入院1日あたりの自己負担額

スクリーンショット 2015-08-14 16.08.43

*公益財団法人生命保険文化センター「平成25年度 生活保障に関する調査」

 

・退院患者の在院日数の構成割合

スクリーンショット 2015-08-14 16.09.02

 

・1人部屋における1日あたりの差額ベッド代

スクリーンショット 2015-08-14 16.09.25

*出典:厚生労働省「平成26年 主な選定医療に係る報告状況」

 

・特別の療養環境の提供にかかわる1日あたりの自己負担額

スクリーンショット 2015-08-14 16.09.42

*出典:厚生労働省「平成26年 主な選定医療に係る報告状況」

 

生活習慣病による入院の実態

・生活習慣病の退院患者平均在院日数スクリーンショット 2015-08-14 16.59.43

次回は「生活設計に関するデータ」の医療編②です。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「死亡する確率」「老後を迎える確率」「入院する確率」どれを優先して保険をかけるべきか?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「死ぬ確率」「老後を迎える確率」「入院する確率

記事を読む

違い知ってますか?「単利」「複利」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「単利」と「複利」についてお話したいと思います。

記事を読む

保険セールスから「保険に入らないほうが良い」という選択肢を提案されていますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは「そもそも保険加入の必要性がない」という

記事を読む

「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問への回答

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問

記事を読む

生前贈与〜その3「留意すべきポイント」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

過去最高 平均貯蓄額1,805万円「えっ、みんなこんなに持ってるの!?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「平均貯蓄1,805万円で過去最高」のニュースに

記事を読む

積立るなら1日でも早いほうが良い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「積立るなら1日でも早いほうが良い」その理由に

記事を読む

「保険証券分析サービス」のご案内

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険証券分析サービス」のご案内をしたいと思いま

記事を読む

「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険(メディカルキットR)」どっちが得か?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「掛捨医療保険」と「保険料が戻ってくる医療保険

記事を読む

景気の良い実感がなくてもやっぱり身の回りは『インフレ』なんだよなぁ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はまた「インフレ」についてお話していきたいと思いま

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑