ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

極論で言えば「保険は貧乏人が入るもの」

公開日: : ライフプランニング, my life

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「保険は貧乏人が入るもの」についてお話したいと思います。

 

気分を害されたらスイマセン。でもこれ、極論で言えばそうゆうことなんです。

 

「保険は貧乏人が入るもの」

 

その理由をこれから説明します。

例えば、自動車に乗っている方であれば多くの方は損保会社の「任意保険」に加入していると思います。何故かと言えば、万が一事故を起こした時のためですね?で、リスクとして大きいのは、万が一人を引いてしまい、死亡させてしまうような事故です。今では賠償金が1億円を超えるような時代ですから、契約者のほぼ全員は「対人無制限」で加入しているはずです。

でももし、不幸にも人を引いてしまい、死亡させてしまうような事故で賠償金請求が1億円だったとして、1億円をポケットマネーで支払えるような人は保険に入る必要がありませんね、払えちゃいますから。でも、ほとんどの人はこんな金額を支払うことが出来ないので任意保険に加入しているわけです。

 

また例えば、ご主人と奥さん、そして小さなお子さんがいるご家庭で、万が一ご主人が亡くなったとします。一般的なご家庭であれば、大黒柱であるご主人が亡くなると、残された奥さんやお子さんがいくらかの金銭的リスクが発生するので、その不足分に対して生命保険を掛けておきます。

ところが、奥さんが資産家の一人娘のご令嬢で、既に相続により数十億円の資産と、不動産収入だけでも毎年”億”という収入を得ているような人だったら、ご主人が亡くなった時の死亡保険金が必要でしょうか?そりゃあったに越したことはありませんが「金銭的に、保険金が無いと困りますか?」ということです。世の中には数十億どころか数百億円の資産を持っている人もいます。むしろこの奥さんが必要なのは相続対策であり、ご主人の死亡保険金ではありませんね?

仮に奥さんが資産家令嬢でなくとも、年間数千万円の所得のある、例えばDrや弁護士、会社経営者などであれば、それほどご主人の死亡に対しての”金銭的リスク”は少ないわけです。

 

このように「万が一」があった場合に、それに対処できるだけの十分なお金を持っているのであれば、わざわざ保険に入る必要がないわけで、その意味ではそれに対処できるお金が無い人、つまり究極で言えば貧乏な人が加入するのが保険だと言えます。

 

だからこそ、私がここで頻繁にお話していますが「貯蓄」は死亡、病気、就業不能、介護、すべての”万能薬”となると考えていますから、今回の例は極端な話ではありますが、出来るだけ保険に依存する必要が無くなるように、少しずつでも良いので「貯蓄」へシフトする意識を持って頂ければと思います。

 

Point

もちろん私は”保険加入者”です。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

米国生命保険研修「インフレヘッジをしないファイナンシャルプランニングはNG」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、先日参加してきた米国生命保険の半日研修について

記事を読む

保険業界20年「私の一番の想い出」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。私が日本の保険業界に身を置いていた約20年の間に、いろ

記事を読む

「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問への回答

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「ほけんの窓口って評判どうですか?」という質問

記事を読む

一括で払ってしまった保険でも見直した方が良い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「一括で払ってしまった保険でも見直した方が良い」

記事を読む

海外で病気になったら!?オススメ海外旅行保険【三井住友海上 ネットde保険@トラベル】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、日本ではいよいよゴールデンウィークですね。先日

記事を読む

シリーズ資産形成 【第3回】投資について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」3回目の今日は「投資について」です

記事を読む

私なら「MDRTから保険に加入したくない」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中であまり個人的な感想を書くことはな

記事を読む

お金を銀行に預けておいただけで相続税がタダになる!?「プレミアムファイナンス」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、海外生命保険を活用した相続対策「プレ

記事を読む

『今は働いてるから払えるけど、これから何十年も払えるかどうかわからないよね〜』老後資金について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後資金の準備のタイミング」についてお話したい

記事を読む

証券分析(法人)した最悪なケースの一例「理解不能な契約に切り替える生保レディ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中で「悪口」と取られられてしまいそう

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑