ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その3です。

 

前回は平成25年度の総務省・家計調査報告で、高齢無職世帯夫婦の1カ月の平均収入は214,863円に対し、支出が272,455円で毎月57,592円の赤字です、というお話でした。

では、老後の必要保障額の計算を詳しく見ていきましょう。

 

老後の必要保障額の計算

仮定)夫35歳・妻32・子5歳・2歳のAさん一家

65歳から85歳までの20年間の必要保障額を計算してみます。

 

先日のデータでは夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考える「最低日常生活費」は平均22.0万円でしたね。ですから

22.0万円×12ヶ月×20年=5,280万円

これが世の中の人が平均的に考える最低限の老後生活資金20年間の合計額です。

 

更に、最低生活資金以外に「ゆとりある老後生活」にはプラス平均13.4万円が必要と考えているわけですから、

13.4万円×12ヶ月×20年=3,216万円

従って「ゆとりある老後生活費」の合計は5,280万円+3,216万円=8,496万円となります。

「老後1億円時代」とはこのあたりからきているわけですね。

 

で、ここから老齢年金などの準備済資金を差引いた金額が自助努力で必要となる老後の必要保障額です。

この準備資金はサラリーマンなどの厚生年金加入者と自営業者などの国民年金加入者では金額がまったく違ってきます

更に、厚生年金加入者はその期間や毎月の平均報酬額によっても違ってきます。

 

スクリーンショット 2015-03-15 22.15.47

 

仮にAさんが自営業者だった場合は、約2,700万円が年金受取総額となり準備資金として差引きます。

Aさんがサラリーマンだった場合、約5,240万円が年金受取総額となり準備資金として差引きます。

 

スクリーンショット 2015-03-15 22.15.24

 

必要保障額はこうなります

スクリーンショット 2015-03-15 22.16.11

とういうことで、サラリーマンAさんは老後に最低限の生活をするためには年金である程度“しのげそう”です。そして、ゆとりある老後生活のためには3,300万円ほどの預貯金などが必要というわけですね。

 

よかった、大丈夫そうだ

 って、思いました?

これ、あくまでも現状での話です。

 

年金

今後、65歳から受取れると思いますか?

今後、額面通りの金額受取れると思いますか?

今後、平均寿命長くなると思いますか?短くなると思いますか?

今後、高齢者の医療費は値上がりすると思いますか?値下がりすると思いますか?

今後、インフレになると思いますか?デフレになると思いますか?

 

恐らく”今後”、プラスの材料は見当たらなかったのではないでしょうか?

国の年金制度や医療保険制度はそう簡単には破綻しないと思います。しかし、

「破綻しない」こと「安心である」ことこれはまた別の問題です。

「破綻=不安」故に「破綻しない=安心」と考えてしまいがちですが、そもそも破綻と安心は同じテーブルで考える事象ではありません。

年金について考えるときは「破綻するかしないかはわからないけれど、安心できない面が日本には多分にある」という現実をしっかり知り、準備することが大切ではないでしょうか。

 

そこで、次回は「老後資金の準備」についてお話したいと思います。

「老後」について~その4【アテにならないものばかり】

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

逓増定期保険を活用した相続対策

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「逓増定期保険を活用した相続対策」についてお話

記事を読む

社長さんやその家族の方「保証人」と「連帯保証人」は違うって知ってますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「保証人」と「連帯保証人」の違いについてお話を

記事を読む

シリーズ資産形成 【第4回】分散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」4回目の最後は「分散について」です

記事を読む

「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した「海外積立年金プラン」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)」の税効果を利用した

記事を読む

「老後」について~その4【アテにならないものばかり】

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その4「

記事を読む

インフレ率2%って?「72の法則」を使ってイメージしよう

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はインフレ率2%の世の中を「72の法則」を使って

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編①【貯蓄・育児出産】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 私はこれまで多くの方の保険の見直しや相談を頂き

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜老後編【生活設計・必要資金・年金】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。シリーズ「生活設計に関するデータ」今日は老後編です。&

記事を読む

日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「個人型確定拠出年金(401K)」についてお話

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑