K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「老後」について~その4【アテにならないものばかり】

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 ライフプランニング

 

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その4

「老後資金の準備」についてのお話です。

 

前回のブログで、老後必要資金の計算方法はご理解頂けたかと思います。

死亡時の必要保障額の考え方についても、以前ブログである程度細かな計算方法を記載しましたが”ザックリ”で構わないと、個人的には思っていることをお話したように、老後の必要資金もまずは”ザックリ”と計算すれば良いと考えています。

 

―こんな感じです

 スクリーンショット 2015-03-17 13.15.14

 

これは私がセミナーでお話しする時のパワーポイント資料です。

―”ザックリ”と

20万円の生活であれば4,800万円が必要ですし、40万円の生活であれば9,600万円が必要だということです。この金額から年金や預貯金などの金額を差し引いて、老後に必要な資金を準備する。

―でも

年金”アテ”になりますか?(もらえますか?)

退職金”アテ”になりますか?(もらえますか?)

と、いうことですね。

 

既にご存知かと思いますが、年金についての数字を今一度ご覧下さい。

日本の年金制度は毎年の給付をその年の歳入(収入)によってまかなうという、賦課(ふか)方式と言われるものです。「現在の高齢者に対する年金給付を、現役世代の保険料収入」でまかなう方式ということですね。ちなみに、介護保険制度も同じように賦課方式で運用されています。

これは財務省のホームページに記載されている人口ピラミッドの変化ですが、2000年においては現役世代3.6人でお一人の高齢者を支えていましたが2025年では1.8人で一人、2050年には1.2人で一人を支えていかなければいけません。このままいくと今10代や20代の人たちが年金を貰う頃には、完全に逆ピラミッドになっていると予想されています。

スクリーンショット 2015-03-17 12.25.30

 

この方式の対極となるのが「積立方式」で、これは預貯金と同じように現役世代の保険料はそれぞれ個人の将来の年金給付となるという考え方です。

これを知った若い世代の人のどれだけが、今の年金制度にお金を払いたいと思うでしょうか?日本での老後生活を考えられるでしょうか?

更に政府はこれら年金などの社会保障制度や金融機関の預貯金なども含め、国民一人一人に12桁のマイナンバー制度を導入します。

この国はいったいどこに向かっていくのだろうと思ってしまいます。

 

次に退職金につての数字をご覧下さい。

これは割と最近のデータです。

スクリーンショット 2015-03-17 12.48.38

 

結構貰えそうですかね?

一方で、チョット古いですがこんな記事もありますよ。

 

 

shakin_jichitai_022407

WS0002651

 

どうでしょう?

自助努力での準備が必要だとお感じになった方はぜひ次回を参考にしてください。

「老後」について~その5【日本の個人年金保険で用意するには?】

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後破綻(破産)」に関するお話をしたいと思い

記事を読む

生前贈与〜その1「必要性と非課税枠」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日から数回に渡り『生前贈与』についてお話したいと思い

記事を読む

「お子さんのために」ご両親が保険料を支払う契約はご注意下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は注意して頂きたい保険の契約形態ついて少しお話した

記事を読む

過去最高 平均貯蓄額1,805万円「えっ、みんなこんなに持ってるの!?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「平均貯蓄1,805万円で過去最高」のニュースに

記事を読む

過去の見直し事例:アカウント型保険加入(24歳会社員 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は私が乗合代理店にいた時に保険の見直しのご相談を頂

記事を読む

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その3です

記事を読む

「定期特約付終身保険」を解約し、新契約を見直すテクニック

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、当時私が行っていたセールス手法をお話します。前

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編②【教育・結婚・マイホーム】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 シリーズ「生活設計に関するデータ」 今日は生

記事を読む

娘さんを「東洋英和女学院」に通わせるといくらかかる?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日も引き続き具体的な教育資金についてお話。

記事を読む

シリーズ資産形成 【第4回】分散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」4回目の最後は「分散について」です

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑