K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「老後」について~その5【日本の個人年金保険で用意するには?】

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その5、今日は最終回。

「老後資金の準備方法」についてのお話です。

 

前回のブログで

―もし自助努力での準備が必要だとお感じになった方はぜひ次回を参考にしてください.。

と、書きましたね。では、話をすすめます。

 

まったくもって”アテ”にならない年金や退職金。

「いざとなったら生活保護で何とかなるだろう」という方もいますが、多分「何ともならないでしょう」

それで成り立ってしまうのであれば、皆さんそうするでしょうね。でも、この先そんな財源あると思いますか?

で、やはり残る手立ては自助努力しかありません。

では、昨日お話した65歳から85歳の20年間、最低限必要な老後資金4,800万円全部を自分で用意するのに必要な条件を数字で見ていきましょう。

 

どのように準備するか?

皆さん真っ先に浮かぶのが「個人年金保険」ではないでしょうか?

最も多くの方がこの方法を選択しています。そこで、多勢の方が加入しているであろう日本生命の個人年金保険”ニッセイみらいのカタチ”を見てみます。

 

まず

30歳の方が65歳まで毎月保険料を払込んで5,000万円を準備しようとした場合、月払保険料は93.106円です。

65歳から333万円の年金を15年で受取り、受取総額4,995万円となります。

スクリーンショット 30ニッセイ2

 

同様に

40歳の方が65歳まで保険料を払込んで5,000万円を準備しようとした場合、月払保険料は138,528円。

スクリーンショット 2015-03-17 23.47.27

 

50歳の方が65歳まで保険料を払込んで5,000万円を準備しようとした場合は月払保険料は244,255円です。

スクリーンショット ニッセイ50

 

どうですか?現実味のある金額でしょうか?

ニッセイの個人年金保険の利率は日本の生命保険会社の中でもかなり上位にくる商品ですが、それでもこのくらい、元本にほんのすこし利息がついた程度です。

 

ではどのくらいの期間・どのくらいの利率で積立ると5,000万円になるのでしょうか?

それを簡単に計算できるのが「減算基金係数」と呼ばれるものです。

減債基金係数は、将来の一定期間後に目標のお金を得るために、一定利率で一定金額を複利運用で積立るとき、毎年いくらずつ積立ればよいかを計算するときに利用します。

スクリーンショット 2015-03-17 23.03.43

表の縦軸の年数と横軸の利率(%)の交差した係数を目標金額で乗じると毎年の必要な積立金額がわかります。

もし、65歳までに5,000万円を準備しようとした場合

・10%の運用

30歳の方:5,000万円×0.00369=184,500円(月額約15,000円)

40歳の方:5,000万円×0.01017=508,500円(月額約40,000円)

50歳の方:5,000万円×0.0317=1,585,000円(月額約130,000円)

・7%の運用

30歳の方:月額約30,000円

40歳の方:月額約66,000円

50歳の方:月額約165,000円

 

どうですか?これだとだいぶ現実味のある金額になったのではないでしょうか?

そう、これくらいの期間をこれくらいの利率で毎月積立ていかないと、5,000万円という金額になりません。

 

こんな商品ある?

あります、海外には。

もちろん運用商品、すなわち投資である以上”絶対”ではありませんが、リスク分散を上手にしていくことでこれくらいの利率で運用することは十分に可能です。

『海外積立年金入門書(マニュアル)』はこちら(無料)

 

「老後」について

いつもはセミナーなどでお話している部分を今回はブログというかたちで抜粋して書いてみましたが、皆さんいかがでしたか?少しは参考になったでしょうか?

「老後にはこれだけ資産が必要だ、貯めなければならない。ついてはウチの金融商品を」という、トークをいかがなものか。

と、言いながらこのような結びになってしまいましたが…

老後の資産形式に”この方法しかない”ということではありません。方法はいくつもあると思います。しかし、これからの時代は日本の商品だけで選択をするのではなく、もっと視野を広くし海外の商品も選択肢の一つとしてみてはいかがでしょうか。皆さんにとって有益な商品がたくさんありますよ。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

これがわからない人は「積立年金(投資)」をしてはいけない!投資信託の平均保有期間2〜3年という事実

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「投資信託の平均保有期間は2〜3年という事実」

記事を読む

定期保険の活用法(コンバージョン)〜その1「変換」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「定期保険の活用法(コンバージョン)」についてお

記事を読む

「貯蓄」は全ての”万能薬”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「貯蓄はすべての万能薬」についてお話したいと思い

記事を読む

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?②【保障額1,000万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、今日は昨日に引き続き”保障額(保険金)1,00

記事を読む

「お子さんのために」ご両親が保険料を支払う契約はご注意下さい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は注意して頂きたい保険の契約形態ついて少しお話した

記事を読む

掛金全額所得控除「確定拠出年金(401K)」の税効果について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「確定拠出年金(401K)の税効果」についてお

記事を読む

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その3です

記事を読む

お金を銀行に預けておいただけで相続税がタダになる!?「プレミアムファイナンス」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日のテーマは、海外生命保険を活用した相続対策「プレ

記事を読む

「年金不安」で焼身自殺!? 皆さんも年金は不安ですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「年金不安」のお話しです。 先日、新幹

記事を読む

逓増定期保険を活用した法人から個人への資産移転「名義変更プラン」@NN生命販売停止

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「逓増定期保険を使った法人から個人への資産移転

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑