K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「老後」について〜その2【老後の実際】

公開日: : 最終更新日:2016/04/01 ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その2です。

 

前回は

ー豊かなセカンドライフってどれくらい必要なんだろう?

でしたね。

ではまず、最低限必要な老後生活資金について、世の中が考えている数字で見ていきましょう。

そう、冷静にまずは数字で。

 

これも平成25年度の生命保険文化センターの意識調査です。

夫婦2人で老後生活を送る上で必要と考える「最低日常生活費」平均22.0万円。分布では「20~25万円未満」が、32.3%と最も多くなっています。

スクリーンショット 2015-03-12 20.19.39

 

で、ゆとりある老後生活を送るための費用はと言うと、上記の最低日常生活費以外に平均13.4万円がプラスで必要と考えていて、その結果「最低日常生活費」と「ゆとりのための上乗せ額」を合計した「ゆとりある老後生活費」平均35.4万円となります。この数字はここ数年毎年減少傾向にありました。長らく続いていたデフレ経済の影響がそのような結果として数字で現れているわけです。やはり数字は正直ですね。

スクリーンショット 2015-03-12 20.10.41

 

そのゆとりのための上乗せ額の使途は、「旅行やレジャー」がもっとも高く、以下「趣味や教養」「日常生活費の充実」と続いています。昨日見て頂いたように時間はたっぷりあるわけですから、こうなりますよね。

スクリーンショット 2015-03-12 20.10.53

 

ーでは実際はどうか?

高齢者家計収支

 

これは平成25年度の総務省・家計調査報告ですが、夫65歳以上、妻60歳以上の高齢無職世帯の夫婦の1カ月の平均収入は214,863円に対し、支出が272,455円。なんと毎月57,592円の赤字です。これが国ならジャブジャブと国債発行しちゃいますね。でも、個人ではそんなことは勿論できないですから、ここを預貯金や資産で取り崩していく。やがてこれが尽きると「老後破産」と言うわけです。

 

これを見た時に私は正直、ちょっと驚きました。何故か?

ー今のお年寄りは十分、年金貰えるからいいよなぁ

ねっ、皆さん聞いたことありませんか?

十分に貰えていると思っていませんでした?でも実際は、今のご高齢者世帯の平均は”毎月赤字”なんですね。

まったく年金を”アテ”にできないと言われる私達世代以降はどんなことになってしまうのでしょう…考えただけで”ゾッ”とします。

でも、このブログをご覧になっている皆さんはこれを先送りにしてはダメですよ。

明日はもう少し詳しく老後の必要資金の計算をご説明していきます。

「老後」について~その3【老後の必要保障額の考え方】

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用意できちゃう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用

記事を読む

シリーズ資産形成 【第3回】投資について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」3回目の今日は「投資について」です

記事を読む

クイズ:「差額ベッド代」がかかるのはどのケースでしょう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「差額ベッド代」に関するお話です。 ま

記事を読む

シリーズ資産形成 【第4回】分散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 「資産形成」4回目の最後は「分散について」です

記事を読む

一生涯の医療保険を”タダ同然”で手に入れる方法@法人プラン

[contact-field label="名前" type="name" required="t

記事を読む

年金不安な割には準備している人が少ない?「生命保険の意識調査と実態」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「生命保険の意識調査と実態」についてお話

記事を読む

生前贈与〜その4「生命保険活用」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

「慶應」に通わせるといくらかかる?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。昨日、販売終了になるソニー生命の「学資保険」のお話で

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜生活編①【貯蓄・育児出産】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 私はこれまで多くの方の保険の見直しや相談を頂き

記事を読む

シリーズ資産形成【最終回】アクサ生命の変額保険「ユニット・リンク」は投資商品?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は4回に渡るシリーズでお話した「資産形成」の総括・

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑