ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

国民年金が何故お得なのか?

公開日: : ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は『国民年金が何故お得なのか?』についてお話したいと思います。

 

昨日のブログで「国民年金はお得なのか?損なのか?」についてお話しました。詳しくは読んで頂くとして、結論から言うと

 

ものすごく優秀な保険(金融)商品

 

ってことなんですが、まぁあくまでもこの制度がこのまま維持できたら、っていう大前提での話です。

現在の保険料と給付金では、計算上約10年(75歳)で支払った金額の元本回収ができ、20年後(85歳)では2倍、30年後(95歳)で3倍の金額を受取ることができます。確定利回りの金融商品としても、それだけで十分に優秀な商品と言えます。民間の生命保険会社や郵便局ではあり得ないような高い利率ですし、海外の年金商品でも確定利回りでこの数字には及びません。だからこそ。このままの制度継続が怪しいということにもなるのですが。。。

 

さて、この「国民年金」

老後のための年金(老齢年金)だけだと思われがちですが、実は違います。「遺族年金」や「障害年金」の機能も持っています。

 

遺族年金

遺族年金(国民年金の場合は正確には遺族基礎年金)というのは、自分が死んでしまったときに残された家族が貰える年金です。要は生命保険の機能、特に収入保障保険と同じですね。ただし、受け取れる遺族は「子(18歳年度末)のある配偶者」または「子(18歳年度末)」に限られます。子のいない妻や夫、いても子と暮らしていない(生計同一でない)場合はもらう権利はありません。

 

*日本年金機構より

 

恐らく多くのご家庭で、遺族基礎年金だけで残された家族の暮らしが十分成り立つわけではないと思いますが、一助になるのは間違えないと言えます。

 

障害年金

障害年金(国民年金の場合は正確には障害基礎年金)というのは、重度の障害を負った場合に給付される年金です。自分が働けなくなったときにも、一定の収入を確保できます。就業不能保険、所得補償保険のような商品と同じですね。

ほとんどの傷病が対象となり、対象とされない傷病は非常に少なくなっています(*日本年金機構「障害認定基準」参照

 

*日本年金機構より

 

このように「国民年金」には老後のための機能だけではなく、「収入保障保険」「就業不能保険」としての機能も合わせ持っていますので、これらも含めて

 

ものすごく優秀な保険(金融)商品

 

ただし。。。

この制度自体には不安が大きいのも事実です。

国民年金は老後世代の年金を次の世代の保険料で払うという制度です(これを賦課方式と言います)つまり、私たちが引退したときに子供や孫の世代が支払う保険料を元に年金が支払われるわけですね。

*1−1.日本の公的年金制度

 

しかし、ご存知のとおり現在は少子高齢化の時代です。子供が少なくなるということは私たちが引退するころに保険料を払ってくれる世代が少ないわけです。ということは、入ってくる保険料が減ってしまいますから以降の世代に十分な年金を払う事はできません。

そうなると年金額を下げる」あるいは「給付の開始年齢を引上げる」といったことが必要になるので、

 

”損しそうだ”

”払いたくない”

 

といったイメージにつながっています。

確かに不透明感が大きいのも事実ですから、自助努力による「老後資金」「遺族への保障」「就業不能時の保障」も合わせて考えることがとても大切です。

これを機に正しく理解するようにして下さいね。

 

わからないこと、お問合せの方はお気軽にご連絡下さい。

『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「医療保険」や「がん保険」は”終身払”が良い。アフラックの「がん保険」のあゆみ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「医療保険やがん保険は終身払が良い」その理由に

記事を読む

「老後」について~その4【アテにならないものばかり】

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日も引き続き“老後”をテーマにしたお話し〜その4「

記事を読む

「貯蓄」は全ての”万能薬”

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「貯蓄はすべての万能薬」についてお話したいと思い

記事を読む

公務員定年、65歳へ延長 年金開始引き上げに対応@朝日新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金開始引き上げ』についてお話したいと思います

記事を読む

「72の法則」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「72の法則」について少しお話します。知ってる人

記事を読む

30歳の人が月3万円で65歳までに確実に4,000万円にする方法例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『30歳の人が月3万円で65歳までに確実に4,0

記事を読む

生前贈与〜その4「生命保険活用」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。前回に引き続き『生前贈与』についてお話したいと思います

記事を読む

出産・育児でもらえる手当金と制度

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『出産・育児でもらえる手当金と制度』についてお話

記事を読む

つまりは”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”という発想で考えてみると良い

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は”「いつまで」に「いくら」貯めたいのか?”とい

記事を読む

逓増定期保険を活用した相続対策

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「逓増定期保険を活用した相続対策」についてお話

記事を読む

Message

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑