オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:これは告知する必要がありますか?告知義務に違反しますか?

公開日: : 最終更新日:2016/08/10 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

今回の質問内容はちょっと長文ですが、要約すると「加入時の告知方法」についてです。

皆さんの中で“ちょっとごまかして”保険に加入していたりする方はいませんか?

 

【質問】

告知について質問があります。

6年ほど前に足を滑らせて転倒して尻餅をついてしまい、痛みで病院に行ってレントゲンを撮ったところ、「仙骨部挫傷」と診断され2日間その治療(痛み止め薬と湿布)に通いました。その際に医師から「今回のケガとは関係ないけど尾骨が曲がってるね」と口頭で言われました。尾骨が曲がっていることは私自身初めて知り、いつ曲がったのかも見当がつかないし痛みもなく自覚症状もないし、その時はあまり気にしていませんでした。

ただ、告知書を良く見てみると『背骨(脊柱)に障害や変形がありますか?』という質問事項に「はい」に該当するのでは?という疑問が出てきました。

尾骨の曲がりについては先ほども書いたとおり痛みもなく何も差し支えないので治療をする必要もない状態です。

その場合でも、『背骨(脊柱)に障害や変形がありますか?』という質問事項には「はい」と告知する必要はありますでしょうか?

 

それともうひとつ質問があります。

あいおい生命やひまわり生命などの収入保障保険で非喫煙優良体保険料率が適用されてる場合。

約款には

(喫煙歴に関する告知の誤りの処理)

1.)主契約の年金の支払事由または保険料の払込免除の事由の発生前に、被保険者の喫煙歴に関する告知の内容に誤りがあることが判明した場合には、会社の定める方法により計算した金額を収受し、その後の保険料を改めます。

2.)主契約の年金の支払事由または保険料の払込免除の事由の発生後に、被保険者の喫煙歴に関する告知の内容に誤りがあることが判明した場合には、会社の定める方法により主契約の年金月額を削減します。

 

上記のような記載があります。

A.これは例えば、契約後20年経って、上記の1.)の場合で告知に誤りがあると判明したときは、20年間分の上乗せ保険料(非喫煙者と喫煙者の保険料の差額)を支払う必要があるのでしょうか?

B.また、契約後30年経って、上記2.)の場合で告知の誤りがあると判明したときは、年金月額を減らせれてしまうのでしょうか?

C.それとも、主契約の年金の支払事由または保険料の払込免除の事由が発生していない状態で2年を経っていれば、1.)や2.)の場合で告知に誤りが判明したとしても上記には該当せず、保険料を追加して支払う必要もなく年金月額を減らされることもないのでしょうか?

基本は、2年を経過していれば告知義務違反に問われることはなく、おそらくC.だと思われますがどうなんでしょうか?

(「告知に誤りがあると判明した場合」というのが具体的にはわかりませんが、告知前にきちんと禁煙して加入したものの、告知後にたまに喫煙していることもあって心配になりました・・。)

 

それでは、よろしくお願いします。

 

【回答】

『背骨(脊柱)に障害や変形がありますか?』という質問事項には「はい」と告知する必要はありますでしょうか?

今回ご記入頂いていることを、そのまま告知した方が良いでしょう。

また、加入前に担当保険セールスに言えば、名前を伏せた上で「事前査定」を行い、加入の可能性を調べてもらうことも可能です。

 

A.これは例えば、契約後20年経って、上記の1.の場合で告知に誤りがあると判明したときは、20年間分の上乗せ保険料(非喫煙者と喫煙者の保険料の差額)を支払う必要があるのでしょうか? B.また、契約後30年経って、上記2の場合で告知の誤りがあると判明したときは、年金月額を減らせれてしまうのでしょうか?

各保険会社にお問合せ頂いた方が正しい回答が得られると思います。

名前を伏せて問合せしたければ、各社「カスタマーサービス」に相談してみると良いでしょう。

 

基本は、2年を経過していれば告知義務違反に問われることはなく、おそらくC.だと思われますがどうなんでしょうか?

2年を経過していても「告知義務違反」になることがあります。

*「告知義務」「解除」「不告知教唆」とは?

 

(「告知に誤りがあると判明した場合」というのが具体的にはわかりませんが、告知前にきちんと禁煙して加入したものの、告知後にたまに喫煙していることもあって心配になりました・・。)

加入時に、各保険会社の定める「非喫煙者」に該当していれば、加入後に喫煙したとしても問題ありません。

 

◯◯さんがどのような経緯で加入されたかはわかりませんが、契約欲しさに本来は告知しなければいけないことを「告知しないで大丈夫ですよ」という保険セールスが未だに多くいるようです。確かに「告知しなくて良いこと」や「必ず告知しなければいけないこと」、また告知の際のちょっとしたテクニック(もちろん正しい方法)などもありますが、保険加入の際は正しく告知をして加入しないと、せっかく加入したにも関わらず、保険金の給付の時に受取ることが出来なくなる可能性があり、特に保険業界は3年と続かずに辞めてしまうセールスも多いですからご注意下さい。

*”いい先生” 〜 保険加入の際の健康診断「診査」のウラ話

 

また、いくつか保険に加入されているようですので、一度証券分析をされてみてはいかがでしょうか?保険の契約数にかかわらず、まとめて3,000円で承りますので、下記リンクでご決済頂き、保険証券や設計書のコピーなどを頂ければ、加入されている保険を一覧表にまとめ、ケースバイケースですが見直しの代替え案をご提案します。

※証券分析お申込みはこちら(3,000円/回)

*過去の証券分析事例一覧

 

Point

「もしものこと」があった時のために加入するはずの保険が、「もしものこと」の前に、あれやこれやと気を揉むことないよう、加入の際は正しい方法で加入をして下さいね。

そのためにも信頼できるアドバイザーを持つことが大切です。何かご質問があればいつでもご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

相談事例:知れば知るほどユニットリンクは解約する方向で考えています(43歳 シングルマザー)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:18歳の息子が貯蓄目的に保険加入を考えています(48歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:「今入るのが得」と言われ、かんぽ生命【新フリープラン 】に契約。貯蓄目的で勧められましたがいかがなものでしょう?(65歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:本年子供が産まれまして、保険など資産全体の運用の見直しをしています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:本当?保険設計する上で既契約を知らずに設計すると法律違反になると言われました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:65歳の定年後に月100万円の収入があるようにしたい(42歳 医療関係従事者)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現在の貯金額は保険の返戻金が殆どなので、保険より貯蓄にシフトしたい(46歳 公務員 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:生命保険って必要でしょうか?(30代主婦)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:ドル建保険に入っています。支払が増えているのですが今後しばらく円安でしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:海外の利率が良い、または保険料が安い終身保険を教えてほしい

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑