オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

インフレ率2%って?「72の法則」を使ってイメージしよう

公開日: : ライフプランニング, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日はインフレ率2%の世の中を「72の法則」を使って解説したいと思います。

 

以前にもブログで紹介した「72の法則」

覚えていらっしゃいますか?

*「72の法則」とは?

 

簡単におさらいしますが、「72の法則」というのは

72÷金利=元本が倍になる年数

元本が2倍になるために必要な年数を割り出すための法則でしたね。

日本も実は高度成長期後の1970年〜1980年代に7%前後の高金利の時代がありました。

72÷7%=約10年

ですから、例えば500万円を10年預けておけば10年後に1,000万円になったわけですね。

 

で、今日のテーマですがインフレ率をイメージするのにこの「72の法則」を使って皆さんにイメージして頂こうと思います。

日本は今、インフレ目標率を2%として、あれやこれやと金融政策をおこなっているわけですが、インフレ率2%ってどんなものかと言われると実際は少しイメージしにくいですね?しかし、「72の法則」に当てはめてみると少しイメージがわいてきます。

72÷2%=36年

そうです、インフレ率が2%で進んでいくと36年後は世の中の価格が倍になるイメージです。

100円のハンバーガーが200円

400円の立ち食いそばが800円

これを逆に考えれば100万円の現金をタンスに置いておけば、金額は100万円と変わりませんが、その価値は500万円になるということです。

まったくと言って良いほど金利の付かない銀行に置いておいても同じです。

72÷3%=24年

3%だったら、あっという間。24年です。

 

どうですか?少しイメージがわいてきませんか?

そして、ここで皆さんにアドバイスしたいのは、現在日本がインフレ率を2%にまで引き上げようとしている最中に、15〜30年という長い期間縛られた超低金利の終身保険や、学資保険、個人年金保険という商品に委ねてはダメだということです。

ここ数年の日本の生命保険会社の販売する商品の利率(正確には予定利率)であれば、インフレ率が1%だったとしても皆さんの保険は間違えなく「実質元本割れ」になります。

死亡保障などは「定期保険」や「収入保障保険」などで準備し、お子さんの学資資金やご自身の老後資金は、どんなに少なくてもインフレ率以上に金利が付き、インフレにともなって殖やせていけるような商品で準備して下さい。

「海外積立年金」や「海外個人年金」はその選択肢のひとつてして非常に有効な手段のひとつです。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

アクサ生命「ユニット・リンク」を否定しているわけではない

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命の『ユニット・リンク』についてお話した

記事を読む

保険セールという生き物の「ホンネ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険セールのホンネ」についてお話したいと思いま

記事を読む

積立期間中に毎月「円高が進み続けたら?」「円安が進み続けたら?」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は積立期間中に毎月「円高が進み続けたら?」「円安が

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

相談実践事例:和田式「これがわかれば〈国内・海外〉の中から、今あなたにBESTな保険のアドバイス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受け、私の質問に回答頂いた事例を

記事を読む

スイス・プライベートバンクへ「実録・海外送金」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「実録・海外送金」ということで、スイス・プライベ

記事を読む

このブログの読者は「老後破綻(破産)」しちゃいけない

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「老後破綻(破産)」に関するお話をしたいと思い

記事を読む

これが事実なら「このFPは懲戒解雇」あるご相談者からのメール

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は実際にご相談を頂いている方との事例で、”とても

記事を読む

ある保険セールスの方との雑談「三大疾病保険」どの商品をススメる?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「三大疾病保障保険」のお話し・・・と、いうより保

記事を読む

「老後」について〜その1【老後とは?】

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。生命保険のひとつに「個人年金保険」という商品がありま

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑