ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

相談事例:積立利率変動個人年金保険(レグルスⅢ:米ドル建2005)について教えて下さい

公開日: : 最終更新日:2015/06/16 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

 

【質問】

積立利率変動個人年金保険(レグルスⅢ:米ドル建2005)について教えて下さいませ。

2007年に契約し、昨年、措置期間満了となりましたが、ドルが110円台だったので、2015年期間延長満了にしました。
確定年金は、5年ですが、ドル建で不安定なので、一括受け取りにするか、考えています。
また、受取金を、ドルで振り込んでもらったほうがいいのか、円換算のほうがいいのか手数料的にはどちらがお得なのでしょう?受取銀行はUFJの予定です。
あと、税金ですが、5 年で受け取るのと、一括受け取りにでは、大分違うのでしょうか??
ドル建てなので、、5年トータルで見た場合は、手数料や所得税を考えても、一括受け取りにのほうがいいのかなぁとも思います。

現在まとまった資金は、必要としておらず余裕資金の状況ですが。ご教授よろしくお願い致します。

【回答】

2007年当時、私もこのレグルスを多く販売していましたので記憶していますが、円レート115円前後、10年の積立利率は5.5%くらいでした。ご相談者さまは期間10年ではないようですから積立利率はもう少し低いかと思いますが、それでもかなり条件の良い時期に加入されましたね。

ご質問の件ですが、個人年金保険の満期金を年金で受取りますと雑所得、一時金で受取れば一時所得となります。円建てであれば計算は簡単ですが、ドル建て商品の場合、円で受け取ってもドルで受け取っても、受取る時の円レートで換算してから税額計算されますので、今のレートで一時所得で計算するほうが得か、雑所得で受取るほうが得かは、今後のドル円レート次第なのででわからないですね。

また、おっしゃっている手数料と言うのは為替手数料のことかと思いますが、メットライフ生命の場合、同じような商品を扱っている保険会社よりも高く、TTM−50銭となっていて、これはどのタイミングで円に変えても同じです。お持ちになっている銀行口座の受取がドル受取が可能であれば、円でもドルでも受取ること自体に手数料は掛かりません。ちなみに海外の口座で受取ることはできません。

現在まとまった資金を必要とされおらず余裕資金とのことですから、一時金でドルで受取り、そのままドル建ての商品で運用されるのが良いですね。
利益から50万円を控除し、その半分が課税対象となる一時所得の方が一般的には得の方が多いですし、日本経済は長らく続いた「デフレ・円高」を脱却し「インフレ・円安」方向へとシフトしています。
*インフレ・円安の資産運用についてはこちら

預金封鎖やデノミの不安も抱えています。
*預金封鎖とデノミネーションについてはこちら


資産を円だけではなく一部は外貨で持ちながら、日本よりも金利の高いドル商品で運用された方が良いと思います。
海外の保険会社で米ドル建て5年満期の元本確保・固定金利3%の商品などもあります…5年で約115%です。

*5年固定金利商品についてはこちら

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:「ユニット・リンク」を勧められています。専門知識がないので、FPの説得がセールスのためなのか、的を得ているのか不明です(男性 39歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:メットライフのプランナーに「サニーガーデンEX豪ドル建」「ドルスマート」を勧められました(42歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:老後資金の貯蓄で薦められたのがソニー生命「バリアブルライフ」でした

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:とりあえず40-50歳で1%でも利益を感じられるような運用をして安心を得たいのが理想(30歳 男性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:母子家庭なので、死亡保障と貯蓄を兼ねたくて保険で貯蓄をしてきました。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:わずかばかりの利息のために固定利率の学資保険を掛けるってリスクが高くないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:さほど収入はないのですが子供の将来の為に積み立てをしたい(36歳 シングルマザー)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:子ども1人(2歳)のシングルマザーの保険を教えてください(40代前半 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:現状保険未加入ですがどの保険に入るか検討中「マニュライフ生命こだわり終身v2」「オリックス終身保険rise」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:以前、医療保険とがん保険のアドバイスをした方からの追加相談(37歳 女性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑