オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:とりあえず40-50歳で1%でも利益を感じられるような運用をして安心を得たいのが理想(30歳 男性)

公開日: : 最終更新日:2017/11/14 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

少しでも良いので安心して殖やしたいとお考えの方ですが、多いに越したことはありませんね。

 

【質問】

30歳独身男性です。

貯蓄型保険についてご相談となります。

家計の総合相談センターというFPに、貯金残高の運用について相談したところ、マニュライフの三大疾病保証終身保険・ソニー生命終身保険・ジブラルタ介護保険・マニュライフ個人年金で貯蓄型の外貨立て保険を年200万近くの運用を提案されました。10年払って塩漬けで利率が上がっていき、為替によってはさらにプラスになる。なおかつ節税効果もあることが気に入ったのですが。。。

このブログを拝見し、保険屋の手数料や実際の積み立て率が少ないということで、一度立ち止まってご意見を聞かせて頂きたくご連絡させて頂きました。

私の運用に対する理想は、とりあえず40-50歳で1%でも利益を感じられるような運用をして安心を得たいのが理想です。

保険のメリットとして、金融類似商品にならない10年積立での所得税控除や、毎年の税金控除、また外貨立ての利率や為替メリットに興味があるのですが、保険が貯蓄や運用として正しいものなのでしょうか。

末筆で申し訳ございませんが、ご教授承りたく存じます。

よろしくお願いいたします。

 

【回答】

私の運用に対する理想は、とりあえず40-50歳で1%でも利益を感じられるような運用をして安心を得たいのが理想です。

◯◯さんの保険加入への目的がお金を殖やすことでしたら、家計の総合相談センターFPにススメれれている「終身保険」などの死亡保障のついた商品はお辞めになった方が良いです。

それらは死亡保障の付いた「保険」であり、保険以外の何ものでもありません。「保険」という機能に一部、「運用」という機能が付いているものですから、死亡保障としてのコストとしてが差引かれ、残りが貯蓄・運用に回ります。「お金を殖やす」ために、今後数十年に掛けてこのコストを支払うのはあまりにもムダであり、毎月支払う保険料がダイレクトに運用(貯蓄)に回された方が良いですね。

 

保険のメリットとして、金融類似商品にならない10年積立での所得税控除や、毎年の税金控除、また外貨立ての利率や為替メリットに興味があるのですが、保険が貯蓄や運用として正しいものなのでしょうか。

税控除を利点とお考えのようですが、それを理由として加入するのであれば良くないですね。これは「保険セールス」の常套句です。そもそも必要な保障に必要な分だけ加入した結果として「生命保険料控除」があった”オマケ”程度にお考え下さい。この税効果は◯◯さんの収入によって違ってきますが、仮に一般的な所得税率10%だとすれば、最大でもおおよそ(40,000✕10%+28,000✕10%)の6,800円/年の税効果しかありません(他の生命保険契約があると実効果はこれより薄れます)

*”生命保険料控除があるから保険に加入”はNG〜「生命保険料控除」とは?

 

日本は超低金利ですから、日本で販売されている「円建」商品よりも「外貨建」の方が予定利率が高い分、運用としては有利ですが、いずれにしても保険会社の取るコストが高いので、殖やすことは期待できません。「お金を殖やす」ことが目的であれば海外の商品の方が、より金利も高いので殖やすことができ、海外の商品の中でも毎月積立て殖やしていくものと、ある程度まとまった資金を一括で支払って運用するものがありますが、◯◯さんは海外の商品も含めて検討されますでしょうか?

 

毎月積立てる商品では「海外積立年金」がオススメで、これには「変額年金プラン」と「元本確保型年金プラン」の2種類ありますが、◯◯さんの考える「10年〜20年で確実に1%でも殖やしたい」というニーズであれば「元本確保型年金プラン」が良いと思います。こちらはさらに積立期間により3種類ありますが、いずれも最低保証されている満期金があるので、将来の確実な資金準備計画ができ、老後資金としてはもちろん、お子さんの教育資金などで活用される方も多くいらっしゃいます。

 

◯10年満期プラン

10年後に積立た金額(元本)を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

仮に月々300USD(約33,000円)を10年間積立た場合は(*1USD=110円)

・10年積立総額:300USD✕12✕10年=36,000USD(約3,960,000円)

・10年後満期金:36,000✕100%=36,000USD(約3,960,000円:最低保証)

・最低保証返戻率:100%

 

◯15年満期プラン

15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

仮に月々300USD(約33,000円)を15年間積立た場合は(*1USD=110円)

・15年積立総額:300USD✕12✕15年=54,000USD(約5,940,000円)

・15年後満期金:54,000✕140%=75,600USD(約8,316,000円:最低保証)

・最低保証返戻率:140%

 

◯20年満期プラン

20年後に積立た金額の+60%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。

仮に月々300USD(約33,000円)を20年間積立た場合は(*1USD=110円)

・20年積立総額:300USD✕12✕20年=72,000USD(約7,920,000円)

・20年後満期金:72,000✕160%=115,200USD(約12,672,000円:最低保証)

・最低保証返戻率:160%

 

保証のタイプは異なりますが、いずれにせよ日本の保険商品や、投資信託よりも良い数字となっています。

また、ある程度まとまった資金に関して具体的なアドバイスをご希望の場合、投資ヒアリングシート(リンク先)よりお答え頂ければ、細田さんに良いと思われる商品をいくつかご案内します。

※『投資ヒアリングシート』はこちら

 

Point

ご相談者のように保険で殖やすことが目的でしたら日本の保険商品では非常に厳しい現実があります。

日本の保険商品でもほんの少しは殖えますがインフレが起きれば実質元本割れ確実な、日本の保険で殖やすか?日本の商品よりも金利の高い海外の保険商品で殖やしていくか?最終的にはご自身の判断です。

 

わからないことはお気軽にご質問下さい。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:500万の投資(生命保険)は何がいいでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:無料相談の会社のプランナーさんに医療保険「メディカルキットNEO」、年金保険「こだわり個人年金」を勧められています(女性 46歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:マイナス金利になったので、保険料控除を目的で個人年金の加入を検討しています(夫29歳 妻27歳)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:毎月積立るオフショア積立を検討していますが、紹介されたある業者に疑問を感じてます。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

こだわりが強すぎてアドバイスに耳を傾けて頂けなかった数少ない相談事例です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:2人目の子どもが生まれ保険の見直しを図りたいと思っています(夫39歳会社経営/妻35歳会社員)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:第一生命「順風人生」3年後に更新時期で、更新すると倍近くなるので今のうちに更新すればいいというお話でしたが。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:元本保証で最低でも年利3~5%以上、20年以上投資できるような商品ありませんか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:ジブラルタ生命の保険に加入中・見直しを検討(男性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:本年子供が産まれまして、保険など資産全体の運用の見直しをしています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

Message

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑