K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ファミマ利用客の9割弱が現金払い

公開日: : 最終更新日:2017/10/22 時事ネタ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はちょっと寄り道なお話『ファミマ利用客の9割弱が現金払いについてお話したいと思います。

 

先日、ネットを見ていたらこんなブログを見掛けました。

 

まぁ、そこそこ現金払いが多いのはわかってはいたものの、まさか9割近くが現金払いだったとは驚きました。

特にコンビニのような少額決済の際の現金利用率はとても高いようで、こんなデータもあります。

 

金額階層別決済手段(金融広報中央委員会「家計の金融行動に関する世論調査2015」)

 

件のブログを書いている方も言ってましたが、たしかに

どんだけ現金払いが好きなんだ!?

 

と言いたくなりますね。

私の場合、かつてはもちろん現金払いでしたが、モバイルSuicaを利用するようになってからはスマホのモバイルSuicaで決済していました。チャージはその時持っていたクレジットカードで決済し、チャージ金額はそのままポイント加算になっているのかと思っていたので、コンビニはもちろん、タクシーやランチなど、利用できるところはほぼスマホで「ピピッ」っとしていました。しかし、友人から

「モバイルSuicaのカードチャージって、Viewカードじゃないとポイントになってないですよ」

 

という、驚愕の事実を知り、それ以降はモバイルSuicaは最小限に留め(これを知りViewカード作りましたが)、メインのクレジットカードで決済しています。今ではコンビニの数百円の買い物でもクレジットカードです。

では、なぜそれほどにもコンビニで現金払いが多いのか?いくつか理由はありますが、そのうちのひとつ

現金払いの方が早く、クレジットカード払いの方が遅い

 

と、多くの人が勘違いしているようですね。

これは利用してみるとわかりますが、

クレカ払いの方が早い

です

店員にクレジットカードを渡し、カードをレジに通すと瞬間的にレシートが出てきて、カードとレシートが返されます。それだけです。サインとかしませんから(笑)小銭を数えて、時にはお釣りが5円10円単位になるように計算してお金を渡して、店員からお釣り返されて。。。なんてやってる方がよほど遅かったりします。

 

そして何より、現金払いでは特になにか得をすることはありませんが、クレジットカードで支払えば、各クレジットカード会社により、それぞれポイントが付き、そのポイントを利用して買物の割引だったり、航空会社のマイルに移行したり、様々なメリットが得られます。同じ買物を現金で払い続けるのと、クレジットカードで払い続けるのとでは、将来大きな差が生まれます。

もし、皆さんがコンビニで”現金払い”さいているようでした、ぜひ”クレカ払い”をしてみて下さい。ん?コンビニだけじゃなく、あらゆるところで利用すると良いですよ。私もそれで、年に1、2回の無料航空券をGetしています。

*すべての支払を『クレジットカード』にして、年に1回ハワイ無料航空券

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

埼玉県「70歳現役」で助成金 @ 日本経済新聞

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「埼玉県「70歳現役」で助成金」ついてお話しよう

記事を読む

皆さん自民党が大好きなご様子ですが。。。2019年 年金大改悪「給料の60%超が天引き」!?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は年金のお話『2019年 年金大改悪「給料の60%

記事を読む

『貯蓄なし世帯が30%超「貧困化ニッポン」の実態』を読んで思ったこと

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『貯蓄なし世帯が30%超 「貧困化ニッポン」の実

記事を読む

皆さん小泉進次郎さんが大好きなご様子ですが。。。「こども保険へ年金返上」を経営者に要請

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は年金のお話『皆さん小泉進次郎さんが大好きなご様子

記事を読む

「2016年度末 前年同期比2.7%増の1809兆円 」家計金融資産が最高

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『2016年度末 前年同期比2.7%増の1809

記事を読む

大学生の内定率・定着率と従業員の退職金ニーズ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『従業員の退職金ニーズ』についてお話したいと思い

記事を読む

年金受給開始、70歳超も選択可能

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『年金受給開始、70歳超も選択可能』についてお話

記事を読む

社会人1年目の初任給の使いみち『貯蓄 56.2%』年間平均額43万円

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、ソニー生命の行っている『社会人1年目と2年目の

記事を読む

『教育無償化』について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『教育無償化』についてお話したいと思います。&n

記事を読む

内閣支持率と衆議院解散について

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『内閣支持率と衆議院解散』についてお話したいと思

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑