K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「ユニット・リンク」のパクリ商品!?東京海上日動あんしん生命「マーケットリンク」8月2日販売開始

公開日: : 最終更新日:2017/09/08 保険のニュース, 保険商品

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は2017年8月2日から販売開始となる東京海上日動あんしん生命「マーケットリンク」についてお話したいと思います。

まだ情報も少ないので、今日はひとまずサラッと解説しておきます(サラッとでもないかも。。。)

 

「マーケットリンク」

「ユニット・リンク」「マーケットリンク」

名前もなんだか似てますね?

 

私のところにも多くの相談が寄せられるアクサ生命の「ユニット・リンク」ですが、同商品は円建ての有期型変額保険です。

変額保険とは、支払った保険料を株式や債券などといった資産で運用し、運用実績によって保険金や解約返戻金の額が増減する保険です。

死亡時は基本保険金+変動保険金を受け取ることができ、変動保険金は運用成績によって変動しますが、基本保険金は保証されています。

一方、解約返戻金満期金最低保証がなく、運用成績が悪いとその分少なくなり、運用成績がよければ増える仕組みです。

同じような仕組みの変額保険ではソニー生命のバリアブルライフ(有期型)や、ソニー生命の「変額個人年金保険」があります。

*「変額保険」とは?

*8月からファンド規制・ソニー生命の変額終身保険「バリアブルライフ」

*「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」検討の皆さんのニーズはほぼこちら〜ソニー生命「変額個人年金保険」とは?

 

 

で、この「ユニット・リンク」をそのまんまそっくり真似た商品が、今回の「マーケットリンク」という商品です。

細かなところはいろいろと違うと思いますが、大きくは特別勘定と言われる運用先です。

 

特別勘定(運用先)

◯ユニット・リンクの特別勘定

 

◯マーケットリンクの特別勘定

 

ユニット・リンクではオーストラリア債券、マーケットリンクでは海外REITが大きな違いで、後はほとんど同じですね。ただし、ユニット・リンクでは近々新たな運用先を追加するとの話を聞いています。

毎月積立てる保険料の運用を、この運用先の中から契約者が決めるわけですが、これを「ポートフォリオを組む」と言います。

 

で、「ユニット・リンク」と「マーケットリンク」どっちが殖える?

どっちもたいして殖えないと思います。

とは言え、「どっちなんだ?」とい疑問も私自身の中でもあるので比較してみました。

 

【ユニット・リンク】条件 30歳 男性 65歳満了 保険金額10,000,000円 月払保険料18,150円

 

【マーケットリンク】条件 30歳 男性 65歳満了 保険金額10,000,000円 月払保険料19,130円

 

これを見ると、同額の死亡保障だとユニット・リンクの方が、マーケットリンクよりも少し割安です。

で、運用成績『0%運用』の数字で比較してみると、返戻率を見て頂いて分かるように、コンマ数%ですからほぼほぼ同じといったところですね。

 

保険関係費比較

【ユニット・リンク】

 

【マーケットリンク】

 

運用関係費比較

【ユニット・リンク】

 

【マーケットリンク】

 

保険関係費や、運用関係費ではユニット・リンクの方が高いのですが、トータルではほとんど同じような返戻率になっているのは、マーケットリンクが予定利率2.75%に対し、ユニット・リンクでは3.0%になっていることなどによるものです。

ただし、30歳男性65歳満期の条件ですので、女性の場合や、満期を80歳にした場合はもしかすると違ってくる可能性はありますが。。。

 

ですが、そもそも

「お金を殖やす」目的では加入してはいけない保険です

なぜなら、これらの商品はともに「保険」であり「保険」という機能に一部、「運用」という機能が付いているものですから、死亡保障のコストが保険料から差引かれ、年齢にもよりますが、毎月の保険料の約30%〜40%程度は保障としてのコストとして、残りの約60〜70%が貯蓄・運用に回ります。一見すると保障と貯蓄を兼ねた、一石二鳥の良い保険のように見えますが、死亡保障が必要であれば、割安な収入保障保険などで用意し「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」で分けて加入する方が良いです。
 

これをやるくらいなら「個人型確定拠出年金(401K)」の方がマシ

「確定拠出年金(401K)」の仕組みは「ユニット・リンク」や「マーケットリンク」と同じですが、大きな違いは

死亡保険金はない

ということです。つまり、掛金のほとんどが運用にまわるわけですから「お金を殖やす」目的であれば、少なくとも「ユニット・リンク」や「マーケットリンク」のように死亡保障というムダなコストを引かれないだけ良いですし、さらに「確定拠出年金(401K)」は掛金の全額が控除されますので、その点においても「確定拠出年金(401K)」の方が、老後資金の目的には適しています。

*日本国内の商品で老後資金を作るならこれ「個人型確定拠出年金(401K)」

 
しかし、もし皆さんが保険屋さんに
「確定拠出年金(401K)」も比較・検討したい
と言っても、取りあってもらえないと思います。
理由は至って簡単で、ほとんどの保険屋さんは「確定拠出年金(401K)」を販売できませんし、もちろん手数料も入りません。
ですから、どんなに「確定拠出年金(401K)」の方が皆さんのニーズに合っていたとしても、ススメるどころか説明もあまりしてくれないでしょう。
 
 

Point

お金を殖やす目的であれば「元本確保型年金プラン」の方が、確実に殖やすことが出来ます。
同プランでは積立期間により3つのタイプがありますが、どれも最低保証されている満期金があるので、将来の確実な資金準備計画ができ、
老後資金としてはもちろん、お子さんの教育資金などにも有効です。

◯10年満期プラン
10年後に積立た金額(元本)を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。
仮に月々300USD(約33,000円)を10年間積立た場合は(*1USD=110円)
 
・10年積立総額:300USD✕12✕10年=36,000USD(約3,960,000円)
・10年後満期金:36,000✕100%=36,000USD(約3,960,000円:最低保証)
・最低保証返戻率:100%
 
 
◯15年満期プラン
15年後に積立た金額の+40%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。
仮に月々300USD(約33,000円)を15年間積立た場合は(*1USD=110円)
 
・15年積立総額:300USD✕12✕15年=54,000USD(約5,940,000円)
・15年後満期金:54,000✕140%=75,600USD(約8,316,000円:最低保証)
・最低保証返戻率:140%
 
 
◯20年満期プラン
20年後に積立た金額の+60%を最低保証した上で、米国の株式に連動し更に殖えて受けとれることができるものです。
仮に月々300USD(約33,000円)を20年間積立た場合は(*1USD=110円)
 
・20年積立総額:300USD✕12✕20年=72,000USD(約7,920,000円)
・20年後満期金:72,000✕160%=115,200USD(約12,672,000円:最低保証)
・最低保証返戻率:160%
 

20年後に160%の満期金を最低保証しているということは、「ユニット・リンク」で言うところの『7%以上の運用』に相当します。

 
 
この数字を見てどちらの方が良いと感じるかは皆さんにお任せしたいと思います。
 
興味のある方はいつでもお気軽にご相談下さい(無料です)
 

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

”保険は保険・貯蓄は貯蓄” なぜ「ユニット・リンク」や「バリアブルライフ」に加入してはいけないのか?【保険は貯蓄も兼ねません】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、なぜ「ユニット・リンク」に加入してはいけない

記事を読む

個人年金保険ランキング1位〜ソニー生命の「個人年金保険」5月2日販売停止

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はソニー生命の「5年ごと利差配当付個人年金保険」販

記事を読む

”保険大好き日本人”の保険加入率が低下

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本の保険加入率低下に関するお話です。 

記事を読む

5月1日販売終了「ソニー生命 学資保険 Ⅲ型」〜学資保険ランキング1位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「学資保険」のお話です。各条件にもよりますが、現

記事を読む

こりゃヒドイ「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「マニュライフ生命 こだわり個人年金保険」につい

記事を読む

SMBC日興証券5月11日販売開始・第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はSMBC日興証券から5月11日に販売開始された第

記事を読む

月々500円の先進医療保険!9月20日販売開始〜損保ジャパン日本興亜ひまわり生命「Linkx coins(リンククロスコインズ)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年9月20日販売開始〜損保ジャパン日本興

記事を読む

【医療保険初・非喫煙者割引】1月2日販売開始〜マニュライフ生命の医療保険「こだわり医療保険 with PRIDE」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は1月2日販売開始、マニュライフ生命の医療保険「こ

記事を読む

10月2日リニューアル〜オリックス生命 緩和型医療保険「新 CURE Support(キュア サポート)」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月2日リニューアル「オリックス生命 医療保険

記事を読む

10月1日販売開始〜フコク生命 一時払終身保険(告知不要型)「スマートAge」

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月1日から販売開始、フコク生命 告知不要型

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑