ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

知識レベルに格差がありすぎると「普通に話しているだけ」なのに相手にとっては「バカにされている」ように感じる @ を読んで

公開日: : my life

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は、あるFacebookの投稿についてお話しようと思います。

 

先日、Facebookを見ていると、こんな投稿を見ました。

単純にシェアすれば良いだけという話もありますが、少し思うこともありブログでご紹介したいと思います。

 

知識レベルに格差がありすぎると「普通に話しているだけ」なのに相手にとっては「バカにされている」ように感じる

 

〜〜〜〜 以下、そのまま引用 〜〜〜〜〜

つい先日買ったiPhoneが故障したので、AppleストアにiPhoneを修理しに行った。

予約ができなかったので、「当日枠」に入るためApple storeまで出かけ、15分位待ってiPhoneを診てもらえることになった。

 

Genius barに行くと「あちらの机の席にかけてお待ち下さい」と言われた。担当者が来るまで、暫く時間があったので周りの人達を眺めていると、なにやら向かいの席が騒がしい。

見ると、初老の夫婦がAppleのスタッフに対して、声を荒げている。

ついに、初老の男性がキレた。

「何でお前はそんなに上から目線なんだ!」と大声で怒鳴る。女性も「スタッフを変えて!」と大きな声で周りにアピールをしており、周囲が少しざわついた。

 

Appleのスタッフは去り、初老の夫婦だけが残された。

彼らは「なんでこんな上から目線なんだ、バカにしやがって……」と話していた。

 

話が全て聞こえてきたわけではなかったので、私に正確なところはわからない。

だが、様子を見ていて感じたのは

◯初老の夫婦は、Appleのスタッフの言っていることをあまり理解できていないようだった。おそらくコンピュータにかなり疎いと思われる。

◯Appleのスタッフは丹念に説明しようとはしていたが、相手の知識の程度が低く、イラついていたようだった。

 

おそらく「知識のあるスタッフ」の説明が、「コンピュータに疎い初老の夫婦」にとっては見下されているように感じたのだろう。

お互いに不幸な、コミュニケーションの不調だったように感じた。

 

正直に言えば、初老の夫婦は少々短期で、スタッフに対する礼儀を欠いていると感じた。スタッフに対する口調も、高圧的で、一種の「クレーマー」的なものを含んでいた。

忙しい中であのような変な人々を相手にしなければならないAppleのスタッフには頭が下がる。

 

だが一方、逆の目線から考えると、「Appleのスタッフが上から目線だ」という老夫婦のクレームは、必ずしも理解できないものではない。

知識レベルに格差がありすぎると、「普通に話しているだけ」なのに相手にとっては「バカにされている」ように感じることが多々あるのだ。

 

例えばあなたがシステムに疎い場合、「情シス」の人たちの説明が、「妙に上から目線だ」と感じたことはないだろうか。

病院に行ったとき、無愛想な医者が「上から目線だ」と感じたことはないだろうか。

学者の講演が「上から目線だ」と感じたことはないだろうか。

 

事実として、知識レベルに格差がありすぎると「普通に話しているだけ」なのに相手にとっては「バカにされている」ように感じることは多く見られる現象である。

これは、「知識を扱う人」は、よほど気をつけなければならない。

実際、営業活動においては「提案の中身」よりも「言い方」のほうが遥かに重要であるようなシーンも多い。

 

だから当然、知識をもつ側の人は、そこで「勉強しない人が悪い」と思ったり、「知識がないからバカにされて当然」と言った態度であってはならないだろう。

 

ピーター・ドラッカーは「知識ある人の責任」について、こう述べている。

知識ある者は、常に理解されるように努力する責任がある。素人は専門家を理解するために努力すべきであるとしたり、専門家はごく少数の専門家仲間と話ができれば十分であるなどとするのは、野卑な傲慢である。

大学や研究所の内部においてさえ、残念ながら今日珍しくなくなってきているそのような風潮は、彼ら専門家自信を無益な存在とし、彼らの知識を学識から卑しむべき衒学に貶めるものである。

 

Appleストアのスタッフも、おそらく「話し方」についての訓練を受けているものだとは思う。が、「スマホの操作に疎い老人」たちが「上から目線だ」と憤っていたのは、ある意味必然だろう。

それはアメリカの大統領選で起きた「エリートが嫌い」「インテリが嫌い」という感情的な反発と構図は全く一緒である。

〜〜〜〜 以上 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

これをご覧になっている多くの皆さんも、それぞれ「専門」のフィールドで仕事をされているかと思いますが、これは私のような「保険」を含め、広く金融業界と呼ばれるところに身を置く人にとっても、特にあてはまるものだと感じました。これまで私のクライアントの中にも、ココロの中ではこんな風に感じている方もいたのではないだろうか?と心をよぎります。

文中にあるように、実際の営業活動においては「提案の中身」よりも「言い方」のほうが確かに重要であるように思います。しかし、キャリアを重ね知識が増えるごとに、セールスの多くが”より凝ったもの”になる傾向があり、私はセールスではなくアドバイザーの立場ですが、改めて「伝え方」については細心の注意を払わなければいけないと感じました。

ただし、セールスの中には「よりわかりやすいように噛み砕いて」説明するのではなく、わかりやすいところだけを説明して、『どうせ説明してもよくわからないだろう』と、少し難しくなるような部分は説明しなかったり、よりよく見せるための部分を”誇張する”セールスやアドバイザーを見受ける時がありますが、これはダメ。実はこれ、頂く相談でも多くあるものです。

 

「為替手数料?解約控除?、、、何それ、聞いてない」

「えっ、そんな大事なところ聞いてないんですか?」

 

「放っておけば10年で倍になるって言ってました」

「そんなことはどこにも書いてませんね、『倍になるかもしれません』って言ってのではないですか?」

 

これ、金融商品の”あるある”です。

専門的になり過ぎず、かと言って単にわかりやすい内容だけではなく、難しい内容の部分も含めてきちんと正しく伝えることを心掛けていきたいと、この記事を見て改めて、今後のあり方を考えるキッカケとなりました。

「こんなことも知らないのか」と思われたくないと、ついつい気まずさもあって質問しそびれることもあるかもしれませんが「専門家」ではない皆さんはわからなくて当たり前ですから、遠慮なくわかならいことは「わからない」と言うことも大事ですね。*ただし、お互い最低限のマナーを持って

 

「伝えたこと」が「伝わったこと」ではなく

「伝わったこと」が「伝えたこと」

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。


あなたの生命保険を無料診断(所要3分)

↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング

関連記事

保険屋さんから嫌われる(”イラッ”っとされる)お客さん像

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『保険屋さんから嫌われるお客さん像』についてお話

記事を読む

私が20代のサラリーマン時代に入っていた保険

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「私の加入していた保険」について少しお話しようか

記事を読む

「MDRT」もいろいろ〜保険会社の手数料基準で違う「MDRT」のなりやすさ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は、「MDRT」のなりやすさについてお話したいと

記事を読む

私なら「MDRTから保険に加入したくない」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。私はこのブログの中であまり個人的な感想を書くことはな

記事を読む

『Uber』というサービス

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、保険とはあまり関係ないお話をしようかと(後半で

記事を読む

そもそも、なぜ海外の保険が規制されているのか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「そもそも、なぜ海外の保険(金融商品)が規制され

記事を読む

映画「スノーデン」を観て来ました

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は私の趣味のひとつ『映画鑑賞ネタ』保険はおやすみで

記事を読む

そう言えばそうだった『昭和の常識ランキング』

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はちょっと寄り道なお話『昭和の常識ランキング』につ

記事を読む

羽田より成田のほうが便利と感じる今日この頃。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は保険とは関係ありません、私の個人的なお話、つぶや

記事を読む

明日開催・K2主催合同セミナー(海外投資・海外生命保険・海外不動産・マイナンバー制度)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、明日開催のセミナーご案内です。 いよ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑