オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

相談事例:みずほ銀行で勧められた「第一フロンティア生命 600万一時払い豪ドル死亡保険」について教えて下さい。

公開日: : 最終更新日:2016/01/13 保険相談事例

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います。

最近は豪ドル建の商品をススメてくる銀行や保険会社は少なくなってきています。

 

【質問】

以前、みずほ銀行で勧められた第一フロンティア生命の600万一時払い豪ドル死亡保険について教えて下さい。

最近新たに米ドル建も勧められています。

 

【回答】

みずほ銀行で勧められた第一フロンティア生命600万一時払い豪ドル死亡保険について教えて下さい。

 
第一フロンティア生命の豪ドル建商品もいくつかあるので、商品名や証券などを拝見しないと、どの商品なのかはわかりませんが、みずほ銀行で勧められたとのことであれば、「プレミアセレクトM」という商品の終身保険か個人年金保険、または「プレミアレシーブ」とう終身保険か「プレミアカレンシー」という個人年金保険かと思います。
「プレミアセレクトM」は変額商品、「プレミアレシーブ」と「プレミアカレンシー」は定額商品ですので、基本的な仕組みが大きく違います。
 
第一フロンティア生命は同じような商品を銀行や金融機関によって名前を変えて販売していて「プレミアセレクトM」を三井住友系の金融機関では「ダブル・フロンティア」という商品名で似たような商品を販売しています。
この商品は以前、私のブログで詳しく解説していますので参考にして下さい。

*SMBC日興証券5月11日販売開始・第一フロンティア生命「外貨建個人年金ダブル・フロンティア」

 
また、ほとんど同じような仕組みの商品をアクサ生命保からも販売していて、こちらはYouTube(音声動画)で解説していますから、こちらも参考にして下さい。

*9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」 

 
正直なところ、この商品はあまり投資経験などの無い方は少し難しく感じるかもしれません。
 
いずれにしましても、豪ドル建ての商品全般についてのアドバイスですが、通貨リスクの分散という意味では豪ドルや、その他の外貨を持つことは悪いことではありませんが、◯◯さんが現在お持ちになっている資産のほとんどが日本円の場合、まずはも米ドルをお持ちになり運用されるのが良いと思います。

*それでも”円”だけを持ち続けますか?【外貨を持ったほうが良い理由】①

 
ご存知のように、世界の基軸通貨は米ドルですし、先日の米ドルの利上げも考えると新興国の通貨安や、日本円も更に円安の可能性が大きいと思います。
この商品もそうですが、銀行や保険会社はここ数年、かなり豪ドルの商品の販売にチカラを入れていましたが、それはアメリカのゼロ金利政策により米ドル商品の利率があまり良くない一方で、利率の高い豪ドル商品が単に売りやすかっただけであり、こうして豪ドルと米ドルの金利差が縮まればまた、豪ドルはまるで無かったことのように米ドル商品をススメます。現に今度は米ドル商品をススメてきてますね?
 
また、1年後もアメリカは更なる利上げが考えられますので、米ドルで運用をされるのが良いと思いますが、弊社では皆さんそれぞれ、どの程度のリスクを取れるかなどを伺った上で、世界中にある商品の中から一番その方に適している商品をご案内しています。リスクをそれほど取らなくても3%/年や8%/年という5年満期の商品が世界にはあります。
◯◯さんのお考えを伺えれば、◯◯さんに良いと思われる商品をご案内します。
 

Point

通貨分散は非常に大事な考え方です。特に今後はその重要性がますます高まります。
ただし、単に分けるだけではなく、どの通貨に分けて分散するのかも重要なことですね。

無料直接相談はこちらから

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

相談事例:結婚し、どの保険に入るか悩んでます。確定拠出年金は相談にのってもらえませんでした(28歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:メットライフのプランナーに「サニーガーデンEX豪ドル建」「ドルスマート」を勧められました(42歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:今は終身保険(死亡保障)を買うタイミングでないですか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。この問題意識があ

記事を読む

相談事例:郵便局の保険で新フリープランに加入しました。10年払っていれば確実に得をするものなのでしょうか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

相談事例:学資保険代わりの「低解約金返戻金型終身保険」貨幣価値の変化等を考えるとどうなの?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。

記事を読む

相談事例:老後資金目標金額は最低1,200万円以上。余裕をみると3,000万円以上必要かもしれません(39歳 女性)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:個人年金に入りたいのですが、保険会社が潰れるとどうなりますか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は相談依頼の方の事例を紹介したいと思います。&nb

記事を読む

相談事例:新社会人の息子の保険、どんな保険に入ればよいか探しています

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:無料相談で質問のメールを送りすぎて、FPの方を怒らせてしまったようです(37歳 女性 独身)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今回は実際に相談依頼を受けた事例を紹介したいと思います

記事を読む

相談事例:転換の契約をさせに来て、こちらの意向と異なる保険を契約させたことが非常に心外です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は相談事例を紹介したいと思います。 【質

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑