ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

公開日: : 最終更新日:2017/02/04 保険のニュース, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話しようかと思います。

 

8月のブログで、大手5行が保険販売手数料開示となることを書きました(見てくれてますか?w)

*大手5行が保険販売手数料開示

 

簡単に説明しますと、銀行はマイナス金利の影響で今までのビジネスだけでは儲からないので、投信や保険商品をガンガン売って手数料稼ぎに躍起になっていたのだけれど、あんまりに度が過ぎた結果、国会で問題視され「その保険売って、どんだけ儲かるか契約者に開示しなさい」ってことになり、2016年10月から三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、りそな銀行、三井住友信託銀行の大手5行で手数料開示が行われることになりました。

 

で、銀行としたらこれではマズイわけです。

”窓販”と呼ばれる、窓口で保険販売する銀行や証券会社に支払う保険会社からの手数料は、保険会社や各契約条件にもよりますが、概ね

円建:1~6%

外貨建:4~9%

もちろん、これら手数料は契約者が支払う保険金が原資になっているので

「1,000万円の保険を買ったと思ったら、翌日には950万円分しかないのと同じ」

ん〜こんなのバレちゃうマズイ!!

 

そこで、銀行はどうやら手数料の受取方法を、、、

手数料L字払

これはどうゆうことかと言うと、通常、一時払の保険商品の手数料というのは、1〜2ヶ月後に一括で受取ります(保険会社から振込れます)これを一括ではなく、初年度の手数料を薄くし、2年目以降数年間で”継続手数料”を受取る「L字払(受取額を図にするとL字型になるのでこう呼ばれています)」で受取る方法に変更した様子(または予定)

例えばこうゆうイメージです

 

これまでの手数料受取方法

一時払保険料:1,000万円

手数料 7%:70万円

 

改訂手数料受取方法

一時払保険料:1,000万円

初年度手数料 3%:30万円

継続手数料  1%:10万円 ✕ 4年

合計手数料  7%:70万円 

 

銀行は1,000万円支払った契約者に対して、これまでの受取方法では

『保険料1,000万円、当行は70万円の手数料を頂きま〜す、ありがとうございま〜〜す』

のはずが、

『保険料1,000万円、当行は30万円の手数料を頂きま〜す、ありがとうございま〜〜す』

で、良い。そう、初年度の手数料だけ開示すれば良いんです。

 

こんなことは海の向こうでもとっくにあったことで、イギリスやオーストラリアでは手数料を記した書面をクライアントに開示し、署名を頂かないと契約が成立しないことになった段階で、代理店の受取る手数料の型をL字型(初年度の手数料が多く、2年目以降少なくなる型)からフラット型(1年目もそれ以降も同じ手数料)に変更。開示する必要が初年度手数料のみだと、”いたちごっこ”だったりするわけで、ここらあたりは世界中、考えることは一緒なんですね。

 

実はここまでの話は大手5行からヒアリングを行ったわけではなく(聞いても答えてくれないでしょうけど)、全保険会社からヒアリングしたわけでもありません。銀行にも商品提供ある外資系の保険会社の方から聞いた情報です。ただし、これまでの経験上からもおおよそこのような結果は予想できていましたので、恐らくそう大きく間違ってはいないと思います。銀行も保険会社もこのようなトリッキーな方法を行っているはずです。

 

いずれにしてもこの手数料開示の波、銀行だけではなく保険業界でも顧客への手数料開示が義務となる日も近いでしょう。

*保険ショップ規制案発表「手数料の報告義務化」

 

Point

このように「受取方法」を変更したりと”あの手この手”はいくらでもあります。また、保険業界の手数料体系は実は結構複雑で、代理店によって「シャドーボーナス(裏ボーナス)」ってのも存在します。銀行あたりでも当然、このようなボーナスがあるはずで、銀行ほどの大型代理店であれば、そのボーナスは数億から数十億円単位かと思います。ですから、金融庁がどんなに躍起になったところで「残念賞」が関の山ってところでしょう。

*http://海外生命保険相談.com/domestic/



直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「引受緩和型医療保険」の最新情報(2015年2月)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は引受緩和型医療保険の情報を提供させて頂きます。&

記事を読む

7月から「ペーパレス化」メットライフ生命@イイね

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「メットライフ生命のペーパレス化」についてお話し

記事を読む

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしている。。。かも

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「某外資系保険会社、日本撤退か?」の話題です。 

記事を読む

10月2日リニューアル〜オリックス生命 医療保険「新CURE」〜30歳女性ランキング3位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月2日リニューアル「オリックス生命 医療保険

記事を読む

保険セールという生き物の「ホンネ」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険セールのホンネ」についてお話したいと思いま

記事を読む

海外で病気になったら!?オススメ海外旅行保険【三井住友海上 ネットde保険@トラベル】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、日本ではいよいよゴールデンウィークですね。先日

記事を読む

プレジデント『保険は3月までに入らないと損をする』@何をアホなことを。。。

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はプレジデントオンラインの記事『保険は3月までに入

記事を読む

某外資系保険会社は日本から撤退しょうとしているかも。。。「メットライフ生命」です

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日のテーマは「某外資系保険会社は日本から撤退しょうと

記事を読む

あなたの申込んだ「保険無料相談」の情報は◯◯万円で買われている〜だから保険を売りつけられる

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「あなたの申込んだ保険相無料談の情報は◯◯万円で

記事を読む

”ご乱心”日本生命「ライフプラザパートナーズ(ほけんの窓口グループ)」をお買上げ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。このブログもお陰さまで多くの方に読んで頂けるようになり

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑