K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

お金を銀行に預けておいただけで相続税がタダになる!?「プレミアムファイナンス」とは?

公開日: : 最終更新日:2018/01/30 海外保険, 保険商品(死亡), ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日のテーマは、海外生命保険を活用した相続対策「プレミアムファイナンス」です。

タイトルはちょっと盛ってしまいましたが、相続税がタダになるわけではなく”云わばタダ同然になる”というお話です。

 

これは日本にはない非常に面白い仕組みで、保険に加入する「契約者」と「銀行」「保険会社」の三者間スキームです。

わかりやすいように、ものすごくザックリとしたイメージでご説明します。細かな計算はさておき、すべてザックリです。相続税もわかりやすく最高税率50%とします。

例えば預貯金や不動産など、すべての資産で7億円持っている50歳の男性社長さんがいたとします。何も相続対策していなければ、日本では半分は相続税で国に持って行かれてしまいますね。残るのは3億5,000万円です。

 

そこで、この社長さんは海外の銀行と保険会社を使った相続対策をします。下のイラストを見て下さい。

社長さんがこのスライドの「保険契約者」です。契約者である社長さんは持っている資産の中から1億円の現金(キャッシュ)を海外の銀行に預けてもらいます。

銀行はこの1億円を担保に、一時払保険料3億円を保険会社に支払います。銀行としては社長さんに3億円を貸し付けているようなイメージです。

この銀行が支払った3億円の保険料で、社長さんは死んだ時に10億円がおりる保険に加入します。社長が亡くなるまでの間、この契約の保険証券は銀行が持っています。これを専門用語で「質権設定契約」と言っています。(似たような仕組みでは住宅をローン購入した際に組む「団体信用保険」などがそうです)

プレミアムファイナンス

 

 

 

そしてある日、社長が亡くなります。下のイラストです。

スプレミアムファイナンス

社長が亡くなると保険会社は保険金10億円を銀行に支払います。

銀行はご遺族に対して、社長に保険料として貸付けている3億円を差し引いた7億円と、担保で預かっている1億円を返します。

さて、この時点で遺族にはどれだけの資産になっているでしょう?

社長さんは元々持っていた合計7億円の資産のうちの1億円を銀行に預けただけで、7億円の保険金が増えて遺族に渡すことになります。足して14億円ですね。

そして、日本ではここから相続税を納税しなければなりません。

2015年1月から日本の相続税最高税率は55%なわけですが、わかりやすく半分の50%と考えれば、14億円の半分である7億円を、この保険金7億円を使って納税します。すると、社長が元々持っていた7億円の資産はまったく減ることもなく遺族の元に移転することができます。

銀行の貸付金利や、当初担保で預けている1億円の運用金利、また相続財産の基礎控除、死亡保険金の非課税枠などを含めると実際の数字は少し違いますが、大筋ではこんな流れになります。日本の銀行や保険会社ではこのようなスキームは組むことができませんから、皆さんに案内することは100%ないと思います。そもそも日本の銀行員や保険マンがこのような仕組みを知っている人はほとんどいないと思いますが…

 

7億円の資産を持っていて、相続対策を何も講じない人はいないとは思いますが、仮に何もしていなかった場合は、半分しか遺してあげられなかったのが、このような策を講じていた方は全財産を遺すことが出来ることになります。それも、ある期間1億円預けただけで言ってみれば「タダ」ですね。その差は何でしょう?

この「プレミアムファイナンス」という仕組みがあるのを知っていた、そしてこれをサポートできるアドバイザーがいた

たったそれだけです。この仕組みを知っていたか知らなかったというだけで、こんなにも違いが出てきます。

 

Point

「日本の金融商品が正しく、海外の商品は信用できない」
未だにそんなことを言っている、思考を持っているとしたら、そろそろ「その間違った認識」を改めないと、この日本という国ではいつまでたってもお金は殖えませんし、残すこともできません。海外というだけで選択肢から外したり、一個人の偏見で何かを否定するようなことをしてしまえば、皆さんにとって最も良いものを見つけることは不可能になります。私が知る限り、言語が英語、登記が海外というだけで、今日ご紹介した「プレミアムファイナンス」など、良い金融商品は日本よりもむしろ海外にあるのをこの目で見てきました。これからは日本だけでなく世界を含め「偏見なく、広い視野を持つこと」です。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

プレミアムファイナンス入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1億円の資金で10億円の保険金(死亡保障)を掛けられる方法です。

  • 銀行ローンで預金の3倍にレバレッジ
  • 海外生命保険で3億円の保険料が10億円ぼ死亡保険金にレバレッジ
  • これがプライベートバンクが相続税対策で最も使っているスキーム

銀行ローンを使うのですが、預金担保の最低額は1億円(100万ドル)。

それ以上の資産がある方はこの入門書をご一読ください。

関連記事

国民年金が何故お得なのか?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『国民年金が何故お得なのか?』についてお話したい

記事を読む

ジブラルタ生命の「米ドル建終身保険(低解約返戻金型)」〜30歳男性ランキング1位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2015年11月現在で、30歳男性が最も返戻率(年金総

記事を読む

プルデンシャル生命とジブラルタ生命の「リタイアメント・インカム」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は、米ドル建て特殊養老保険「リタイアメント・インカ

記事を読む

保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用意できちゃう?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険に入らなくても死亡保険金が海外積立年金で用

記事を読む

販売終了間近「海外個人年金」No.2【8−8プラン】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『販売終了間近「海外個人年金(8−8プラン)」』

記事を読む

「生活設計に関するデータ」〜医療編②【がん・脳梗塞・心筋梗塞・先進医療】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。シリーズ「生活設計に関するデータ」今日は医療編②です。

記事を読む

9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命から2015年9月1日に販売開始された

記事を読む

マニュライフ生命の終身保険「こだわり終身保険v2」〜30歳男性ランキング1位

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。2015年5月現在で、30歳男性が最も返戻率(年金総額

記事を読む

”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国立大学授業料値上げ」についてお話をしたいと

記事を読む

全額損金の保険はまだまだあります(経営者向け)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『全額損金(全損)の保険』についてお話したいと思

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑