ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

苦情はここへ”Go”〜「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」とは?

公開日: : 保険用語・基礎, 保険用語集, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。

今日のテーマは、「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」についてです。

 

毎日、多くの皆さんから頂く保険に関する相談メール。特に加入方法に問題、疑問の多いのが「ユニット・リンク」に関するもので、実際に同商品の苦情は増えているようです。

*「ユニット・リンク」の苦情が増えているらしい件(もっと増えるなぁ、きっと)

 

「ユニット・リンク」の場合では、クライアントが死亡保障は必要とせず、老後資金や学資資金などの「貯蓄」を目的にしていると言っているにも関わらず「ユニット・リンク」をススメ、さらに

・満期時や解約時に元本割れのリスクがある
・この保険は死亡保障のついた保険で、保険料の一部は「保障」のコストとして引かれるため、保険料のすべてが「運用」にまわっているわけではない
 
これらの説明を十分にせずに契約させている事案が多くあるようです。
契約の申込日または第1回保険料相当額(第1回保険料 を含)の領収日のいずれか遅い日から、その日を含めて8日以内 であれば、書面により申込みの撤回または解除をすることができ(これをクーリングオフと言います)この場合、払込保険料は全額戻ってきますが、私の元へご相談頂くケースのほとんどは既に8日以上経過しています。そのような場合、オススメするのが「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」を利用することです。
 
 

「金融ADR(Alternative Dispute Resolution)制度」

まず、ADR(Alternative Dispute Resolution:裁判外紛争解決手続)とは、身の回りで起こるトラブルを裁判ではなく、中立・公正な第三者に関わってもらい、適切な解決を図る手続きで、金融ADR制度とは、金融分野における裁判外紛争解決手続のことです。クライアント(契約者等)が、生命保険会社との間で十分に話し合いをしても問題の解決がつかないような場合に活用することができます。生命保険業界では「一般社団法人生命保険協会」が、生命保険の裁判外紛争解決手続を行う指定紛争解決機関に金融庁から指定され、2010年10月1日より業務を開始しました。

クライアントが給付金支払いで生命保険会社に苦情申し立てをしたものの解決に至らなかった場合、今までは訴訟を起こす必要があり、多くの「手間」「時間」「費用」が掛かり、また一個人が直接企業と交渉しても…、と訴訟を躊躇することも考えられました。しかし、この金融ADR制度を利用すれば、中立・公正な立場の第三者機関の支援を受け、「無料」かつ「迅速」に紛争解決を行えるというメリットがあります。

この手続きは、クライアントが一般社団法人生命保険協会の「生命保険相談所」、および全国各地に設置された「連絡所」に、電話・文書(電子メール・FAX不可)・来訪等で、生命保険に関するさまざまな相談・照会・苦情の申し出を行うことから始まります。
「生命保険相談所」が苦情の申し出を受けた時から原則として1か月を経過しても解決しない場合は、生命保険相談所内の「裁定審査会」に申し立てることができます。

 

ADR

ADR

 

Point

皆さんの大切な資産。金額の大小は関係ありません。

保険会社と保険セールスの”餌食”とならないよう、泣き寝入りせずに”Action”にうつしましょう!

いつでもご相談下さい。

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「低解約返戻金型保険」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「低解約返戻金型保険」について簡単にご説明した

記事を読む

保険の基礎

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は少し保険の内容に入っていきたいと思い

記事を読む

保険ショップ規制案発表「手数料の報告義務化」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はちょっと寄り道をして2月19日(木)の日経新聞の

記事を読む

ぶっちゃけ、セールスレディの人って”あんな商品”を正気で売ってるの?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はちょっと裏話をしてみようかと。。。 先

記事を読む

保険会社の介護保険に加入する前に@公的介護保険と高額介護サービス費

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は医療保険の必要性にも関係してくる「公的介護保険と

記事を読む

「失効」「復活」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「失効」「復活」についてお話したいと思い

記事を読む

「無解約返戻金型保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「無解約返戻金型保険」について簡単に

記事を読む

保険セールスの担当者次第であなたの”運命”も変わる

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今回のテーマは「保険セールスの担当者次第であな

記事を読む

法人の役員退職金プランでよく使われる「長期平準定期保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「長期平準定期保険」についてお話したいと思います

記事を読む

インフレ率2%って?「72の法則」を使ってイメージしよう

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はインフレ率2%の世の中を「72の法則」を使って

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑