オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「子どもNISA(ジュニアNISA)」は学資保険の代わりになるか?

公開日: : 最終更新日:2015/08/14 保険のニュース, ライフプランニング

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今回は「子どもNISA」についてお話したいと思います

 

既にNISA口座をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、NISAとは毎年100万円までの株式投資投資信託などの運用益や配当金を最長5年間非課税にする制度ですね。

この制度は2014年1月、20歳以上の成人に対して導入され、既に1年半以上が経過しましたが、2016年から一部制度が変更となり、現在の投資可能枠年間100万円から120万へと拡大されることになります。

これは毎月10万円ずつ積立ていきましょうというストーリーにも、うってつけの金額ですね。

 

さらに2016年からは未成年に対しても投資の窓口を広げようということで、子ども版のNISA「子どもNISA(ジュニアNISA)」がスタートします。対象年齢は0歳 〜19歳までの未成年、年間投資枠80万円が予定されています。口座開設は1月からですが、利用開始は4月となっていて、恐らく学校の新年度に合わせたということでしょうね。来年の春には「お孫さん、お子さんの入学祝いをNISAで運用」なんてセールストークになることでしょう。

ネーミングこそ“子ども”とついていますが、お子さんが運用することは難しいですから、実質的には家庭内のNISA枠が増大したと捉えることになります。例えば、お子さんが2人いるご家庭の場合、夫婦で年間の合計200万円の枠だったものが240万円になり、お子さん2人分の枠160万円が増え、年間合計400万円がNISA口座で取引できるようになります。

 

また、この「子どもNISA」にはある狙いがあります。毎年同じ時期に同じ金額を、祖父母や両親がお子さんに贈与すると連年贈与となって、年間認められている110万円贈与税の非課税が否認される恐れがありますが、この「子どもNISA」はその心配はないようで、これにより多くの預貯金が眠っているといわれる高齢者世代=祖父母から孫に資産を渡す生前贈与として促す思惑のようです。ちなみに、このような贈与の方法は生命保険契約でも同様に認められていて、親が子に毎年、保険料分の金額を贈与し、

・契約者:子

・被保険者:親

・受取人:子

とするものです。

 

私のところでもそうですが、祖父母というのは【孫】には”からっきし弱い生き物”ですからね(笑)「子どもNISA」だけに限らず

「お孫さんのために」ー なんて言われるとすっかりダメですね。

これに目をつけ、恐らく「お孫さんの学資保険の代わりに」というトークも繰り広げられることと思います。

 

が、しかしちょっと考えてみましょう。

そもそも子どもNISAに限らず、このNISAという制度は”投資”です。投資ですから元本は保証されていません。

資産運用することにおいてはこれは当たり前のことですし、投資を否定するものではありません。そのリスクをできるだけ抑えて分散投資すれば良いわけです。ただし、学資保険に代わる選択肢として、子どもNISAを利用するのはオススメしません。

アベノミクス以来、ここ数年の株高に支えられ、NISAをキッカケに投資を始めた人はそれなりに儲かっている方も多いかと思いますが、殆どの方はそれは「偶然」「運が良かった」だけではないでしょうか?たまたま今、株価が上昇局面にあるだけに過ぎません。いろいろ調べ、分析して利益を出されているとおっしゃる方も中にはいらっしゃるかもしれませんが、ここ数年はよっぽど”逆”をいかない限り多くの方がプラス、少なくともプラスマイナスゼロくらいにはなっていると思います。しかし、これから先も利益を出し続けられるかどうかは別のことです。ある時期に”一瞬儲かる方”、”儲かった方”はたくさんいるかもしれませんが、皆さんのまわりで株やその他、投資といわれるものだけで利益を出し続け生活されている方=生業にできている方はどれだけいらっしゃいますか?ある程度コンスタントに利益を出し続けることができるというのはそうゆうことです。まさに『餅は餅屋』という誰もが知っている日本語はそんなことを言い得た言葉でしょう。

 

ですから、必要となる期日や金額が具体化・明確化しているお子さんの学資資金については、資金計画しやすいプランであるべきで、そのためには最低保証された利回りの商品でありながら、インフレにも対応したものがNISAよりも適しています。

それには海外積立年金の中の、15年後の返戻率(受取れる金額÷支払総額)140%(1.4倍)を最低保証しながら、米国の経済にともなってそれ以上に受取ることが期待できる商品は計画的に確実に学資資金を用意する目的にはオススです。

例えば毎年80万円(約6,666ドル)を積立ていった場合、15年の積立総額 約100,000ドルに対し、140%の140,000ドルが最低保証されて満期を迎えます。

[直接相談]

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

2月20日商品改定〜アフラックの「ちゃんと応える医療保険EVER」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2月20日に商品改定のアフラック「ちゃんと応える

記事を読む

これがわからない人は「積立年金(投資)」をしてはいけない!投資信託の平均保有期間2〜3年という事実

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「投資信託の平均保有期間は2〜3年という事実」

記事を読む

4月2日販売開始〜AIG富士生命のがん保険「新がんベスト・ゴールドα」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は4月2日から販売開始、AIG富士生命のがん保険「

記事を読む

逓増定期保険を活用した法人から個人への資産移転「名義変更プラン」@NN生命販売停止

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「逓増定期保険を使った法人から個人への資産移転

記事を読む

法人向け全額損金の商品〜NN生命「生活障害保障型定期保険」2017年9月改定

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はNN生命「生活障害保障型定期保険」について解説

記事を読む

「医療保険」や「がん保険」は”終身払”が良い。アフラックの「がん保険」のあゆみ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「医療保険やがん保険は終身払が良い」その理由に

記事を読む

景気の良い実感がなくてもやっぱり身の回りは『インフレ』なんだよなぁ

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はまた「インフレ」についてお話していきたいと思いま

記事を読む

10月2日リニューアル〜オリックス生命 低解約返戻金型終身保険「RISE」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は10月2日リニューアル「オリックス生命 低解約返

記事を読む

極論で言えば「保険は貧乏人が入るもの」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「保険は貧乏人が入るもの」についてお話したいと思

記事を読む

9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命から2015年9月1日に販売開始された

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑