K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

保険料ローン(Pローン)とは?@法人の保険活用

公開日: : 最終更新日:2017/12/28 法人保険

さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は海外の新たな保険商品『保険料ローン(Pローン)とは?@法人の保険活用についてお話したいと思います。

 

概要

通常、利益の出ている法人の多くは節税したいと考えています。その際によく使われるのが全額損金、または1/2損金の保険契約なわけですが、これらのほとんどは法人の決算期に行われます。その年の決算期の利益(数字)に応じて、どの程度の保険料で節税対策するかを決めるわけです。

そして、これらの保険契約の保険料を月払で払うと、決算期末でしたら1か月分の保険料しか損金にならないのですが、年払にすると決算期末でもその年の保険料の全額、または半分が損金で落とせるので、通常多くの企業は年払で支払います(私もこれまで、法人の節税対策の契約で月払契約を取ったことがりません)

また、月払よりも年払のほうが、おおよそ3%程保険料が安くなりますので解約返戻率もUPします。

 

しかし、、、決算間近で利益が出て節税はしたいけれど、キャッシュがないという中小企業があります。

そのような時に役に立つ方法がこの『保険料ローン(Pローン)』です。ちなみにこの「P」の意味は、保険料を表す「Premium」からきています。

 

仕組み

法人の保険加入の際に使われる契約方法で、個人契約では使われることはありません。

このスキームは、保険の解約返戻金に対して質権(担保)を設定し、その質権を設定した金額の範囲内で金融機関から融資を受け、保険料の支払いに充てるものです。金融機関は、万が一法人が融資を返済できなくなった場合は、質権設定した保険契約を解約して解約返戻金から融資した金額を回収します。

実際の流れは、金融機関(ノンバンク)が保険の解約返戻金を担保に年払い相当額の保険料を保険会社に支払い、法人は毎月ノンバンクに返済をするという図式なのですが、金利は約2.8〜3.0%程度なのでほぼ月払で保険会社に払う保険料と同じぐらいの金額を金融機関(ノンバンク)に支払うことになります。

これは初年度だけでなく、2年目や3年目の保険料支払いに関してもこの方法を取ることができます。

 

イメージ

 

対象となる法人

・決算末に非常に大きな利益が出ている

・ただし、売掛金の割合が多く、大きな入金が期待できるのは来期以降

・今期のみで考えれば、決算上の利益に対して使える手元資金はそれほど無い。

 

ですから「保険料ローン」というのは、金融機関から1年分の保険料を借りて保険料を月払いで払っている感覚で、年払の節税効果があるようなものなのです。

節税はしたいけれどキャッシュがないという経営者の方、一度ご検討されてはいかがでしょうか?

 

ただし・・・

このスキームの出来る保険会社、できない保険会もありますし「保険料ローン」の融資が実行できるノンバクなども限られていますので、それらのご紹介など、ご質問がありましたらお気軽にお問合わせ下さい(無料)

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

直接相談

こちらは直接、弊社保険アドバイザーへ無料で質問できるフォームとなっています。外資系生命保険会社出身の優秀なコンサルタントが一つ一つお答えしていきます。

関連記事

「法人で加入する保険」保険を使った節税とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は法人の保険を使った節税について少しお話したいと思

記事を読む

「債務返済保障プラン」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「債務返済保障プラン」についてお話したいと思い

記事を読む

法人向け全額損金の商品ならこれ〜AIG富士生命「生活障がい定期保険」2016年3月発売

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はAIG富士生命「生活障がい定期保険」について解

記事を読む

法人の役員退職金プランでよく使われる「長期平準定期保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「長期平準定期保険」についてお話したいと思います

記事を読む

逓増定期保険を活用した法人から個人への資産移転「名義変更プラン」@NN生命販売停止

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「逓増定期保険を使った法人から個人への資産移転

記事を読む

法人向け生命保険市場に関する調査(2016年)

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『法人向け生命保険市場に関する調査(2016年)

記事を読む

保険見直しの際は確認してみて下さい 「団体定期保険」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「団体定期保険」についてお話したいと思います。&

記事を読む

大幅経費削減@労災上乗せ保険

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『大幅経費削減@労災上乗せ保険』についてお話した

記事を読む

保険業界20年「私の一番の想い出」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。私が日本の保険業界に身を置いていた約20年の間に、いろ

記事を読む

一生涯の医療保険を”タダ同然”で手に入れる方法@法人プラン

[contact-field label="名前" type="name" required="t

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑