オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

アクサ生命「ユニット・リンク」を否定しているわけではない

公開日: : 保険商品, 裏話

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日はアクサ生命の『ユニット・リンク』についてお話したいと思います。

 

お問合わせも多い関係で、このブログでもよく登場する「ユニット・リンク」ですが、私が単に「ユニット・リンク」を否定していると、誤解をされている方もいらっしゃるようなので、今回は『ユニット・リンク』についての私なりの考え方を改めてお伝えしたいと思います。

私は予てから、単に「ユニット・リンク」を否定しているわけではありません。きちんと契約者のニーズを聞き、その上で契約者に対して、

 

1)この商品は大大大前提として「保険」なので、積立る金額の30%前後は死亡保障などによるコストとして差し引かれ、その残りが運用に回っているので、単にお金を殖やしたいのであれば、ソニー生命「変額個人年金保険」や「個人型確定拠出年金(401K)」、「積立投資」「NISA」などの方が効率が良いということ。

 

2)死亡保障は付いてはいるものの、仮に運用が上手くいった場合は解約することを前提にしているので、その時点で保障がなくなってしまうため、本当に必要な保障額は別に準備しておいた方が良いこと。

 

最低限、このことをちゃんと説明し、契約者が理解・同意しているなら良いのですが、これまで私のところに頂くご相談の中で『そのような説明を受けた』という方はひとりもいません。皆さん口をそろえて「死亡保障なんて必要なかった」「確定拠出年金のことを聞いてもバッサリ否定された」といったような内容ばかりです。そして、契約者の方が契約後にいろいろ調べて辿り着き感じるのが

 

騙された

 

これでは良くないと言っているわけです。

「海外積立年金」が皆さんにとってのBESTかどうかは契約者ご自身で判断することであって、最低限上記の2点を踏まえて「ユニット・リンク」が良いと思う方は「ユニット・リンク」に加入すれば良いと思います。どれがご自身の資産形成に一番合っているのかを比較して判断すれば良いだけのことです。

 

また『ユニット・リンク』の活用方法として

1/2損金の法人契約

これも悪くないと考えています。

「海外積立年金」では出来ない契約方法です。

この仕組についてはまた近いうちにUPしたいと思います。

 

皆さんも、不明な点があればお気軽にお問合わせ下さい。

『世界中からベストな保険を』K2Assurance 皆さんのオーダーメイドがここにはあります

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

9月1日販売開始〜アクサ生命「外貨建変額終身保険 アップサイドプラス」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命から2015年9月1日に販売開始された

記事を読む

”学資保険は実質元本割れ!?”国立大学授業料「54万円」が16年後「93万円」に【現在の172%、1.7倍】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日は「国立大学授業料値上げ」についてお話をしたいと

記事を読む

T&Dフィナンシャル生命の収入保障保険「家計にやさしい収入保障」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。今日はT&Dフィナンシャル生命「家計にやさし

記事を読む

やっぱりね、トリック断行?@大手5行が保険販売手数料開示

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「大手5行が保険販売手数料開示」について少しお話

記事を読む

7月19日販売開始〜アフラックの「給与サポート保険」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は2016年7月19日販売開始、アフラックの「給与

記事を読む

日本人の「金融リテラシー」

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は日本人の「金融リテラシー」に関するお話です。&n

記事を読む

すべての支払を『クレジットカード』にして、年に1回ハワイ無料航空券

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は『すべての支払をクレジットカード』についてお話し

記事を読む

一生涯の医療保険を”タダ同然”で手に入れる方法@法人プラン

[contact-field label="名前" type="name" required="t

記事を読む

アクサ生命「ユニット・リンク」と、あんしん生命「マーケットリンク」を比較する

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日はアクサ生命「ユニット・リンク」と2017年8月2

記事を読む

「米ドル建」と「円建」終身保険どっちが得?②【保障額1,000万円で比較してみる】

皆さんこんにちは「保険アドバイザー 和田」です。さて、今日は昨日に引き続き”保障額(保険金)1,00

記事を読む

  • 海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

    リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら
  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑