ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

定期保険の活用法(コンバージョン)〜その3「保険期間短縮」

公開日: : 最終更新日:2017/01/03 保険用語・基礎, 保険の基礎

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。

今日は「定期保険の活用法(コンバージョン)」についてお話しようと思います。

この「定期保険」の活用法は全部で3種類の方法をご紹介しますが、今日は3つ目の「保険期間短縮」です。

*「コンバージョン」とは?

*定期保険の活用法(コンバージョン)〜その1「変換」

*定期保険の活用法(コンバージョン)〜その2「保険期間延長」

 

ではまず簡単に「定期保険」についておさらいしておきましょう。

定期保険

 定期保険は字の通り「期日に定まりのある保険」というもので、保険期間を10年間、20年間という期間で定める年満了と、60歳、65歳など終了する年齢を定める歳満了があり、歳満了の中には98歳とか100歳まで保障する長期定期保険と呼ばれる定期保険もあります。

では具体的に30歳の男性が保険金1,000万円の定期保険に60歳まで加入する場合の保険内容を詳しくみてみましょう。この場合、30歳から60歳までの保険期間中に死亡した場合に1,000万円の保険金が支払われますが、60歳を過ぎると保障は無くなります。

定期保険図

次にこの保険の保険料支払いと解約返戻金について見てみましょう。下記のように定期保険の仕組みでは保険期間の途中で解約返戻金は少しありますが、保険期間終了時にはゼロになります。このため定期保険は他の種類の保険と同額の保障額を得ようとした場合に割安で、一般に「掛け捨て」と呼ばれています。

定期メリット表

 

保険期間短縮

このように「定期保険」では契約当初、年または歳で期日を定めているのですが、長い人生何があるかなんてその時点ではわかりませんよね?契約から何年、また何十年か後にライフサイクルも変わり「保障はそのままで支払を軽くしたいなぁ」という事態になるかもしれません。そんな時に、この「期間短縮」の制度を使うことで、支払う保険料を少なくすることができます。(保険金額を減らして短縮する場合は、一部解約をしてから同額の保険金額で期間短縮となります)

 

イメージ

30歳の時に100歳満了の定期保険に加入し、50歳の時65歳定期保険に「保険期間短縮」

期間短縮

 

Point

・保険料は契約時の被保険者の年齢で再計算されます(上記であれば30歳の時の65歳定期保険の保険料が50歳からの保険料となります)

・元の契約と期間延長後の責任準備金の差額があると返金されます。

・元の契約を健康体料率などで契約していた場合、変更後はそれらの割引がされません

・概ね、短縮後の保険期間は2以上となります(各保険会社により取扱は異なります)

・保険会社によって保険期間延長できる会社と出来ない会社があります(外資系、損保系子会社の多くが可)

・その他、払済、特別条件付契約、保険料免除特約が適用されているなど、各社規定により延長できない場合があります。

 

ライスサイクルなどに応じて柔軟に対応できる制度ですね

*http://海外生命保険相談.com/domestic/

無料電話相談(10:00~19:00)

まずは気軽にお電話ください。 050-5218-9611

電話で内容を伺った上で、必要であれば個別相談も承ります。

海外積立年金入門書(マニュアル)を
無料進呈します

日本の個人年金(保険)は金利の低い日本国債で運用しているので、 満期時に漏れる年金額はわずかしか増えていません。 そんな日本の個人年金の代わりに海外の積立年金をしましょう。

  • 積立額に応じてボーナス金利がもらえます(最大5%)
  • 満期時(10、15、20年)に元本+リターン保証(100, 140, 160%)
  • 更に運用次第ではそれ以上の年金額に

用途は、ご自身年金準備、学資保険代わりです。

日本の保険会社が販売しているのと比べたら、すぐにその差がわかるでしょう。

関連記事

学資保険の「育英年金・養育年金」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「育英年金・養育年金」についてお話したい

記事を読む

そもそも「生命保険」って?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。これから生命保険を語っていく上で、そもそも保険という商

記事を読む

「支払事由」「免責事由」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「支払事由」「免責事由」についてお話した

記事を読む

保険会社によくある「相互会社」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

保険会社の介護保険に加入する前に@公的介護保険と高額介護サービス費

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は医療保険の必要性にも関係してくる「公的介護保険と

記事を読む

「第一分野」「第二分野」「第三分野」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

「国内生保」「カタカナ生保」「損保系生保」とは?

 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。今日は「国内生保」「カタカナ生保」「損保系生保」につ

記事を読む

ご注意ください!!保険の下取り「転換」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「転換」に関するお話です。  

記事を読む

「保険業法」とは?

皆さんこんにちは「保険アドバイザー和田」です。 今日は「保険業法」についてお話したいと思います

記事を読む

「掛金」とは?

あなたの生命保険を無料診断(所要3分) ↓↓↓ 皆さんこんにちは「保険アドバイザー和

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    海外生命保険
    無料メルマガ

    『海外積立年金』と『海外生命保険』の具体的な事例を紹介します。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • プロフィール

    保険アドバイザー 和田信泰
    <経歴>
    東京の大学卒業後、外資系商社にて精密機器のセールス&プランニングに携わる。
    その後、米国大手保険会社、国内乗合代理店を経て、現職

    <趣味>
    ゴルフ、フレンチとワイン、写真

    <出身地>
    東京都

    <自己紹介>
    私は保険マンとして20年、総計1000人の個人、法人へ定期保険、終身保険、医療 保険、がん保険、学資保険、逓増保険などを提供してきました。

    保険マンとしてのスタートは米国大手保険会社でした。そこでもトップセールス と呼ばれるまでになりましたが、一社専属の販売方法に疑念を持ち、複数の保 険会社の商品を公平中立な立場で提供できる乗合代理店へ移りました。

    しかしその乗合代理店も結局は日本の規制に基づいて、日本の中にある「どれも 似たような生命保険」の中から比較しているだけだというのが、弊社(K2 Investment)へ参加して気づいてしまいました。現在は国内外全ての保険から、 クライアントにとって最も良いものをアドバイスできるという「本当の意味で の公平中立」なポジションにいると思っています。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑